2020年 超PayPay祭りを終えて

11/14(土)と11/15(日)に超PayPay祭が行われた。

個人的にはなかなかおもしろかったが結構大変だったので、来年のために思ったことを記録しておく。

自分はソフトバンクユーザーなので、メインは15日。

PayPayに思い入れは1mmもないのだが、

  • 携帯がソフトバンクであること
  • プレミアム会員(ヤフオク出品のため)
  • ヤフーカードを持っている(PayPayにチャージできる唯一のカード)
  • ジャパンネット銀行に口座あり(来年PayPay銀行に名前変わるらしい…)

というPayPayを活用するためのドンピシャな条件が揃いすぎているのである。まさにPayPayの申し子やないか。iPhone 3GSが出た2009年、キャリアがソフトバンクやったことに感謝して以来や。

そんなわけで、この超PayPay祭の還元率には結構期待していた。開催2週間くらい前から何を買うかイメージして、要らないものをヤフオクで売りさばき、PayPayにチャージしたり、銀行やカードからチャージをしておいた。Apple Pencil第2世代とMX Anywhere 3は我慢できずに買ってしまったが…

14日23時45分までに買う予定の物を全部カートに入れ、正座で待機する。

正直いうと超PayPay祭の還元の仕様がややこしすぎてよくわからない。複数の還元項目があり、それぞれの項目に上限があるので、実際どこまで還元されるか不明。「実質」という言葉の難しさを考えさせられる。もしかすると0時になった瞬間に金額が上がるなんてこともあるかもしれない。考えてもしゃあないので、0時になってから還元状態をちゃんとみてから最終的に買うかどうか決めることにしていた。

あと0時になった瞬間はサーバーダウンとかもありあえるやろうなぁ、と思いつつブラウザの更新ボタンを押す。

「お、あっさりカート開いたな、よしちゃんと還元率反映されているか?詳細を見る、と…」

「あかん、おかしいな固まっとる。更新…あれ…」

さすがにサーバーはダウンしなかったようだが、決済処理をさばききれなくなったのか、カート自体が開けなくなってしまう。0時の開始直後なので多少は仕方ないかと思っており、「まぁ30分くらい待てば落ち着くだろう」と思っていた。

しかし事態は1時間たっても解消しない。Twitterで検索するとみんな同じような症状でカートが開かないというものだった。おそらくPayPayモール、ヤフーショッピング側も相当な対策をしていたはず(というかしていないとおかしい)だが、それを上回るアクセスがあったのか…これは思ったよりも重症かもしれない…と思っているとだんだんカートが開き始め、決済画面にたどり着くようになった。

しかし最終決済処理が正常に終了せずクーポンも適応できたりできなかったりかなり不安定な状態が続く。結局2時まで粘ったが、どうやっても決済処理が終わらず諦めて就寝することにした。この歳になると2時まで起きていると頭が全然働かなくなる。

Twitterを見ているとみんな文句をつぶやきまくっており、不謹慎ながら「まさに祭りやなぁ」と思ってしまった。こんな夜中に全国の人たちが更新ボタン連打しているのを想像したらなんか笑けてくる。

あれだけ広告打ちまくって買いを煽り、くじで射幸心を煽り、還元に群がる大衆に突きつけられたシステムトラブル。阿鼻叫喚の地獄絵図がまさに広がっているのである。こういったトラブル込での祭り感が割と嫌いではない。Amazonプライムデーのようなしょぼい商品や還元率ではない。顧客にとっては都合の良い異常な還元率はリスクでもあるし、0時になった瞬間にサーバー飛ぶことなんて容易に想像できる。それを踏まえて楽しむのがこういうイベントちゃうの?と思っている自分はギャンブル脳で頭おかしいのかもしれない…

とりあえず明日には解決してそうだが、もしかすると深夜諦めた組が起き始めた時間はまた混むのでは?と推測し、起きれたら早めに起きようと決意して就寝した。

ちゃんと寝られなかったのせいか次の日は6時半頃に目が覚める。半分寝ぼけつつiPhoneを手に取りアプリを立ち上げると、昨日の続きから注文手続きを行う。この時点ではすんなり問題なく注文完了できた。残念ながらくじのあたり画面は出てこなかったが、とりあえずそこそこの還元率で買えたしいいかな、と思っていた。

結局その後もアクセス集中でカートが開かなくなったり二重決済になったり注文履歴が反映されなかったりしていたようだが、どうせ処理がちゃんと進めば大丈夫だろうと推測。月曜までかかったが、ちゃんと処理メールも届いていた。そして履歴を見るとくじの1等もあたっていたみたいで、中々の還元率になりそうだった。

こういうイベントがあると、だらだらだらだらほしいなーと思っている物を一気に買うきっかけができて個人的に良いと思う。告知から期間も長かったので、しっかり計画を立てて吟味できたのも良かった。

冒頭書いた通りPayPayには1mmの思い入れもないが、良い意味でも悪い意味でもまさに「祭り感」の出たイベントではあったと思う。来年も同じような日程でやるなら深夜ではなく早朝が狙い目かもしれない。


超PayPay祭りで買ったもの

「2020年 超PayPay祭りを終えて」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。