ジョーカー (Joker)

ジョーカーを観た。

これも結局映画館行かなかったので配信待ちだったが、やっとNetflixに登場したので視聴。

アーサーにはホアキン・フェニックス。テレビ番組の司会者マレー・フランクリンにはロバート・デ・ニーロ。そしてある意味ジョーカーを生んだ最後の一押しをしたランドルを案じるのはビリオンズの弁護士役だったグレン・フレシュラー。アーサーの妄想の恋人役にはザジー・ビーツ。

貧困や閉塞観、絶望感、孤独感がじわじわじわじわと大きな混沌につながっていく様が描かれており心が重くなる。ジョーカーを見ると今アメリカで起きている暴動と重ねてしまうのは仕方ないのかもしれない。

すでに考察やらなんやらはしゃぶり尽くされていると思うので特に何か書くこともないが、いつか日本でもこういう事態になる時が来るのか…

飯能河原で七輪BBQ

6/19にようやく移動制限が解除されたので、久々に遠出。

お気に入りの無料キャンプ場の巾着田が未だ工事で入れなさそうなので、飯能河原に行って昼飯を食うことにした。飯能河原に行くのは今回が初めて。ここも有名な無料キャンプ場である。

自粛期間中、嫁がどうしても七輪で肉焼きたい、と頭イカれたことを言い出し、Amazonで注文。

Amazonにはいろんな種類の七輪が出品されているが、安いやつはどれも評価が微妙だったので、七輪の里 鍵主工業の「七輪 大 箱入り」をチョイス。珪藻土断熱レンガ付きでモノはしっかりしており品質が良さそう。

換気扇ぶん回しながら自宅七輪を決行した。なんとか火災警報装置は鳴らずに済んだが、ベランダに行くと中々香ばしい匂いがした。

そんな訳で気を使わずに七輪で焼きたいということで、飯能河原へ。

準備をして昼前に出発したが、高速乗るまでに渋滞しており結局到着したのは2時を過ぎていた。飯能河原は車の乗り入れが出来ないので、事前に調べていたガラス工房すみれの駐車場に止めさせてもらった。17時までで1,200円。駐車場から直接河原に降りられるので1番近そうだった。

駐車場を降りるとすぐに入間川が流れており中々広い河原が現れる。割といい感じ。岩は多いが平らやし広い。自粛明けということもあり結構人も多かった。巾着田よりも年齢層は若めかな。大学生のグループが多い感じ。確かにGWとか夏休みは混みそうな場所である。

肝心の七輪でのBBQはいい感じに終わった。これからのキャンプでも活躍してくれそう。焚き火をしないのであれば七輪でも充分な気がする。


広告

PORTER CLOUD 3WAY BRIEFCASE 丸洗い

仕事用の鞄「PORTER CLOUD 3WAY BRIEFCASE」をメンテナンスした。

このポーターの鞄はピアノ線が入っていてしっかりしている割に軽量・コンパクト、さらに3WAYなのでめちゃくちゃ使い勝手が良い。最近のサラリーマンがリュックタイプで使っている人も多いかと思うが、ピアノ線が入っているお陰でリュックにした時も形が崩れず綺麗に見える。

PORTER CLOUD 3WAY BRIEFCASE

買い換える前の鞄はとりあえず安物を選んだが1年位使うと生地とチャックがだめになってやはり多少高くても長く使えそうなものを探したところこの鞄に行き着いた。まだこの先サラリーマンをやっていたら次も同じ物を買いたいくらいには気にいっている。

そんな気に入っている鞄を何故メンテナンスしたかというと、最近鞄から異臭がするようになったからである。自分はタバコを吸うので当初はタバコの匂いが移ったのかと思っていたのだが、どうも違うということに気づいた。

原因は折りたたみ傘だった。この鞄にはフロントに折りたたみ傘を収納できるスペースがある。ここに濡れた傘を入れっぱなしにしていた。折りたたみ傘はちゃんと水分を切って干さないと、雑菌が繁殖して臭くなるらしい…案の定鞄に入れていたスノーピークの折りたたみ傘からも鞄と同じ異臭が…生乾きのくさいにおいである。ちょうど先週雨だったこともあり、鞄の匂いに気づくことができたので、早速メンテナンスしてみた。

とりあえずこの鞄が洗えるかどうかはよくわからないので、一度ファブリーズをかけてから一晩干してみた。効果は全くなし…これは丸洗いしないと駄目そうだということで、とりあえず一回洗ってみることにした。

素材は表側はコーデュラナイロンオックスで裏はナイロンオックス、防水性は抜群である。持ちて部分が革素材ということもあるので、まずは湯船にお湯を張って全体をもみ洗いしてから衣類用の洗剤を薄めてスポンジで洗ってみた。

湯船に張ったお湯は案の定汚い水に…

しっかりとすすいだあと、タオルで水分を取る。構造上水が溜まる部分がたくさんあるので大体の水分を落としてからベランダに干した。

ついでに臭かった折りたたみ傘も洗って干す。

そういえばこのスノーピークの傘は撥水能力もガタ落ちしていた気がするので、山岳テント用をメンテナンスした時に余った撥水剤を塗布。

一日干してみたが若干水分が残っていたので最後は除湿機にかけて完成。ニオイは大分マシになったが折りたたみ傘収納部分に少しだけまだ匂いが残っているような気がする…ここだけはもっときつい洗剤で洗ったほうがよかったかなぁ…ただ大分ましになったので良かった。

折りたたみ傘を鞄に入れていて、ニオイが気になったことがある人は鞄の方も注意したほうが良いかもしれない。


広告

MÜHLE TRADITIONAL クラシックレイザー

MÜHLE TRADITIONAL クラシックレイザーを買った。

去年夏頃仕事で理髪店のオーナー向けセミナーの手伝いをしたのだが、最近はBARBERスタイルというのが流行っているらしい。昔ながらの理髪店ではなく現代風にアレンジされたとてもおしゃれな感じだった。



その時に講師の方がひげ剃りについて語っているのを見て興味を持ったのだが、年明けちょうどジレットの五枚刃のカートリッジが切れたので、思い切って運用コスパの高い昔ながらの両刃カミソリに切り替えしてみた。

両刃カミソリは一枚100円以下でジレットのカートリッジのコストと比べると安い。さらにうまくやればきれいに深剃りできるということで、ミューレのクラシックレイザーを購入。

実物はステンレスで高級感があり、ずっしりと手に馴染む重さ。ドイツ製の質実剛健な感じがかっこいい。刃はフェザーのハイステンレスを購入。アフターシェイブローションはとりあえずドラッグストアに売っているルシードのやつを買ったが、いろいろと種類があるみたいなので、他のものも買ってみたい。

とりあえず記念すべき第一回は若干血まみれに…慣れるまでもうちょいかかりそうである。


広告

iPhone X バッテリー交換

11月末iPhone Xのバッテリー交換を行った。

ちょうどiPhone X購入から約一年。バッテリーの減りが結構早くなってきた。バッテリーの状態を確認すると最大容量86%…同じ日に買った嫁のiPhone Xはまだ95%。



いくらなんでも劣化スピード早すぎちゃうんかい…3GS以来2年おきにiPhoneを買い替えているが、最近の端末代の高騰もあり、iPhone Xはもしかすると2年以上使うかもしれない…と考える中でさすがに1年で86%まで落ちるのはきつい。

今年中にバッテリー交換が3,200円(税抜き)というのは知っていたので、バッテリー交換を申し込んでみた。

交換には持ち込みと送付して修理の2択がある。当然代替機も用意できないので持ち込み修理で検討。大体2時間くらいで修理できる。

この持ち込み修理がまた大変で、基本的に夜申し込みサイトをみても一切空きがない。ネットで調べると朝が狙い目ということで、土曜日AM10時申し込みサイトに張り付く。ちらほらと空きが表示されるが一瞬で埋まっていく。

結局一回次の日の池袋を申し込んだのだが、届いた確認メールを確認して、変なとこを触っていたのか、キャンセルされてしまっていた。愕然としながらもう一度申し込みサイトを開くがもう空きはなかった。そして次の日また10時からサイトに張り付くと、翌週のアップルストア銀座の予約がとれた。やっぱり朝確認するのが正解。

当日行ってみるとさすがはザギンのアップルストア。おそらく予約なしの持ち込みであろう40人くらい?の長蛇の列…自分は申込みに成功していたので、すぐ案内された。それでも説明を受けるまでに20分くらい待ったが、手続き事態は割とサクッと終わった。

横にいるおっさんがAppleIDを忘れてしまったのか、ずっと頭抱えて悩んでいた。店員さんも呆れていたが何も言えず。ID忘れるとか信じられないが、こういうの多いのかなと思う。修理に来てAppleID忘れましたとか、何しにきたんと言う感じだが、やはり客先の年配の人や自分の親なんかも同じような感じやろなぁと思う。

店員の言う通り2時間で交換を済ませてApplePayで支払いをサクッとすませて帰路につく。とりあえず年越し前になんとかできてよかった。