キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (Catch Me If You Can)

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (Catch Me If You Can)をみた。

アイリッシュマンを見てグッドフェローズを見たあと、懲りずにマーティン・スコセッシ監督繋がりでなんとなく3、4回目くらいのウルフ・オブ・ウォールストリートを見てしまい、久々にディカプリオ見るか…ということで未見のキャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンを見た。



実話をベースにしたデカプリオ演じる主人公の天才詐欺師フランク・W・アバグネイル・Jrと彼を追い詰める人情味あふれるFBIの捜査官カール・ハンラティ(トム・ハンクス)の逃亡劇なスト−リー。このフランクという男、実際に身分を偽って機長としてデッドヘッド(旅客機に乗客として搭乗すること)で250回以上も搭乗していたというからすごい。映画の表現よりも飛びまくっているやんけ…

根幹にはやっぱり家族(フランクの場合は特に父親)というテーマがあり、結局フランクは実の父親、家族とはうまくいかなかったのだが、最後には捜査官のカールが救いの手を差し伸べてる。

最近見たノンフィクションモノとは違いさっぱり爽やかな気分で見終えることができた映画。

グッドフェローズ (GoodFellas)

グッドフェローズ (GoodFellas) をみた。

アイリッシュマンを見た後なので、マーティン・スコセッシ監督&ロバート・デ・ニーロ、ジョー・ペシのグッドフェローズを見る。アイリッシュマンの後やと二人とも若すぎてビビる。特にジョー・ペシ。甲高い声で話しながら銃ぶっ放すイカレ具合最高。



そしてロバート・デ・ニーロ演じる「ジミー」も中々のイカれ役。実話をもとにマフィアに憧れる少年、主人公のヘンリー・ヒル(レイ・リオッタ)とその仲間達がどう転げ落ちていくか描く。

音楽が良くて特に私の大好きなデレク・アンド・ザ・ドミノスのいとしのレイラのピアノ間奏が流れるシーンなんか最高。

しかし若くして権力を持ったイケイケの主人公マフィアはなぜボスにやるなと言われても最終的に白い粉(=コカイン)に手を出してしまうのか、そして愛人を作って本妻と揉めるのか…すごいデジャブを感じる。

最終的に証人保護プログラムに登録された主人公ヘンリーだが、実世界では度重なる犯罪のせいで保護プログラムを外れたとのこと。因果である。

アイリッシュマン (The Irishman)

アイリッシュマン (The Irishman)をみた。

鹿児島滞在の最後の締めはアイリッシュマンで。マーティン・スコセッシ監督は沈黙以来かな。ロバート・デニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシ、全員70歳後半やけどエネルギッシュすぎる…特にアル・パチーノ一番年上のくせに一番若いやないかい…50歳位に見えるぞ…



トラック運転手のフランク・シーラン(ロバート・デ・ニーロ)がマフィアの殺し屋となり、マフィアのボス ラッセル(ジョー・ペシ)が全米トラック運転手組合のトップ ジミー・ホッファ(アル・パチーノ)とフランクを繋げることで、冷戦時代の表と裏の世界を描く感じ。

インダストリアル・ライト&マジックのVFXのおかげで、若い時代も本人が演じている。まぁどことなくぎこちないが、それなりに「ぽく」見えるのは素晴らしい。フランクが娘のためにスーパーの店員をボコるシーンがあるが、流石にアクションにはキレがない。70歳にそこまで求めるのは酷である。

本作はじっくりねっとりとフランクが闇の世界に浸っていったかを丁寧に描きつつジミー・ホッファとの友情やラッセルとの板挟みによる葛藤を描いている。特にジミー・ホッファが出始めてからは表と裏が密接に絡み合っている様が描かれる。

印象的なシーンはケネディが暗殺された時ジミー・ホッファが半旗された国旗を一番上まで上げたシーン。よっぽどケネディ家(というかロバート)嫌いやったんやろうなぁ。今ならSNSでボロクソに叩かれそうなもんやけど。

あともう一個はやはりサングラスのシーンは印象的。フランクのどう手の打ちようもない悲哀の気持ちがにじみ出るシーンである。

とりあえず長いが、まったり時間をとってウイスキーでも舐めならが見たい映画である。酒は飲めないが…

運び屋 (The Mule)

運び屋 (The Mule)をみた。

11月鹿児島に滞在しておりなんかバタバタしていたのでゆっくりできなかったが、日曜日のよるようやくまったりできたので、なんか見ようと思ってネットフリックス開くとイーストウッド監督の「運び屋」が配信されていた。



これも劇場見に行きたかったんや…と毎回言っている気がするが、結局見に行かなかったので、早速視聴。

ちょうど先日小島監督のデス・ストランディングがリリースされたが、デスストに出てくる配達依存症の人たちも「ミュール」やったな。訳はラバだが、総じて麻薬の運び屋のことらしい。

ストーリーはイーストウッド演じる昔気質の主人公アールが時代の流れについていけず、とあることがきっかけでメキシコの麻薬カルテルの運び屋になる様を描く。DEA(警察側)にはアメリカン・スナイパーでクリント・イーストウッド作品の主人公を努めたブラッドリー・クーパー。上司にはローレンス・フィッシュバーン。さらに面白いことに、ナルコス:メキシコ編で主人公キキを演じたマイケル・ペーニャが本作でもDEAの捜査官役としてキャスティングされている。

なかなか渋すぎるキャスト。特にペーニャさん見た瞬間思わず拷問されんといてくれ…と思ってしまう。

天性の人たらしのアール爺さんだが、最初はいがみ合いながらもだんだんとカルテルの人間と関係性を築いていく様がみていておもしろい。じじいとして捜査官やカルテルの若者に金言を残していく。本作は実話ベースだがやっぱこの辺は脚色されてるんかな?

自分の中ではイーストウッド主演監督はグラントリノが印象的で、今回も最後はあんな結末になるかと思いきや、実にあっさりと綺麗に絞まる。家族とはなにかというのを考えさせられる。

しかしこんな陽気なじじいなかなかおらんやろうなぁ。イーストウッドも90歳超えてこんなおもろい映画作れるのはほんますごい。

トラウマになるらしいミリオンダラー・ベイビーはいまだに見れていないので、この機会に挑戦してみよう…かな。

デイブレイク ~世界が終わったその先で~ (DAY BREAK)

デイブレイク ~世界が終わったその先で~ (DAY BREAK)をみた。

たしかダークシーズン2見終わってから次何みようかなと迷っていたらネットフリックスの予告編が流れていた。「これはおもろそうやな」と思って見始めたのだが、いまいち合わずしばらく放置。なんとか最後まで完走したが微妙だった。



舞台はカリフォルニア州グレンデールの荒廃した世界で、大人だけグーリー(ゾンビみたいなもの)になった世界で子供(いうても高校生)がむちゃくちゃやるという話。マッドマックスの世界観とウォーキング・デッドを組み合わせてコメディタッチでエログロなんでもありでやるのかと思ったが、実際は全然違った。

話の半分位は回想を交えながら視聴者に語りかけてくる系のドラマで、色々ネタが散りばめられているが、うーん…なんか想像していたのと違う。レビューサイトを見ていても結構面白かったという評価みたいだが、自分は合わなかった。

とりあえず主人公のジョシュは置いといて、ヒロインのサム・ディーン役のソフィー・シムネットがめちゃくちゃ美人。久々に王道のハリウッド女優って感じ。

アンジェリカ役のアリヴィア・アリン・リンドもすごい。3姉妹の三女で姉妹全員女優らしいが、演技うますぎへんか…アンジェリカ役に見事にハマっていたと思う。

イーライ役のグレゴリー・カシヤンのキャラも非常によかった。そう考えるとやはりコリン・フォード演じるジョシュがいまいちキャラ立ちしてないなぁ。

シーズン2は匂わす感じで終わったけど見ない…かな。