イケアキッチンワークトップ “SÄLJAN セールヤン”と”Flexspot E8″でデスク環境刷新

"SÄLJAN セールヤン"&"Flexspot E8"
“SÄLJAN セールヤン”&”Flexspot E8”

Amazonブラックフライデーで色々買って、久々にデスク環境を大幅に変更してみた。天板は以前から使っているイケアのセールヤンのままで、脚を電動昇降デスク用脚である”Flexspot E8″に変更してみた。かなり快適なデスクに仕上がったので書いてみることにする。

イケアのキッチンワークトップ”SÄLJAN セールヤン”

SÄLJAN セールヤン
SÄLJAN セールヤン

コロナ禍でテレワークが活発になりだした2020年12月頃、イケアのキッチンワークトップ”SÄLJAN セールヤン”でマイデスクを作った。イケアのキッチンワークトップは”KARLBY カールビー”をデスクの天板に使う方法がかなり定番なのだが、カールビーは奥行きが65cmのものを選ぼうとすると、横幅が186cmになってしまいかなり大きいスペースが必要になる。

そんな中、良いサイズ感の天板がないかなと見ていると、カールビーの近くにあった”SÄLJAN セールヤン”(ラミネート)が奥行き65cmで横幅が126cmとコンパクトで良さそうやなぁ、ということで購入し、Amazonで買ったエイ・アイ・エス(AIS)の脚を鬼目ナットで接続して活用してきた。

上記のような流れで頑丈で安いワークトップに脚を組み合わせてデスクを構成するのは、コロナが始まった当時定番のやり方だった。しかし時代は流れ2022年の年の瀬。ついに電動昇降の雄、”Flexspot”を導入することにした。

余談であるが2020年購入時”SÄLJAN セールヤン”(126×65×3.8)の価格は9,900円だった。2022年末現在セールヤンの価格は、イケア公式サイトで15,900円なので、約1.5倍である。まぁ元々の9,900円というのがクオリティの割に安すぎると思っていたので15,900円でも十分「買い」だと思うのだが…1.5倍になるとちょっと躊躇ってしまう。

そんな”SÄLJAN セールヤン”だが、重量がめちゃくちゃ重いので一人で取り回しするのが大変であるものの、2年近く使って未だにラミネートの剥がれもないし歪みも反りもまったくないので、デスクの天板にするには結構有能なワークトップではないかと思う。

さてそんな感じでずっと”SÄLJAN セールヤン”とエイ・アイ・エス(AIS)の脚を組み合わせて自宅での仕事をしてきたのだが、前々から自動昇降デスクが非常に気になっており、AmazonブラックフライデーでFlexspot製品が軒並み3割引になっていたのを知って思わずポチってしまった。

Flexspot E8

Flexspot E8
Flexspot E8

自動昇降脚には一番有名であろう”Flexspot”からE8を導入することにした。”Flexspot”には幅広い自動昇降脚のラインナップがあり、その中でもダブルモーター(両足にモーターがついている機種)はE8とE7とE7 Proのみになっている。どれにするかめちゃくちゃ迷ったが、最終的にはE8を購入することにした。

形としてはコの字であるE7 Proが一番スマートでかっこいいなと思っていたのだが、真ん中に梁がくるE7、E8に比べて耐荷重が若干落ちるのと、天板と脚の位置合わせが結構難しくてめんどくさいというレビューを見かけたこともあり、安定性があって静音タイプの最新版E8にしてしまった。

E7やE7 Proの脚の形は四角なのだが、E8の脚の形は楕円形である。見た目は四角のほうがシンプルできれいめでかっこく自分としては好みなのだが、我が家には犬が2匹いるため音がうるさくない方がいいかなということで、その点からもE8を選択した。

E8の現在のAmazon価格は66,000円だが、今回はブラックフライデーで購入したため42,350円で購入できた。流石に定価で買うのは厳しい…購入する場合はセール時を狙うのが良さそうである。

Flexspot E8 組み立て時の注意点

ということでエイ・アイ・エス(AIS)接続時と同様に、今回も鬼目ナットを使用してElexspotと”SÄLJAN セールヤン”の天板を結合する。鬼目ナットを使用する理由は取り外したあとも天板の再利用が可能なためである。

引っ越しなどで天板と脚を分離する際、木ネジで打ち込んでしまうとネジ穴が再利用できないためである。天板を長く使う場合は鬼目ナットを埋め込んで置くほうが良いと思う。

まず最初に天板をひっくり返してエイ・アイ・エス(AIS)の脚を全部はずしていく。次にElexspotを天板に仮置し、鬼目ナットを埋め込む位置を決めていく。

梁と脚をガッチリ固定せずに遊びをもたせる
梁と脚をガッチリ固定せずに遊びをもたせる

今回の作業で一番時間がかかったのが意外にもこの作業だった。というのもFlexspotの脚は組み上げる際にガッチリとビスを固定してしまうと、天板で位置取りしようとしたときにどうしても左右の脚の位置がずれてしまい、平行が取れないのである。何度も調整してみたが、どうしても平行が取れなかった。

そのため、梁と脚をつなぐこのパーツのネジはガッチリ締め上げることはせずに多少の遊びをもたせた状態で位置合わせを行う。そうすると正確に左右の脚で平行をとることができた。

鬼目ナットの埋め込みと部品

今回鬼目ナットはM4のネジが入るものを選択した。M5も通るようであるが、前述した通り、位置合わせが結構大変なので多少遊びがあるほうが良い。個人的にはM4を選んで正解かと思う。

脚と天板を固定するボルトは全部で12本、さらにコントローラー用に2本ボルトを使うので合計14箇所に鬼目ナットの埋め込む必要である。そこで本体とは別にホームセンターで下記の部品を追加購入した。

  • 鬼目ナットM4 (10mm) ×14
  • 六角ボルト20mm ×14
  • 木工用ドリル 6mm(下穴用) ×1
  • 木工用ボンド 多用途(片方が塩ビ・金属OK) ×1

“SÄLJAN セールヤン”は厚さが38mmとかなり分厚いため、下穴と六角ボルトももう少し長いものを選んで良かったかな?と思っている。このあたりは天板の厚さによって鬼目ナットの長さは買えたほうが良さそうである。

下穴を開けるときはドリルにマスキングテープを巻いて鬼目ナットの長さで穴を止める必要がある。エイ・アイ・エス(AIS)の脚はM6のナットだったので、穴あけも大変だったが、”Flexspot E8″はM4の穴なので比較的楽だった。

片側金属OKの木工用ボンドを塗布する
片側金属OKの木工用ボンドを塗布する

鬼目ナットをねじ込むときは木工用ボンドを少し塗布してねじ込む。こうすることで、鬼目ナットと天板ががっちり固定されるようにする。

鬼目ナットが設置できたら、六角ボルトで天板に脚を固定していく。”Flexspot E8″のボルト穴にはゴムのクッションがついているがそれが潰れるまでねじ込んでいく。下穴を開ける際にかなり調整したおかげで左右ずれることなくきっちりと両脚が平行になる形で設置できた。

“SÄLJAN セールヤン”&”Flexspot E8″の昇降デスク完成

"Flexspot E8"
“SÄLJAN セールヤン”の天板と自動昇降デスク用脚”Flexspot E8″でデスク完成

休日をほぼ丸一日潰して”SÄLJAN セールヤン”の天板と自動昇降デスク用脚”Flexspot E8″の組み合わせが完成した。

やはり静音タイプということもあり、音は比較的静か。トルク音が心地よいと思う。タッチパネル式のコントローラーの感度もよく、1mm単位で高さを決めれるのは最高である。

高さのメモリは4つまで設定でき、座った状態の高さと立った状態の高さを設定した上で更に2個のメモリがあるといった感じである。椅子でも高さは調整可能だが、デスク側も高さを調整できることで楽なポジションを探すことが容易になる。

スタンディングモード
スタンディングモード

また立つモードにすることでPCへの目線も落とせるし、首の負担も減る。何より立って仕事することで眠気を軽減できる。これでバリバリとテレワーク時でも仕事をこなせそうである。

現在進行中でさらに快適に使うためのカスタマイズを行っているので、引き続き書いていきたいと思う。

ブログランキング参加中:クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

RIDGE MOUNTAIN GEAR / AFTERNOON COFFEE STOVE SET

前々からずっと欲しかったが抽選で外れまくっていたRIDGE MOUNTAIN GEARの”AFTERNOON COFFEE STOVE SET”がようやく手に入った。10月に行ったふもとっぱらキャンプ場で初使用してみた。

AFTERNOON COFFEE STOVE SET

AFTERNOON COFFEE STOVE SET
AFTERNOON COFFEE STOVE SET

“AFTERNOON COFFEE STOVE SET”は超ミニマルなアルコールストーブセットである。手のひらサイズのケースの中にストーブ・五徳・風防・アルコールボトルが収められている。なんといってもこのケースのデザインがおしゃれですなぁ…

ミニマルな佇まいがすごく良くて、まさしくウルトラライトという感じである。

ケースからストーブを取り出して、風防を組み立てて、ボトルからチョロチョロとアルコールを垂らして火を点ける。公式サイトに謳われている紹介文冒頭の「只それだけ」という言葉とは裏腹に1杯のコーヒーを飲むためだけの贅沢な時間を楽しませてくれるギアとなっている。

午後のひと時、ゆっくりとコーヒーを飲む時間を愉しむだけの。只それだけのストーブセットです。

https://www.ridge-mountaingear.com/items/66855400

登山にでも行って使ってみたかったのだが、しばらくそのチャンスがなさそうだったので、10月末にふもとっぱらキャンプ上に行った時にフィールドテストしてみることにした。

長丁場の運転とテント設営、晩飯を終えて、ちょうど嫁とチワワのこてつがインナーテントに入ってごろごろと寝だしたころ、ようやく一人の時間がとれる。サントリー知多をチビチビ呑みながら”AFTERNOON COFFEE STOVE SET”を組み立ててみた。

幕内で使っているので風の影響は受けなかったがちゃんとお湯を沸かすことができた。アルコールボトルは満タンにすれば2,3回分くらいの容量はありそうである。勢いよく注ぐとストーブから溢れてしまうので注意が必要そう。

とにかくミニマル、ウルトラライト好きには堪らないギアである。

KYOTO HIKER’S GEAR PARTY 2022

KYOTO HIKER’S GEAR PARTY 2022
KYOTO HIKER’S GEAR PARTY 2022

さてそんなAFTERNOON COFFEE STOVE SETは、RIDGE MOUNTAIN GEARの公式サイトで定期的に抽選販売しているのだが、倍率が高いのか運が悪いのかすでに3回ほど落選していた。

「いつになったら手に入るのやら…」と思っていたところ、RIDGE MOUNTAIN GEARが10月10日に開催されたKYOTO HIKER’S GEAR PARTY 2022に出店、AFTERNOON COFFEE STOVE SETも販売されるということで、当日百万遍知恩寺の会場まで足を運ぶことになった。

RIDGE MOUNTAIN GEARのテントへ
RIDGE MOUNTAIN GEARのテントへ

11時OPENだったのだが、10分ほど前に現地につくとすでに長蛇の列で1,000人以上は並んでいた。正直舐めていたというレベルで人が多い…

もしかして売れきれてしまうのではないかという心配をしていたが、なんとか購入することができた。RIDGE MOUNTAIN GEARに並んでいる人は結構AFTERNOON COFFEE STOVE SETを買っていたので、みんな当たってないのか…と思った。他にもサンプル品が安く買えたり、新作の展示などかなり満足行くイベントだった。悩んだ挙げ句、Merino Half Zip Stand Collarのサンプル品を格安でゲットした。

WUNDERWEAR “ONE” 50/50

WUNDERWEAR "ONE" 50/50
WUNDERWEAR “ONE” 50/50

KYOTO HIKER’S GEAR PARTY 2022は他にも色々なブランドが出店しており、とにかくどこも長蛇の列が並んでいた。独自色が強く、コアなファンが多そうなブランドが多数出店していた印象である。そんな中、会場をフラフラ回りながら思わず買ってしまったのが、WUNDERWEAR “ONE”のメリノウール配合50/50のアンダーウェア。

説明を聞いているとWUNDERWEAR “ONE”はメリノウールとポリエステル混合の下着。配合が50/50と70/30の2パターンがあり、シャワーが浴びれない長期トレイルでも臭わない…らしい。

今までTシャツ、靴下、帽子、ネックウォーマーとメリノウール素材のギアを買い揃えてきたが、ここまできたらやはり下着もメリノでしょう、ということで買ってみた。やはり実物をみると、オンラインの買い物では目に止まらない製品に出会うことがあるなと感じる。

早速ふもとっぱらキャンプ場で1泊2日履いてみたが確かに無臭だった。履き心地もなめらかで気持ちが良い。登山でも履きたいが、冬キャンプとかにはうってつけだと思う。もう少し汗をかく時期でも履いてみたいと思う。

ブログランキング参加中:クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

4年ぶりのリベンジ!@ふもとっぱらキャンプ場

有休をとって、約四年ぶりにふもとっぱらキャンプ場へ行ってきた。キャンプを本格的にやり始めた2018年当時から装備が大分進化したので、比較も兼ねて書いてみる。

ふもとっぱらキャンプ場
ふもとっぱらキャンプ場

金曜日有休を取得しキャンパーの聖地ふもとっぱらキャンプ場へ向かう。ふもとっぱらキャンプ場はまだ関東に住んでいた2018年の8月に一度行ったことがある程度である。当時はまだコロナ前ということで、キャンプブームが来そうな予感があったが、余裕で予約が取れた頃だった。最近は中々予約が取れないということで、有休を取って楽しむことにした。

しかしいくらなんでもあのだだっ広いキャンプ場で予約が取れないというのはどういうことやねん、と思っていたのだが実際に行ってみるとなぜ予約が取れないのか理解することができた…

ふもとっぱらキャンプ場へ

関東に住んでいた時は、ふもっとぱらキャンプ場へ行く時中央道を通る必要がある。中央道は行きも帰りも渋滞に巻き込まれる頻度が高くかなり悩まされていた。関西から行く時大丈夫かな?と思っていたのだが、早速大津までの渋滞にバッティングしてしまう。7時過ぎと若干遅い時間に出たことは自覚していたのだが、平日朝の通勤ラッシュということもあり1時間半ほどロスしてしまった。

おそらく今回がチワワのこてつにとって、犬生初めての一番長いドライブになりそうだということで、こまめに休憩を取りサービスエリアのドッグランで遊ばせつつ、約7時間半かけて現地へ。途中スーパーで買い物などもしたが、中々ヘビーな道程だった…

受付を済ませてテントを立て終わったのが16時前だったので、ふもとっぱらを楽しむであれば遅くとも5時台…最低でも6時すぎには家を出ないときついな〜という結論に至る。

ふもとっぱらキャンプ場に到着

2日目の朝
2日目の朝

久々のふもとっぱらキャンプ場だったが、入ってみると色々と様変わりをしていた。なんといっても、金曜日とはいえ普通の平日にも関わらずめちゃくちゃ人が多いこと。びっくりするくらい多い。2018年にふもとっぱらキャンプ場に行った時は土日だったようなのだが、その時よりも今回の平日金曜日のほうが多かった。そりゃ〜…予約取れへんわ…

金山テラス
金山テラス

施設も新しくなっておりYoutubeのキャンプ動画でよく見る金山テラスを初見学…でかくてきれいな施設になっている。翌日の昼食はこのテラスの中に入っている金山キッチンで、豚鹿豚鹿バーガーを食べることができた。

テイクアウトし富士山の前でバーガーにかぶりつく
テイクアウトし富士山の前でバーガーにかぶりつく

2022 AUTUMN CAMP GEAR List

4年前から進化した厳選装備

そんな感じでさっさとテントを建てて、あっという間に晩飯の時間になってしまった。今回は米を炊いて豚汁と焼き肉をする。豚汁は寒い夜空の中で飲むと体が温まり最高である。

さて、では2018年当時の装備からどれくらい変わったのか、主に使っている装備をざっとリスト化してみることにする。

2018 SUMMER2022 AUTUMN
テントスノーピーク アメニティドームSOgawa ツインクレスタ T/C
Ogawa グロッケ8+システムタープペンタ
タープコールマン ヘキサタープ
焚き火台ユニフレーム ファイアグリルBelmont “TABI”
鍵主工業 珪藻土七輪
テーブルコールマン ナチュラルウッドロールテーブルOgawa 3ハイ アンド ローテーブル ロング
チェアヘリノックス チェアワンスノーピーク ローチェア30
クーラーボックスコールマンアイスランドクーラーボックス 35QT
寝袋モンベル ダウンハガーNANGA オーロラライト
マットサーマレスト Z Lite SolWAQ インフレーターマット8cm
ランタンジェントスSYRIDE “B.F.F”
SYRIDE “LED SUPER FLASH LIGHT”
LEDLENSER ML4
ガスストーブスノーピーク ギガパワーストーブ”地”イワタニ カセットフー マーベラスII
スノーピーク ギガパワーストーブ”地”
ナイフ&斧ハスクバーナ 手斧ヘレ ディディガルガル
ハスクバーナ 手斧
包丁不明FEDECA 折畳式料理ナイフ 名栗イペ
2022年秋の主なキャンプギアリスト

改めてリストにしてみると、2018年の装備からかなり正当進化しているなと感じる。特にテントに関しては、スノーピークアメニティドームSからOgawaグロッケ8を経て、現在のOgawaツインクレスタ T/Cに落ち着いた。アメニティドームSは売却したがグロッケ8はまだ手元に持っており、基本はツインクレスタT/C、雨が降りそうな場合はグロッケ8で行こうかと考えている。

アメニティドームSで頑張っていた当時が懐かしいのだが、結局ほぼすべてのギアを当時使っていたものから更新している。つい最近までヘリノックスチェアワンが初代レギュラーギアとして長きに渡り君臨していたが、スノーピークローチェア30の導入によってそれも終わりを迎えた。やはりサイトの統一感や現地での便利さパッキングの容易さなどを追求していくと、結局金をかけて良いものに切り替えざるを得ないのである。

そんな感じで今回はキャンパーの聖地ふもとっぱらキャンプ上にてOgawaツインクレスタT/Cを迎えて初の冬キャンプだった。スノーピークアメニティドームS→Ogawa グロッケ8ときて、我が家がたどり着いたこのT/Cシェルターツインクレスタで、一晩快適に過ごすことができた。

やはりふもっとぱらのようなでかいオートキャプ場だと大きめのシェルターであるツインクレスタT/Cは映える。気温は10度前後だったが、ツインクレスタの中は暖かくT/C素材の断熱性能を感じることができた。入り口を完全にオープンした状態でストーブをつけていたが、夜でも快適に過ごすことができた。

夜トイレから戻ってくると、入り口を開放しているとはいえ幕内に入ると暖かい。夏は暑かったのでインナーテントに嫁とこてつを寝かして、自分はコット使って幕内で寝ていたが、今回はWAQのインフレータマットを2枚連結して2人と1匹でインナーテントで寝ることした。

嫁はNANGAオーロラライト750DX、自分は450DXを使ったが、かなり快適になることができた。雨さえ降らなければT/Cテントは最高である。

そんな感じであっという間のふもとっぱら堪能の二日間であった。1年に1回位は来たい。次回もまた秋頃に!

ブログランキング参加中:クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ