ホワイトライン シーズン1 (WHITE LINES Season)

ホワイトライン シーズン1 (WHITE LINES Season)を見た。

舞台はスペインのイビサ島。

昔からザ・ビーチとか、パーフェクト・ゲッタウェイとか、イントゥー・ザ・ブルーとか綺麗な海とか雄大な山とか、自然の中で起こるサスペンスとか結構好きなので、本作もイビサ島の美しさを眺めながら物語が楽しめるのかと期待していたが…

20年前に死んだ主人公ゾーイの兄の遺体が発見されるところから物語は始まるのが、いわゆるメンヘラで共感できない系の主人公なので行動が理解できない。あとイビサ島の自然もあまり満喫できない。結局クラブのパリピの話なので、スケール感もあまりよくわからんし、なんとも言えないおもんなさ…

兄のDJとしての偉大さもよくわからんし、唯一まともそうなボクサーもなんか最後いなくなっているし、結局兄の死因も自業自得感否めないし、親父は死ぬ必要なかったやん…て感じで他の消化しきれていないやつ見たほうが良かったかも。

なんとか見終わったけどオルタード・カーボンシーズン2並に消化するのに時間がかかった。残念。


広告

ラスト・バレー・レストーラー: 修復は俺たちに任せろ! シーズン3 (Rust Valley Restorers Season3)

ラスト・バレー・レストーラー: 修復は俺たちに任せろ! シーズン3を見た。

あれ、そういえば最近見たばっかちゃう?と思ったらシーズン2、5月に見てたわ。

ほったらかしにしてるホワイトラインとダークシーズン3、ホームランドの続きも見たいし、11月からアンダーカバーシーズン2配信やしで色々溜まっているけどなんかいまいち気分が乗らないのでさっくりと気分転換がてら見てみる。

今回も金が無い、無い言いながら車をレストアするけど、シーズン3では従業員の車のレストアが多かった。メカニック見習いのキャシディ、事務のサラの車に、最後はエイブリーとコナーがマイクの思い出の車のレストア。マッスルカーだけでなくバンやトラック、バイクもありで前2シーズンよりも種類が豊富。

その他、マイクのライバルJFがデトロイトのオートラマ・ショーに出展。一位のキャデラックはオートラマのホームページにも載っていたのでカーマスターズと違ってやはりこっちはガチなのか…?

閑話休題でお馴染みのデモリションダービーも実施。エイブリーは車にコンクリを流し込む。ほんまこいつも結構マイクにガタガタ言う割には適当丸出しや…

今回は唯一まともな息子のコナーがあまり出てこなかったせいで、ほぼマイクとエイブリーが画面を占める。本当に汚い。二人の会話はほぼピー音が入し、クソみたいな口論しまくるがなんだかんだ仲がいいのか軍用トラック運ぶシーンではジーンときた。

しかし結局自分の店を開こうとするエイブリー…次シーズンではマイクと袂を分かつのか?なんかシーズン2もこんなフリをして終わった気がするが…このシリーズはなんだかんだこの二人でないと意味がないので頑張ってもらいたい。


広告

13の理由 シーズン4 (13 Reasons Why Season4)

13の理由 シーズン4を見た。

頑張って最後までみたけど、かなりきつかった。

ペンキの落書きやらキャンプのシーンや暴動のシーンとかいきなりすぎて見ている方はわけがわからなくなる。クレイの妄想オチもあってドラマとしていまいち意図が理解できないことが多かった。

最後は「生き抜いた」とかいうてるけど、君等殺人隠蔽しとるからな…といいたくなる。シーズン1は結構面白かっただけにこんな感じで最後を終えるのは残念。

音沙汰のなかったハンナ・ベイカーがやっと最後に登場したと思ったら一瞬だけで、違う女にうつつを抜かすクレイの描写も必要だったのかどうか謎。ジャスティンも死んでもうたし、アレックス、チャーリーのゲイカップルの絡みはしつこいし校長もゲイかよ…とツッコミどころが多すぎて中々ひどい仕上がりであった。

最後、クレイとトニーが赤のマスタングで街を出ていくときに、一言も話さずにエンドロールが流れたのはなんか共感できたが…

あとモンティの妹エステラめちゃ美人やな。タイラーくん、幸せ者になってほしい。

イコライザー2 (The Equalizer2)

イコライザー2を観た。

やっとイコライザー2がNetflixで公開。映画館行こうと思って行けへんかったんや…予告編の列車のシーンでは舞台はトルコか?ロシアの次はイスラム?かと思いきや結局無難に舞台はアメリカ国内。

前作に引き続きマッコールを演じるのはデンゼル・ワシントン。元CIAの凄腕親父で96時間ブライアン・ミルズと双璧を成すキャラ、と自分は勝手に思っている。マッコールも同じく元CIAの凄腕。1のホームセンター従業員から2ではタクシードライバーへ転職。

今回救われるのは同じアパートに住む青年マイルズ。マッコールが目をかける美術家になりたい青年(売人)。1はクロエ・グレース・モリッツがいい感じに可愛かったけど2のヒロイン?はマッコールの旧友のスーザンおばさん。残念ながら華はない…

しかし今作は私の大好きなナルコスでお馴染みのペドロ・パスカルがマッコールの元同僚で裏切りの悪役で登場。ペドロ・パスカル好きやねんなぁ。まぁナルコスのペーニャ役が最強やけど。

最終シーンではハリケーンの中、裏切りの旧友と対決する。こういった銃撃戦でよくある小麦を使った粉塵爆発もおり混ぜつつ、最後は亡き妻と暮らしていた家で海を眺めるマッコール。

うーん、1の方がおもろかったな。残念ながら…


広告

ギャングース

ギャングースを見た。

ある日ふとNetflixを開くと、ギャングースが公開されていた。原作の漫画は結構面白かったので、なんとなく内容を思い出しつつ視聴。色々溜まっている作品があるけど中々消化できない…

年少上がりの3人組が犯罪者をターゲットにしたタタキで巨悪に立ち向かっていくという内容。背景に見える貧困や格差、少年犯罪、虐待など闇を描きつつも、半グレの頂点と戦って行くというストーリー。

主人公のカズキとサイケ、タケオはいい感じの配役。それぞれ加瀬亮、高杉真宙、渡辺大知。番頭の加藤には金子ノブアキに六龍天の安達はMIYAVIが演じる。

原作のエピソードをおり混ぜつつオリジナルストーリーでうまい具合に2時間にまとめていたけど、最後のアクションシーンはちょっと無茶苦茶ちゃうん…と思う。現実味がないというか、なんか一気に手抜き感が…

タタキの流れやオレオレ詐欺、受け子や半グレなどについても詳しく書かれているので、アウトローな世界も結構勉強になるし面白いかも。