ソフトバンク光の回線速度が遅すぎるので光BBユニット導入で改善してみた

スマートホーム化を進めるついでに、自宅のソフトバンク光の回線状況を改善してみた。

結論からいうと、回線速度は数十倍(下り)になった。ソフトバンク光の速度に不満がある人は試したほうが良いと思う。IVv6高速ハイブリッドは伊達ではなかった。

インターネットの回線速度が遅すぎる

実家に戻ってきた。約8年ぶりである。東京に住み続けることは無理というのはわかっていたが、コロナ禍の中、紆余曲折あり空き家だった実家に戻ってきた。売るか貸そうかの話になっていたらしいが、頑張ってストップさせておいたお陰でなんとか戻ってこれた。本当に両親には感謝である。

そんなこんなで…実家の回線はNTTフレッツ光からヤフーBB、そしてソフトバンク光と変遷してきた。携帯のキャリアがずっとソフトバンクだったので、ソフトバンクの経済圏で最適化していったせいか、いつのまにかそうなってしまった。そのあたりはPaypay祭りのときにも書いていたが、今更抜け出すのもめんどくさいので惰性で続けている。

たまに帰省した時に気になっていたが、回線の速度。正直「どこが光回線やねん」と思えるほど…遅い。帰省するときは長くても3日程度だったので、しばらく我慢すればいいや、で済ませていた。

しかし実家に引っ越し、いざ生活してみると…死ぬほど遅い。回線速度を計測してみると、下りの速度が1Mbps台のタイミングもあり、夫婦でテレワークもするのでさすがにこのままでは仕事に支障をきたすと判断し改善の方法を探ることにした。

速度改善には光BBユニット導入が必要か

色々と調べてみると、一番すぐにわかったことが、ソフトバンク光では「光BBユニット」なるものを使わないと、回線の性能をフルに発揮できないということがわかった。

ソフトバンク光の回線はIPv6高速ハイブリッドという通信方式に対応しているが、その通信方式を使うためにはこの光BBユニットを繋がないと使えないということらしい。

光BBユニットはレンタル式で毎月使用料がかかる。おそらく当時、金もかかるので申込しなかったのであろう。実家に住んでいた当時どういう流れでプロバイダ変更をしたか定かでないが、そういうことだろう。

月額費用がかかるのはわかったが、とにかく回線が遅いのが大問題なので、光BBユニットをオプション契約した。夫婦のスマートフォンのキャリアはソフトバンクなので、オプション契約すると、「おうち割セット」というのが適応できる。どれくらいの費用になるかは一旦おいておいて、本当に速度が上がるのかが一番の問題である。上がらないのであればプロバイダを変えることも検討しなくてはいけない…

光BBユニットなしの速度を計測

光BBユニットがくるまではONU→BUFFALO無線ルーターで各端末へWi-fiを飛ばしていた。実家は木造2階建て。Wi-fiはリビングに設置している。計測すると下りで1Mbps台。何度か計測したが1Mbps〜5Mbps、良くて10Mbps台だった。ベストエフォートとはいえ、さすがにちょっとひどい。

光BBユニット設置後の速度を計測

下りは平均して100Mbps以上出るようになった。今までの速度から比べると圧倒的に早い。ファイルダウンロードなどは体感できるレベルである。そりゃ1Mbpsから100Mbpsになれば体感できるレベルで変わってくるよ…

BBユニットは無線ルーター機能が搭載されており、これもオプションで使えるようになる。おうち割セットにはBBユニットのレンタルと、Wi-fiマルチパック、光電話の3つの申し込みが必要で、この3つを申し込むとスマホの割引が効くというプランである。

光BBユニットの無線性能はあまり良くないという記事もあったが、BAFFALOの無線ユータ−経由でも光BBユニット直接でも速度はあまり変わらなかった。私物と会社の端末を合わせると10台程度端末がつながっているがどれも特に問題ない。2階の電波は少し弱い場合もあったが、大きく速度が変わることはなかった。そのため無線Wi-fiは光BBユニットにまかせて、BAFFALOの無線ルーターは売り飛ばすことにした。

おうち割セットで安くなるのか?

おうち割セットの適応には、光BBユニット、Wi-fiマルチパック、光電話をオプション契約が必要である。個別であれば通常1,924円かかるが、3つまとめると500円になるのである。それなら最初から500円でええやないか、と思ってしまうのは自分だけではないだろう。

そしてこの3つのオプションで毎月500円かかるが、「代わりにスマートフォンの割引」がされるというのがポイントである。スマートフォンの割引は家族も適応されるの。

例えば自分の場合は、自分、嫁、母親と3人分の契約を家族割している。スマ放題の頃からプランを変えていないので、それぞれ3人で3,000円割引される。オプションにかかる500円を払ったとしても、実質2,500円の割引がされるという仕組みである。

なるほど、非常にややこしい。

今自分は35歳であるが、20年、30年後、老人になったとき、こういうオプション契約やら割引の理解ができるのだろうかと、心の底から今から心配になってくる。

なのでスマートフォンがソフトバンクで家族割りなど使えるのであれば、光BBユニットのおうち割セットを使ったほうが安くなるということになる。総務省がテコ入れしたくなるのもわかる。もっとオプションやら割賦やら縛りやら、年寄には理解するの難しすぎるで…

まとめ

とりあえずソフトバンク光で速度が遅いと感じている人は光BBユニットを導入したほうが良いと思う。前述の通り月額費用がかかるのでおうち割セットを適用してスマートフォンの割引が効くかがポイントかと思う。しかしIPv6高速ハイブリッドがすごいのはわかったけど、そもそも光BBユニットなしでも速度がでれば良いのだが…


広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください