ランペイジ 巨獣大乱闘 (Rampage)

ランペイジ 巨獣大乱闘を見た。

とりあえずマインドハンターシーズン2公開まで気になった映画をまったりと…ゴジラ、THE MEGと来て怪獣もののランペイジを…

敵役のクレアにはビリオンズ、ララ役のマリン・アッカーマン。ラッセル役にはウォーキング・デッドのニーガン役のジェフリー・ディーン・モーガン。特にラッセルの喋り方ニーガンのイメージ強すぎて一緒に見えてしまう。

最後はシカゴの街がぐちゃぐちゃになって終わるが、なんかノリでうまくまとまる感じがB級感半端ない。クソでかいゴリラがドシモネタで笑わしてくれるというシュールな画が良い。

MEG ザ・モンスター (The Meg)

MEG ザ・モンスターを見た。

久々のジェイソン・ステイサム。トランスポーターとアドレナリンシリーズはめっちゃ好きやった。中国と合作なのね。

金かけたB級映画という感じで頭空っぽにしてみれる。メガドロンが生きているという設定で2匹目が出てきたときがピーク。やっぱステイサムは声がええなぁ。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ (Godzilla: King of the Monsters)

ゴジラ キング・オブ・モンスターズを見た。

公開しているうちに行きたいと思っていたが、なんとか6月最終週に見に行けた。キングコングはテレビでやっていたのを見て、ギャレゴジはNetflixでもう一回見た。ギャレゴジのときは夜のシーンが多すぎて見にくかったが、キング・オブ〜では戦闘は割とわかりやすかったような。



主演はカイル・チャンドラー。カイルチャンドラーといえばブラッドラインだが、今作でも良い父親役。ストレンジャー・シングスのミリー・ボビー・ブラウンも出てるし、渡辺謙は退場したが、まぁよかった。いずれにせよ人間シーンはおまけ程度のもんであるが…

ツッコミどころは満載であるが、やはりキングギドラかっこよすぎて、最終戦も迫力あって最高であった。

ジュラシック・ワールド/炎の王国 (Jurassic World: Fallen Kingdom)

ジュラシック・ワールド/炎の王国を見た。

ビリオンズ新シーズン始まったのだが先週は配信がなかったので、巾着田キャンプ行ったときにアマゾンプライム・ビデオでさくっと視聴。



まず、やはりブライス・ダラス・ハワード演じるクレアおばさん、エロい。確か前作見たときも書いたはずだが、クレアおばさんエロい。こういう外人の顔好きやねん。顎割れているけど。38歳とは思えん。オーウェン演じるクリス・プラット、ちょっと太ったのか?なんか前はもっとかっこよかった気がするが…

で、なんやかんや島の火山が噴火しそうになったため、恐竜たちを救いにいくことになった主人公一行が闇の組織と対峙して…というストーリー。ていうかウー先生生きてたんかい!そして初代ジュラシック・パークとロストワールドのイアン・マルコム博士が登場。

最後は恐竜たちが解き放たれ、新のジュラシック・ワールドへようこそとか言いつつ終わる。なんか猿の惑星みたいやな。次回作作る気まんまんなんか?まぁ見るけど。

トリプル・フロンティア (Triple Frontier)

トリプル・フロンティアを見た。

麻薬王の後継者を見ているのだが、1エピソードの時間が長いのでなかなか終わらない。心が折れそうになったのでトリプル・フロンティアを挟んでみた。



元特殊部隊の5人がブラジルの麻薬王から現金を強奪する話。ベン・アフレック…ガタイがいいのか太りすぎているだけなのかもうわからんくなるくらいでかい。レビューサイト見てると主役扱いされてるけど、今作の主役はオスカー・アイザックちゃうんかな?ベン・アフレックが主演ていうのがいまいちしっくりこない。

そしてペドロ・パスカル!あれ、ペーニャさんブラジルで何やってんの、と言いたくなるが、今作ではベテランパイロット役。やっぱペドロ・パスカルええわ〜。

で、なんやかんやで麻薬王の現金を強奪するすっとこどっこい5人組だが、ベン・アフレック演じる隊長トムの強欲さにより大ピンチに陥る。突入前あんだけ偉そうに演説しといて、金に目が眩んでチームを窮地に立たせるという隊長にあるまじき行動。

結局最後は因果応報といったところで終わる。続きが作れそうな終わり方をしていたが、どうかなぁ。全体的にはおもろいし戦闘シーンも刺激的。2時間ちょっとだが、なかなか良かった。