ザ・ボーイズ シーズン1 (The Boys Season1)

ザ・ボーイズ シーズン1を見た。

ツイッターを見ているとたまたまタイムラインにアマゾンプライム・ビデオのTHE BOYSというドラマがおもろいというツイートが流れてきたので早速視聴。ほんまコンテンツの奴隷や。



ヒーローが実在する世界で、そのヒーローがクズ野郎だったら…という世界観で描かれるドラマで冒頭から主人公の彼女が木っ端微塵の肉塊にされるなど、エログロなんでもありのブラック・コメディーである。

特に「セブン」(ヒーローの頂点)のトップであるホームランダーなんかは初っ端は「彼だけは清廉潔白」などと言われているが、あれよあれよと言う間に、作中ナンバーワンのサイコっぷりが露呈されていく。だんだんと寒気がするほど純粋な悪という感じで演じているアントニー・スターのゴミクズを見つめるような眼差し、最高。

特にラストの終わり方は、胸糞悪さを通り越して逆に笑けてくるようなブラックジョークさがこめられているのではないかと思う。

とりあえずシーズン2楽しみである。


広告

SONY WF-1000XM3

WF-1000XM3を買った。

たしか第一報はGizmodeの記事だったか…これまた物欲センサーをビンビンに刺激する良いものが出たなぁという印象だった。ちょうど2017年の11月、iPhoneXを手にしたときからワイヤレスイヤフォンに移行したわけだが、それ以来有線のイヤフォンは煩わしく…NetflixもYoutubeもAmazon Prime Videoも音ズレないし…

しかし実際買うのもどうしようか…という感じ。価格も安いわけではないし、なにより前バージョンのWF-1000Xは一つ目をどこかで紛失し、2つ目は整備品を購入。快適に動いていたが、2ヶ月ほど前ポケットに入れたまま洗濯してしまい、3日ほど乾燥させてなんとか復活させたという状態だったので、完全に潰れるまで使い倒そうかと迷っていた。

とりあえず視聴くらいはしてみるかぁと思っていると、どこの量販店でも売り切れ続出。人間手に入らなくなると欲しくなるのが性である。2週間ほど量販店を巡ってみたが在庫がない。Webにもない。このあたりから死ぬほどほしくなってしまい、視聴から購入へ欲望がすり替わってしまう。

もっぱら秋葉原のヨドバシかビックカメラで在庫を見ていたが、ちょうどお盆に入る前、仕事の移動中に赤坂見附へ行った。ビックカメラに寄ってみるとシルバーとブラックの在庫が両方ともある…奇跡。

早速店員さんに視聴させてもらうと、5分後には購入していた。

前バージョンからの進化は色々あるが実際に使ってみて大きく効いているのは3つ。

1.電池の持ちが6時間。東京→岡山(新幹線) 岡山→京都(高速バス)いずれも3時間以上かかる道のりだが、全然余裕。バッテリーの持ちがよくなったのは本当に大きい。まぁ買うきっかけになったのもここが一番大きいのだが…

2.接続の安定性向上。帰省ラッシュでごった返す東京駅や地下で試したが全く途切れない。確実にWF-1000Xよりも安定性は上がっている。今回から片方づつペアリングする仕様になったせいか右側だけ聞こえないというのがない。ただ新幹線の中で若干右側がぷつっと途切れることがあった。完璧ではないが確実に安定性は向上している。

3.音質向上。音質向上はあまり期待していなかったが、良くなっている。ノイズキャンセリングの効きも確実に進化していると思う。まぁ良い音で聞くならPCにオーディオインターフェイス刺してヘッドフォンで聞けばいいので、あくまで移動しながら聞くという点においては全然問題ない。

その他は収納がマグネット吸着になったのとiPhone⇔Mac間の切り替えがスムーズになったこと。地味に嬉しいポイントである。

今回もエンジニアリングの結晶やなぁ。本当に買ってよかったと思う商品。ケースが傷つきまくりそうなので、今回はシリコンコースを購入。


広告

ランペイジ 巨獣大乱闘 (Rampage)

ランペイジ 巨獣大乱闘を見た。

とりあえずマインドハンターシーズン2公開まで気になった映画をまったりと…ゴジラ、THE MEGと来て怪獣もののランペイジを…

敵役のクレアにはビリオンズ、ララ役のマリン・アッカーマン。ラッセル役にはウォーキング・デッドのニーガン役のジェフリー・ディーン・モーガン。特にラッセルの喋り方ニーガンのイメージ強すぎて一緒に見えてしまう。

最後はシカゴの街がぐちゃぐちゃになって終わるが、なんかノリでうまくまとまる感じがB級感半端ない。クソでかいゴリラがドシモネタで笑わしてくれるというシュールな画が良い。

MEG ザ・モンスター (The Meg)

MEG ザ・モンスターを見た。

久々のジェイソン・ステイサム。トランスポーターとアドレナリンシリーズはめっちゃ好きやった。中国と合作なのね。

金かけたB級映画という感じで頭空っぽにしてみれる。メガドロンが生きているという設定で2匹目が出てきたときがピーク。やっぱステイサムは声がええなぁ。

ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン3 (Stranger Things Season3)

ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン3を見た。

相変わらずシーズン2のストーリーは忘れていたが、エピソード1でご丁寧に名前と人物を紹介してくれるので、すんなり入っていける。特にビリーの登場シーン。気合い入れ過ぎや。ラストの結末が悲しいが、登場シーンのセンスは最高。



シーズン1からの主役5人に加えてまわりのキャラが立ちすぎ。ルーカスの妹のエリカとかどう考えても制作がイカれてるとしか思えないが最高。精神年齢40歳くらいちゃうの。

そしてラストのホッパーとジョイスの最後、ホッパーのエル宛の手紙。久々に涙出そうになった。

全8話でまったくの余剰なし。練り込まれた脚本で素晴らしい。シーズン4やるんかい…