“MacBook Pro Late2013″から”M1 MacBook Air”に乗り換えてみた

M1 MacBook Air
M1 MacBook Air

今更ではあるが、”MacBook Pro Late2013″から”M1 MacBook Air”に乗り換えてみた。

ずっと使っていたMacBook Pro Late2013は、異動のため東京に上京した翌年にヤマダ電気で購入した思い出の相棒である。2013年当時は非常に円高で、Apple製品の価格いわゆる「Appleレート」にも大きな影響があった。円高のおかげで価格改定され安かったのである。

個人的Mac変遷

物心ついた頃から何故か父親がMacを使っていたので、自然と馴染みがあった。型番は覚えていないがMacintoshの時代の端末が家にあったし、中学生の時は当時話題となったボンダイブルーの初代iMacが家にあった。電源周りの故障に何回も泣かされた記憶があるが、今思えば保管しておけばよかったなぁと軽く後悔。

大学生になるとWindowsPCを買ってOfficeでレポートを書いたりするようになるのだが、社会人になってからは自分の金でMacを買うようになった。iPod→iPhone 3GSとアップルの復活と一緒に青春時代を過ごしたのも大きかったように思う。

そんなわけで自分で買ったMac製品でいうとiMac2009→iMac2011→MacBook Pro Late2013という変遷でここしばらくMacは買っていなかったのだが、ようやくM1 MacBook Airを手に入れてインテルチップ版とはお別れすることにしたのである。

“M1 Macbook Air”の性能はいかに

そんなわけで約8年ぶりに新しいMacを迎え入れることになった。ヤフオクで使っていない家電や機材、バンドスコアを売りまくってかき集めた金で購入。ヤフオクは売上をPayPayにチャージできるので、ビックカメラのPayPay払いで購入した。

M1 MacBook Air注文スペック
吊るしの上位モデル

カラーはスペースグレイで、スペックは吊るしの上位モデル8コアCPU / 8コアGPU / 8GBメモリ / SSD512GBを購入した。

当初はメモリを16GBにしたかったので、Apple StoreでCTOするか最後まで迷ったが、DTMもやめたし動画編集するわけでもないし、せいぜいLightroomで現像してブログ書く程度なので、金も時間もかかるカスタマイズはすっぱり諦めて吊るしの上位モデルを購入することにした。

そもそも8年前の端末からの買い替えなので、何もかもがシンプルに速い。悪くなったところが無いのでクソの役にもたたない感想になってしまうが、何もかもがサクサク動く。

仕事ではMacBook Air 2012や無印MacBookは触ったことがあったが、キビキビ感はMacBook Proに全然及ばなかった。とうとうAirでもこのレベルに来たのか…と感慨深い。

充電の持ちも良いしファンレスで熱くならないし、最高である。がっつり動画編集したりDTMしない限り一般人が使う端末としては、これで充分すぎる。腐るほどされたであろうレビューとまったく同じだが、ほんまに、速い。

唯一心配だったメモリも特段普通に使う分には困ることがない。Logic Pro XやFinal Cut Pro Xなどプロアプリを使った場合でもアプリ単体で動かす分にはメモリ8GBでも普通にサクサク動くのではないかと思う。

“M1 MacBook Air”に最適なフィルムは?

そんなこんなで新たなM1 MacBook Airも10年位使うか、時期MaacBook Airが出ると同時に売るかはわからないが、ここ数年は余裕で使える機種だと思う。昔はPCなんぞ1、2年もすればあっという間にチープになっていたものだが、最近は5年程度であれば普通に使えるものがほとんどだと思われる。

そんなわけで、このM1 MacBook Airを末長く使うために、ディスプレイフィルムを貼ってみることにした。今まで使っていた”MacBook Pro Late2013″ではかの有名な「Staingate(ステインゲート)問題」の影響をモロに受けてしまった。

ステイン問題とはMacBookのディスプレイのコーディングがだんだん剥がれていくという不具合現象で、修理プログラムも行われていた。残念ながらプログラムが有効な間、自分のMacBookでは現象が発生せず、プログラムの受付が終了してからだんだんとコーティングが剥がれ始めてしまった。

そのため今回は予防も兼ねてM1 MacBook Airのディスプレイにはフィルムを貼ることにした。Retinaディスプレイが綺麗なのであまりフィルムを貼りたくないのだが、仕方ない。

フィルムは“NIMASA”のアンチグレアフィルムを選択した。NIMASAのフィルムはiPhone、iPadでずっと愛用している。価格もこなれており非常に貼りやすいのでリピートがしやすい。残念ながらMac用は種類が少なくアンチグレアしかなかった。本当はグレアがよかったのだが仕方ない。ノングレア派には非常におすすめのフィルムである。

M1 MacBookに最適な電源は?

Anker
電源周りはAnker製品で揃えてみた

Macを持ち運ぶ時に課題となってくるのが、電源をどうするか問題である。

MacBook Pro 2013では電源はバカでかいMagsafeでそれしか使えなかったが、最近のMacbookはUSB-TypeCで給電するという運用ができるようになった。機種によってはポータブル電源で給電ができるのである。

電源はiPad Proと共用でAnkerのPowerPort Atom Ⅲ Slimを使用。これでクソ重たい電源周りから解放される。ケーブルは同じくiPad Proと共用でAkerのUSB-C & USB-CでThunderbolt3対応のケーブルを使用。電源周りのインターフェイスが共通化したことで使い回しができるようになり非常にありがたい。

これでいつでもノマドワーカーになれる。

今回はそんな感じでM1 MacBook Airの部材を整えつつ設定を行ってみた。

次回はとうとう外付けモニターを買ったので、使い勝手を書いてみたいと思う。

ブログランキング参加中:クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

スレッドステム交換:NITTO NTC-150

NTC-150
Nitto NTC-150

ロードバイク(GEOS VECCHIO)のスレッドステムを交換した。NITTOの”NTC-150″である。クロモリロードに合う美しいステムだと思う。

スレッドステムを交換しよう

以前ロードバイクをブルホーン化した時にGEOS VECCHIOの純正ステムからNittoの”NTC-150″に変更した。この時Amazonで突き出しが「130mm」のNTC-150を買ってしまい、返品交換するのがめんどくさくて、そのまま取り付けてしまっていた。

NTC-150には突き出しが50mm〜130mm(10mm刻み)のバリエーションで用意されており、買う時には注意が必要である。突き出しの図り方はオフィシャルサイトに記載されている。(http://nitto-tokyo.sakura.ne.jp/stem-measurement.pdf

NTC-150の突き出しの長さ
突き出しの長さが大分違う

普通に乗る分には問題ないのだが、突き出し130mmは通常のポジションから遠いため、取り回しが非常に悪く危なかったのでちゃんと長さの合ったステムに交換することにした。

今回は間違えないようにNTC-150の「80mm」を購入…!

“NTC-150″の美しさ

最近のバイクはそのほとんどが、「アヘッドステム」になっている。固定力を考えると、アヘッドステムの方が良いらしいが、VECCHIOのようなクラシカルなバイクにはやはり外観が美しい「スレッドステム」がよく似合う。

ブルホーンのバーテープを全部剥がして、テクトロのブレーキレバーを取り外す。アヘッドステムであれば、バーテープを剥がさなくても前方からパカッと外すことができるが、スレッドステムはハンドルを引き抜く必要がある。そのため交換の時はバーテープからブレーキワイヤーまで全部はがさないといけないのが少し面倒くさい。

NITTOのブルホーンRB-010と相まって美しいハンドル周りである。このブルホーンRB-010は絶妙な曲線が美しく握りやすい。ピストバイクやクラシカルなロードバイクによく似合うと思う。

車載ライトも変更して手元にあったLEDLENSERの”P7.2″を装着してみた。P7.2は光の環が綺麗でかなり明るい。専用ブラケットがあることを知り、安かったので買ってみた。最近キャンプ用に”ML4″を買ったがLEDLENSER熱が再来している。

全体図

全体図
全体図

突き出しが短くなったことで、より纏まった外観になった。ハンドル・ステムとNITTOで整えたので、次はシートポストもNITTO S65かS83に変更したいと思っている。結構高いので迷いどころだが…

またブレーキレバー、ブレーキ、ホイールがブラックなので、全体をシルバーに統一したいなと考えている。とりあえず金を貯めるしかないか…それにしてもフレーム意外は全部交換することになるとは思わなかった。

GIOS VECCHIOを買ってからもう10年以上経つが、まだまだ乗り回せそうである。


ブログランキング参加中:クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

XYM(Symbol)ハーベスト:国内上場に向けて

Zaifトップページ

4/30、ついにZaifよりSymbolローンチスケジュールが発表された。正直思っていたよりも早かったなぁという印象である。半年〜1年位、気長に待つ必要があるかなぁと思っていたのだが、このタイミングで発表。流石俺たちのZaifである。やる時はやる…

3月の末にハーベストに成功し、あれやこれやと試しているが結局2回目のハーベストはまだ訪れていない…国内上場が決まったことにより、さらにハーベストの難易度が上がりそう。零細小作人はどうすればその旨味を味わえることができるのだろうか…

Zaif発表のSymbolローンチスケジュール

リリースによると下記のようなスケジュールが発表されている。

〇今後のスケジュール(予定)
2021年5月10日(月)以降 XYMの順次付与開始
2021年5月17日(月)   XYMのOrderbook tradingでの取扱開始予定
2021年5月19日(水)   XYMの販売所取引(簡単売買)での取扱開始予定
2021年5月末       XYMの入出金申請を開始予定

スナップショット時、ZaifにXEM(NEM)を預けっぱなしにしていた人たちにはようやくXYM(Symbol)付与が開始される。かくいう私もチキンだったので、スナップショット実行時、一部のXEM(NEM)をZaifに預けっぱなしにしていた。

当時出金に時間がかかっていたこともあったが、スナップショットギリギリに高騰した場合、「売却もアリだな」とスケベ心丸出しの考えがあったからである。結局想定していた価格よりも上がらなかったため一部はZaifでスナップショットを迎えた。

こうしてロックされていた分が付与され、5月末に出金可能となる。自分の場合は枚数的にSymbol Walletに送ることでインポータンスはそれなりに上がりそうであるが、なんとも言えない。それよりも冒頭書いたように参加者が増えハーベストの難易度が上がるのではないかと思い危惧している。今でさえ3万枚程度であれば1ヶ月に1回来るか来ないかなのに、参加者増えたら更に難易度があがるのではないか?

海外取引所でXYMを買うメリットは無くなる

現在私のような零細小作人ができることといえば、XYM(Symbol)を購入し、せっせせっせとWalletに送り「インポータンス」を上げることである。Symbol ネットワークにおいては「インポータンス」が神である限り、何をするにしてもインポータンスを上げることが優先である。一番てっとり速い方法がXYMの枚数を増やすこと。

その方法は前にも書いた通りスナップショット前に溜め込んだXEM(NEM)を海外取引所のGate.ioに送り、USDT(テザー)に換金、そしてUSDTでXYM(Symbol)を買いつけ、Walletに送るという流れである。Gate.ioでの換金や送金方法は下記記事に記載。

デメリットは色々ある。海外取引所は何が起こるかわからないので、こまめに分けて送金をしている。そうすると思ったよりも送金手数料がボディブローのように効いてくる。Zaifから送る時「2XEM」、Gate.ioからWalletに送る時「5XYM」で、合計7枚も手数料がかかる。さらにXEM→USDT→XYMの換金もうまく枚数が増やせるとは限らない。USDTの換金を挟むことで枚数を減らす可能性もある。

ある程度」は安心できる国内取引所でXYMの売り買いができることはありがたいし、手数料や換金の手間が今の方法と比べると大幅に削減されることは間違いないと思う。そのうちコインチェックや他の取引所・販売所でも取り扱いが始まってくれるとコミュニティも盛り上がっていくだろう。ところでBinanceの上場はまだなのか…?

とにかく、国内でXYM(Symbol)の取り扱いがきまったことは本当に安心した。さらに一番最初の上場がZaifだったことはユーザーとしてなおのこと嬉しい。

あとは5月10日以降を待ち、無事付与されるのを待ちたいと思う。


広告

コインチェック
BITPOINT

ブログランキング参加中:クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

SYRIDE NATURA: “LED SUPER FLASH LIGHT”レビュー

SYRIDE NATURA: "LED SUPER FLASH LIGHT"
SYRIDE NATURA: “LED SUPER FLASH LIGHT”

LEDLENSER ML4を購入してから小型LEDランタンにハマっているのだが、発表当時からめちゃくちゃ気になっていた株式会社SYRIDE(エスワイライド)のブランド”NATURA”より“LED SUPER FLASH LIGHT“がついに発売されたので早速書いてみた。

初回ロットは200個だったので、4/27(火)17:45頃、Macの前に待機して発売開始を待つ。オンラインショップのアカウントを作り忘れていたので販売開始5分前に作成し、18時の販売スタートとほぼ同時に2個を購入。LED SUPER FLASH LIGHTにはブラックとカモ柄2種類のステッカーがついてくるということで、2個買ってしまった。小型LEDランタンとか、なんぼ持っててもええからね…と自分に言い聞かせながら…

思わず2個注文

価格は4,950円+送料である。注文の翌々日に無事到着したので、早速開封してみた。

LED SUPER FLASH LIGHT アンボックス

黒色のシンプルなパッケージに銀色でブランドロゴ。かっこいい。

カッコいい…

本体を取り出してみると、みっちり詰まっており高級感がある印象。手にとって見ると想像していたよりも一回り位大きいサイズ感。見た目は非常にかっこよく、NATURAのロゴも非常に良い。カスタマイズ用のステッカーが付いてるけどシルバー(素)の状態でも余裕でかっこいいので貼るかどうか悩むな…

内容物は説明書、本体、USB-TypeCケーブル、カスタマイズ用ステッカー+SYRIDEのステッカーがそれぞれ2カラー合計4枚。最近の家電やガジェットはほんまスッキリサッパリ綺麗でシンプルな構成である。

LEDLENSER ML4と比較

サイズ感を比較するためにLEDLENSER ML4と比べてみた。LED SUPER FLASH LIGHTのほうが頭一個分大きい。

LED SUPER FLASH LIGHTは147g、ML4は71gだった。大きさもそうだが、重さも結構ずっしりくる感じである。

点灯状態ではこんな感じ。最近の小型ランタンはすごい…キャンプを始めたばかりの頃、単一電池対応のジェントスのランタン1個だけで出撃していた。今考えると良くあんな暗さでキャンプしていたなぁと思う位明るさが違う。

ざっと触ってみて、LED SUPER FLASH LIGHTの使用イメージが明確になってきた。

LED SUPER FLASH LIGHTの良い点

  • 見た目のかっこよさ
  • ランタンだけでなくフラッシュライトとして使える
  • 最大300ルーメンと明るい
  • USB-TypeC対応
  • 防水性能:IPX5相当
  • スマートフォンへの給電が可能

キャンプで使う分には確実に充分なスペックであるので全く問題ないだろう。そういったアウトドアや普段使いに加えて、LED SUPER FLASH LIGHTは「防災面」も重視して作られたスペックであると思う。質実剛健な作りもそうだが、このサイズでスマートフォンへの給電も可能など災害が起きた時に役立つ機能が詰め込まれている。地震が起きた絶対にこれをもって避難したいと思わせる製品だ。

LED SUPER FLASH LIGHTの気になった点

  • 思ったよりもサイズが大きい
  • 重さも結構ある
  • 操作が複雑
  • 名前が直球過ぎる

気になった点として挙げたが「大きさ」「重さ」は電池容量を上げた結果によるものだと思うので、単純にデメリットではない。

驚くことにLED SUPER FLASH LIGHTのリチウムイオン電池容量は“5,000mAh”とモバイルバッテリー並の容量なのである。この間発売されたAnkerのMagsafe対応のiPhone用モバイルバッテリーと同じ容量やん…連続使用時間も10時間〜160時間とML4の数倍で、圧倒的な差がある。

製品名がLED SUPER FLASH LIGHTとそのまんまなのだが、最初はブランド名の”NATURA”が製品名なのかと勘違いしていた。商品カテゴリのような製品名なのでなんか別の名前にしたほうが良い気がする…

LED SUPER FLASH LIGHT 操作方法

気になった点にも挙げているがLED SUPER FLASH LIGHTは操作が若干複雑である。アウトドアで使用する前にはしっかりと説明書を確認して操作に慣れておきたい。

操作説明書より 

まず点灯する時は、底にある操作ボタンを3秒長押しする。そして電池のステータスを表すランプが点滅したあと、操作ボタンを2回押す。これで点灯する。

点灯した後は操作ボタンを押すごとにモードが切り替わっていき、消灯する場合は、操作ボタンを2回押す。ボタンを押すだけでは点灯しないので、注意したい。

ランタンモードでは3種類の明るさ、フラッシュライトモードでは常時点灯と点滅2種類の3種類の合計6種類の点灯モードがある。ランタンモードは電球色でフラッシュライトモードは白色と色味が切り分けられているのも嬉しいポイントだった。

ハンガーは金属製

ハンガーは金属製なのでしっかりしている。不要な場合は上部にパチっとはめ込みできるので邪魔にならない。

まとめ

小型LEDランタンといえばGOAL ZEROとLEDLENSER ML4の二強だったと思うが、ついに国産メーカーでそこに割り込む製品が出てきてくれて嬉しい。しかもアウトドアで活用でき、防災面もしっかり見据えた製品で一つは持っておきたいと思うモノである。初回ロットは二時間で完売したようなので、これからどんどん売れてほしいと思う。

このゴールデンウィークはLED SUPER FLASH LIGHTのフィールドテストをしたいなと思っていたが、予約していたキャンプ場から緊急事態宣言により連休中は閉鎖すると連絡があった…残念ながら家でおとなしくすることになったので、フィールドテストはお預け…

他にも到着を待っている製品があるので、早くまとめて試してみたいなと思っている。

LED SUPER FLASH LIGHTの次回発売は5月中旬ということなので気になった人はチェックしておいたほうが良いかもしれない。

ブログランキング参加中:クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

無職が解約するべきサブスクリプションサービス

サブスクリプション

2021年4月から無職になったので来月から収入が途絶える。割と死活問題である。転職が決まるまで(もしくは想像したくないが失業保険が貰えるまで)毎月のコストを圧迫する、「各サブスクリプションサービス」を解約・整理して断捨離してみようと思ったので書いてみた。

契約しているサブスクを全部洗い出す

では実際自分がどのサブスクを契約してどのくらいの費用を使っているのか…一度ちゃんと洗い直す事にしてみた。サービスによって「年間契約」「月間契約」の違いがあるので表を分けているが、ざーーっとまとめてみると下記のようになった。

サービス名内容年間費用(税込)
Amazon Prime買い物¥4,320
マネーフォワード ME経理¥5,300
さくらのレンタルサーバサーバー¥0 ※解約済
ConoHa WINGサーバー¥9,504
1Passwordアプリ¥3,900
いびきラボアプリ¥1,180
ClamXAVアプリ¥1,741
年間合計¥24,204
年間契約サブスクリプション
サービス名内容月額費用(税込)
Adobe Creative Cloudフォトプラン写真¥1,078
Apple Music Family Membership音楽¥1,480
Kindle Unlimited雑誌¥980
Netflix動画¥1,490
Apple TV+動画¥0 ※無料期間
Hulu動画¥1,046
少年ジャンプ+漫画¥980
コミックDAYS漫画¥960
月間合計¥7,132
月間契約サブスプリクション

思っていたよりもなんか色々と契約してるやん…というのが正直なところ。こうやって洗い出してみると全体像がはっきり見えてくる。これに携帯と家の回線、ガス電気水道、生命保険と毎月定期的に抜けていく金を積み上げると結構な金額になる。タバコは辞めて正解だった…

解約できないもの

まず、この中で利用頻度を見てみると、「年間契約しているサービス」はすべて利用頻度が高い…。

Amazon PrimeはAmazonゴールドカードの契約に自動でついてくるので外せない。プライム会員の恩恵は正直あまり受けていないがAmazonゴールドカードで支払いの基盤を作ってしまったせいで解約する必要がない状態である。

若干サブスクかどうか問われると違う気もするが、サーバーまわり。このブログのサーバーはさくらインターネットからConoHa WINGに切り替えたばかり。ConoHa WINGに着替えたおかげで速度が大幅に上がったので満足している。

マネーフォワード MEは資産管理に使用し、特に値動きの激しい仮想通貨の資産変動確認に使っている。

1PasswordはiPhone、iPad、Macの3デバイス間でパスワード管理にフル活用中。いびきラボで毎日いびきの計測してるし、Macのセキュリティソフトは年間費用の安いClamXAVで賄っている…

あかん、削れるところがない。年間契約しているサービスは利用頻度が高くサービスに対する満足感も高いため解約するという考えには至らなかった。特に1Passwordsとかはインフラレベルで根付いてしまったため解約する気になれない。断捨離できないではないか…

解約できそうなもの

一方、月額契約しているサービス群を見てみると…「コンテンツ利用」がほとんどである。“動画配信”“雑誌・漫画配信”“音楽配信”と3巨塔のコンテンツ消費が並んでいる。

Adobe Creative Cloudフォトプランだけ若干毛色が違うが、それ以外は「消費するだけ」のサービスである。削るのでればこういったサービスから整理していくべきかなと思う。

まずApple Music。これは嫁が聴くためにファミリープランに加入しているため若干費用が高い。テレワークのためほとんど会社に行っていないのでファミリープランは解除しようかと思っている。ダウングレードすれば980円に節約できる。

Kindole Unlimited、非常に難しいところだがUnlimitedに対応している雑誌は、紙でも読んでいた雑誌が多かった。ただ常時フルに活用できていたか考えると微妙なので一旦解約する。

次は動画配信系である。まずApple TV+であるが、現在1年間の無料プランに入っており来週から無料が終わるので解約。残念ながらほぼ利用しなかった。次にHulu、嫁がドラマを観たいといって無理やり契約したが解約する。次に観たいドラマがあればまた1ヶ月単位で契約すれば良い。

Netflixはコロナ禍にはいったことで視聴していたシリーズの更新が滞っており、見る頻度が少なくなってしまった。ただ長時間の車異動ではカーナビで見ることが多いので一応継続。ベーシックプランがHD画質だったら契約をダウングレードしたいが、流石にテレビでみるのにSD画質は厳しい。Netflixはオリジナルシリーズは好きな作品が多く、日本上陸以来ずっと契約しているが、だんだんと値上げされており見直しの対象にも入れる時期がきたのかもしれない。

最後に漫画系ジャンプ+とコミックDAYSである。コミックDAYSは対応雑誌が多くコストパフォーマンスが高い。しかし無職は漫画を読んでいる場合ではないので、5月中に転職先が見つからなければ両方解約だ…

解約するサービスをまとめてみた

サービス名対応月額費用(税込)
Adobe Creative Cloudフォトプラン継続¥1,078
Apple Music Family Membership契約変更¥980
Kindle Unlimited解約¥0
Netflix継続¥1,490
Apple TV+解約¥0
Hulu解約¥0
少年ジャンプ+解約¥0
コミックDAYS解約¥0
月間合計¥3,548
解約するサービスを決定

現在の月間契約費用の7,132円から3,548円に削減できた。年間だと43,008円の削減になる。

…正直かなり微妙な数字である。

これなら解約しなくても良くないか?という結論に至ってしまうのがサブスクリプションの恐ろしい魔力である。解約する前に転職先を見つけよう、と自分の中で決めた一日だった。

広告

ブログランキング参加中:クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ