ZAZEN BOYS MATSURI SESSION @新木場スタジオコースト

今年初のZAZEN BOYSへ。

そういえばZAZENめっちゃ久々やなぁと思ったら去年の年末のライブチケット売り切れていけへんかったんや…というわけで前回のTOUR MATSURI SESSIONが2018年の7月だったので、約10ヶ月ぶりである。



今回も会社のスケジュールに「早めに帰ります」と1ヶ月前にいれておき17時45分に直帰。とりあえず新木場に移動する。

前日の仙台のライブで新曲披露されたとのことで、期待に胸を膨らませつつロッテリアで腹ごしらえをする。会場には10分前くらいに到着。コーストってそういえば一回来たよなぁと思い出すと、2015年にK氏とFaith No More見たのがコーストであった。

本編は前情報通り「黄泉の国」(2回)、「杉並の少年」、「公園には誰もいない」を披露。どれも聞きやすい感じで、MIYAが入った影響があるんやろうなぁと思った。特に黄泉の国はお気に入りなのかアンコール含めて二回演奏。

個人的にはRIFF MANとAsobiが最高。特にMIYA加入後のAsobiのアレンジはほんまたまらん。脳汁がドバドバでるグルーヴィさ。会場もミラーボールとグリーンのライトでクラブな感じ。

子供生まれたら「遊」の文字を入れたくなるくらいには陶酔できた。あとはNUMBER GIRLのチケットがとれたら良いのだが…


広告

Aiming For Enrike After Hours 2019

気がつけば5月。令和元年初ライブはK氏とAfter Hoursへ。

すでに書いているのは6月であるがライブ自体かなり久々でびびる。



どうしてもAiming For Enrikeが見たくてチケット取ろうと思ったらすでに売り切れ。ツアーはやるが、平日は中々厳しい。K氏に泣きつくと前日ギリギリまで粘ってくれてなんとかギリギリにGet。さすが。ライブいきすぎおじさんは仕事ができる男である。

toeでるやん、あ、SOIL&”PIMP”SESSIONSもみたいなぁと思っていたが、なんだかんだO-EASTから動かず…初めてのAiming For Enrikeはそれはそれはかっこよかった。音もリズムも曲もかっこよすぎ。ルーパー使いってほんまエグい。ドラムも最高であった。

ジャズコって縦にしてええんか…と驚き…ギターでエグいベース音におののき…

LightningBoltもドラム+ベースやしBattlesもイアンが脱退してドラム+弦楽器になってもうたし、ドラム+弦楽器の2人組マスロックバンドに今後期待大。

大菩薩峠 20190505

令和一発目、GWの終わりに山梨県の大菩薩峠へ。

GWは靴磨いたり義父母の訪問、会社行って仕事など割と忙しく過ごして後、栃木の益子陶器市行ったり…



ちょうど天気も良かったので5時半に起きて山梨県の大菩薩峠へ。

立川から特急と在来線、バスを乗り継ぎ10時過ぎに登山口に到着。前の登山から大分間が空いたので身体が鈍っているのでまったりスタート。

今回は、トランギアの山用ヤカンとオプティマスの風防、スノーピークの箸(和武器)を装備に追加。全然登っていないのに装備だけがいつの間にやら増えていく。

山飯は重要なので今回も悩んだ末、米を炊いてオイルサーディン丼と餅を焼いておしるこを食べることにした。

大菩薩峠側からの登山道は緩やかな登りで登りやすい。筑波山は初っ端から急な登りなので息があがるが大菩薩峠は比較的ゆったりな感じ。雷岩側から登ると勾配がきついので峠側からがおススメ。コースタイムは標準通り。

残念ながら富士山頂は雲がかかっていたが景色がすごく良い。稜線歩きも気持ちよくお手軽に高度2000mまで上がれる。帰りは雷岩側から下りたがやはり行きよりも傾斜がきつい。野生の鹿を二匹発見した。15時のバスに滑り込みそのまま帰宅。


広告

ジュラシック・ワールド/炎の王国 (Jurassic World: Fallen Kingdom)

ジュラシック・ワールド/炎の王国を見た。

ビリオンズ新シーズン始まったのだが先週は配信がなかったので、巾着田キャンプ行ったときにアマゾンプライム・ビデオでさくっと視聴。



まず、やはりブライス・ダラス・ハワード演じるクレアおばさん、エロい。確か前作見たときも書いたはずだが、クレアおばさんエロい。こういう外人の顔好きやねん。顎割れているけど。38歳とは思えん。オーウェン演じるクリス・プラット、ちょっと太ったのか?なんか前はもっとかっこよかった気がするが…

で、なんやかんや島の火山が噴火しそうになったため、恐竜たちを救いにいくことになった主人公一行が闇の組織と対峙して…というストーリー。ていうかウー先生生きてたんかい!そして初代ジュラシック・パークとロストワールドのイアン・マルコム博士が登場。

最後は恐竜たちが解き放たれ、新のジュラシック・ワールドへようこそとか言いつつ終わる。なんか猿の惑星みたいやな。次回作作る気まんまんなんか?まぁ見るけど。

ogawa グロッケ8で平成ラストキャンプ@巾着田

平成最後のキャンプ。

K氏が東京にくるかとこないとか連絡があったが泣く泣く断り、春の巾着田へ。



前回はまだ工事中だったが川岸の修理が終わって景観も元通りになっていた。暖かくなってきたせいか人もめちゃくちゃ多い。12時ころに到着したが駐車場はほぼ満車。早速設営に入って昼飯を食う。散歩すると菜の花が咲いている。

相変わらずグロッケ8はかっこいいシェイプである。今回はコットを導入した。半年間ためたアマゾンポイントを開放しネイチャーハイクのコットを2台購入。巾着田はでかい石が多いためマット敷いてもかなり痛い。コットのおかげで寝心地がだいぶ改善された。

設営しているとすぐ真横に新しい家族がテントを設営し始める。近すぎる。こいつら距離感というものがつかめないのか…と精神を疑うが、いかんせんここは無料キャンプ場。これもまたしゃあない。今回は一番人が多いところにテントを張ってしまったのが失敗。

しかし結局夜は遅くまで音楽鳴らすおっさんグループや、ギャン泣きする子供をほったらかしてバカ騒ぎしている大所帯のグループや、夜中の12時過ぎてテント設営でペグ打ちの音を響かすアホカップルなどで民度の低さが拭えない。キャンプするなら最低限のマナーくらい守ったほうがええのではないか。としみじみ感じた一日。

帰りはオープン2日目、話題のアルペンアウトドアーズ柏に寄ってきた。


広告