アークテリクス アラキス:最高の普段履きアプローチシューズ

アークテリクス アラキス

アークテリクスのアラキスを買った。久々のアークテリクス。やっぱり最高。

絶妙なフィット感

包み込むようなフィット感

履いてみるとすっぽり包み込むようにピッタリフィットする感覚がたまらない。ネットの記事でワンサイズ大きめにするのが良いとあったが、その通りで普段履くスニーカーよりも大きめを選んだ方が良さそうである。

インソールもクッション性が高く長時間歩いていても疲れなさそうである。ジャンルはクライミングなどに使う「アプローチシューズ」ということもあり、スペックは高い。

シンプルだが洗練されたデザイン

金属のバックルで締める

アークテリクスはどの商品もデザイン性が高い。アラキスもシューレスかつバックルで締める仕組みになっており、スッキリしたフォルムでジーパンでも違和感のないデザイン。

履いてみるとシュッとしてかっこいい。

グリップ力と変形

ビブラムソール

アプローチシューズということもあり、ソールはビブラムのメガグリップが採用されている。グリップ力が高く滑りにくい。

踵が潰れるようになっている

また踵部分を踏んでスリッパ状態で履くこともできるのでキャンプでも活躍できそう。テントのちょっとした出入りの時にはスリッパ状態で使えるのは便利そうである。

防水性がないのは残念なポイント

非常に残念なのは防水性が無いということ。ゴアテックスではないのはもちろん、通気性良く作っているため、雨の日は履けないレベルのようである。ゴアテックスになると値段も上がるのでまぁ仕方ない。定価は18,700円(税込)。

何故アラキスを買ったのか

以前ハイパーハードボイルドグルメリポートのプロデューサー・著者の上出遼平氏がインタビューされていた記事でアークテリクスの「アラキス」が紹介されていた。

自分もアークテリクスが好きで、ハードシェル、短パン、登山靴はアークテリクスを持っている。特に登山靴のBora2 Mid GTXは2015年にアークテリクスが初めてフットウェアに進出したときに発表されたブーツで、インナーシェルが分離するという画期的な靴だった。

燕岳にて

当時雑誌で見て欲しくなり、原宿のアークテリクスの直営店まで行って買ったのを今でも覚えている。5万近くする高い靴だったが2020年現在でも問題なく現役で登山で活躍している。残念ながら廃盤になってしまったぽい。

そんな訳でアークテリクスのフットウェアの品質の高さはわかっていたが、この記事でみたアラキスは普段履きに良さそうだなと思っていた。デザインもシンプルでいい感じ。

ちょうど週末久々に秋葉原に行く用事があったので、実物を見てみようと思い神田のアークテリクス直営店へ行った。

コロナ禍でネット通販の比率が大分増えたが、こうやって店に行って実物に触れながらいいものを見つけるというのもたまにはいいものだと感じた。


広告

ザ・ボーイズ シーズン2(The Boys Season2)

ザ・ボーイズ シーズン2を見た。

個人的に2021年に向けて色々と状況が変わりそうになったところでシーズン2公開。シーズン1を見たのが去年の8月なので約一年前。時が経つのが早すぎる。特に今年はコロナ禍に入った3月あたりから色々と怒涛。毎週毎週状況が変わりどうするねんこれという状態が続いていた。

そんな中シーズン2の公開。シーズン1は寝取られで終わるという胸糞展開で終わったが、今回の開幕はホームランダーの母乳解凍からのチュパ飲みシーンから始まる最高のオープニング。

マジで吸い方がキモすぎる。ホームランダー役のアントニー・スターうますぎる。

シーズン2ではストームフロントという新ヒーローが登場。こいつが中々の鬼畜キャラである上にヴォートの秘密を握る重要キャラ。さらに社長のエドガーがなんと、ブレイキングバッドとベター・コール・ソウルでグスタポ・ガス・フリングを演じたジャンカルロ・エスポジート。うん、最高。

ディープは相変わらずネタキャラやけど、やっぱシーズン1初期のクズ野郎に戻って欲しい。おもろかったのはストームフロントをタコ殴りにする3人の味方女子を見てコメントするMM。劇中1番まともなおっさん。

最愛の嫁の血のつながっていない息子に、嫁を殺されたブッチャー。そして最愛の息子に恋人を殺されたホームランダー。そして新たな黒幕になるニューマン議員…今回も最後はブッチャーとホームランダーの対峙で終わる。

1番可哀想なのはマデリンに無理やり変身させられて母乳プレイやらされてたホームランダーにぶち殺されたドッペルゲンガーのおっさんやけど…

シーズン5まで確定らしいのでこのまま1シーズン8エピソードでサクサクとテンポよく胸糞展開で進めていって欲しい。


広告

ogawa グロッケ8 購入から1年半

ogawa グロッケ8を購入してから約1年半が経過した。

2019年はコロナの影響であまりキャンプに行けず、グロッケ8も活用できてないが、1年半使ってみた使用感などをまとめてみた。

グロッケ8の過去記事

グロッケ8の魅力

グロッケ8初張り

グロッケ8の一番の魅力といえば、他のワンポールとは違う5角形のベル型テントというところ。綺麗に張ると、シュッとしつつもどこかセクシーな感じの絶妙なフォルムが非常に魅力的である。

またサイドの立ち上がりがあるのでスペースを無駄にせず開放感があり、大人2人がゆったりキャンプするには最適かなと思う。

コット2個とヘリノックス、テーブル(サイズにもよるが)を中に入れることができる。コットを使わないのであれば、雑魚寝で大人2人子供2人でも余裕のサイズだと思う。

◆製品詳細
■重 量 / 総重量(付属品除く): 8.6kg
  付属品重量: 約2.8kg
  [内 容] フライ:約5.4kg | グランドシート:約1.2kg
  ポール:約2.0kg
■素 材 / フライ(屋根部):ポリエステルリップストップ75d(耐水圧1,800mm)
 フライ(サイド):ポリエステル150d(耐水圧1,800mm)
  グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
 ポール:6061アルミ合金(φ30mm、φ19mm)
■収納サイズ/76×28×28cm
■カラー/サンドベージュ×ダークブラウン
■付属品/グランドシート、張り綱、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋

https://www.store-campal.co.jp/products/detail.php?product_id=113

乗り換えの経緯

スノーピークアメニティドームSとコールマンヘキサタープ

2018年頃、グロッケ8に乗り換える前はスノーピークのアメニティドームSを使っていた。アメニティドームといえば初心者でも建てやすいし、値段も手頃で何よりコンパクトなのだが、高さがあまり無いため出入りのときに結構めんどくさかった。

ちょうどその頃テントの展示会に行って良さそうなテントがないか物色していたときに出会ったのがグロッケだった。当時まだグロッケ8が出ておらず、T/C素材のグロッケ12しか無かった。展示されているテントに入ると、かなり涼しく高さも十分にあったので新しいテント候補に挙がったまま2019年を迎えた。

T/C素材はコットンが混じっているので重たいのが難点。また雨で濡れたまま放置するとカビも生えやすそうなのでどうしようか迷っていた頃、リップストップ素材のグロッケ8が発売された。サイズ感もお手頃そうなので速攻で予約し、2019年2月頃に初張りした。

システムタープとの連結

システムタープとの連結

単品でも十分かっこいいグロッケ8だが、システムタープと連結させるとさらにカッコよくなる。

システムタープのサイズは3×3と小ぶりではあるが、グロッケのサイズ感とドンピシャ。単品ではベル型の可愛さもあるデザインだが、タープがシュッとしていので、連結するとかなり洗練された男前な印象になる。リップストップ生地で薄いため、軽く取り回ししやすいので連結・収納も簡単。

注意点としてはこのシステムタープにはポールが付属していない。うちではコールマンのヘキサタープについていたポールをそのまま代用している。片側はグロッケ8の入り口(Aフレーム)に直接連結するので、ポールは1本でOK。

◆製品詳細
■重 量 / 総重量: 1.02kg
[内 容] タープ:約0.56kg | 付属品重量: 約0.46kg
■素 材 / ポリエステルリップストップ75d(耐水圧1,800mm)
■収納サイズ/約33×15×12cm
■カラー/サンドベージュ×ダークブラウン
■付属品/セッティングテープ、張り綱、収納袋
※ポールは別売りとなります。

https://www.store-campal.co.jp/products/detail.php?product_id=167

まとめ

グロッケ8の記事のアクセスが増えてきたので過去記事をまとめてみた。小さめのテントから乗り換えを検討している人にはぜひグロッケ8はお手頃だと思うのでぜひ検討してもらいたい。


広告

ホワイトライン シーズン1 (WHITE LINES Season)

ホワイトライン シーズン1 (WHITE LINES Season)を見た。

舞台はスペインのイビサ島。

昔からザ・ビーチとか、パーフェクト・ゲッタウェイとか、イントゥー・ザ・ブルーとか綺麗な海とか雄大な山とか、自然の中で起こるサスペンスとか結構好きなので、本作もイビサ島の美しさを眺めながら物語が楽しめるのかと期待していたが…

20年前に死んだ主人公ゾーイの兄の遺体が発見されるところから物語は始まるのが、いわゆるメンヘラで共感できない系の主人公なので行動が理解できない。あとイビサ島の自然もあまり満喫できない。結局クラブのパリピの話なので、スケール感もあまりよくわからんし、なんとも言えないおもんなさ…

兄のDJとしての偉大さもよくわからんし、唯一まともそうなボクサーもなんか最後いなくなっているし、結局兄の死因も自業自得感否めないし、親父は死ぬ必要なかったやん…て感じで他の消化しきれていないやつ見たほうが良かったかも。

なんとか見終わったけどオルタード・カーボンシーズン2並に消化するのに時間がかかった。残念。


広告

ラスト・バレー・レストーラー: 修復は俺たちに任せろ! シーズン3 (Rust Valley Restorers Season3)

ラスト・バレー・レストーラー: 修復は俺たちに任せろ! シーズン3を見た。

あれ、そういえば最近見たばっかちゃう?と思ったらシーズン2、5月に見てたわ。

ほったらかしにしてるホワイトラインとダークシーズン3、ホームランドの続きも見たいし、11月からアンダーカバーシーズン2配信やしで色々溜まっているけどなんかいまいち気分が乗らないのでさっくりと気分転換がてら見てみる。

今回も金が無い、無い言いながら車をレストアするけど、シーズン3では従業員の車のレストアが多かった。メカニック見習いのキャシディ、事務のサラの車に、最後はエイブリーとコナーがマイクの思い出の車のレストア。マッスルカーだけでなくバンやトラック、バイクもありで前2シーズンよりも種類が豊富。

その他、マイクのライバルJFがデトロイトのオートラマ・ショーに出展。一位のキャデラックはオートラマのホームページにも載っていたのでカーマスターズと違ってやはりこっちはガチなのか…?

閑話休題でお馴染みのデモリションダービーも実施。エイブリーは車にコンクリを流し込む。ほんまこいつも結構マイクにガタガタ言う割には適当丸出しや…

今回は唯一まともな息子のコナーがあまり出てこなかったせいで、ほぼマイクとエイブリーが画面を占める。本当に汚い。二人の会話はほぼピー音が入し、クソみたいな口論しまくるがなんだかんだ仲がいいのか軍用トラック運ぶシーンではジーンときた。

しかし結局自分の店を開こうとするエイブリー…次シーズンではマイクと袂を分かつのか?なんかシーズン2もこんなフリをして終わった気がするが…このシリーズはなんだかんだこの二人でないと意味がないので頑張ってもらいたい。


広告