運び屋 (The Mule)

運び屋 (The Mule)をみた。

11月鹿児島に滞在しておりなんかバタバタしていたのでゆっくりできなかったが、日曜日のよるようやくまったりできたので、なんか見ようと思ってネットフリックス開くとイーストウッド監督の「運び屋」が配信されていた。



これも劇場見に行きたかったんや…と毎回言っている気がするが、結局見に行かなかったので、早速視聴。

ちょうど先日小島監督のデス・ストランディングがリリースされたが、デスストに出てくる配達依存症の人たちも「ミュール」やったな。訳はラバだが、総じて麻薬の運び屋のことらしい。

ストーリーはイーストウッド演じる昔気質の主人公アールが時代の流れについていけず、とあることがきっかけでメキシコの麻薬カルテルの運び屋になる様を描く。DEA(警察側)にはアメリカン・スナイパーでクリント・イーストウッド作品の主人公を努めたブラッドリー・クーパー。上司にはローレンス・フィッシュバーン。さらに面白いことに、ナルコス:メキシコ編で主人公キキを演じたマイケル・ペーニャが本作でもDEAの捜査官役としてキャスティングされている。

なかなか渋すぎるキャスト。特にペーニャさん見た瞬間思わず拷問されんといてくれ…と思ってしまう。

天性の人たらしのアール爺さんだが、最初はいがみ合いながらもだんだんとカルテルの人間と関係性を築いていく様がみていておもしろい。じじいとして捜査官やカルテルの若者に金言を残していく。本作は実話ベースだがやっぱこの辺は脚色されてるんかな?

自分の中ではイーストウッド主演監督はグラントリノが印象的で、今回も最後はあんな結末になるかと思いきや、実にあっさりと綺麗に絞まる。家族とはなにかというのを考えさせられる。

しかしこんな陽気なじじいなかなかおらんやろうなぁ。イーストウッドも90歳超えてこんなおもろい映画作れるのはほんますごい。

トラウマになるらしいミリオンダラー・ベイビーはいまだに見れていないので、この機会に挑戦してみよう…かな。

デイブレイク ~世界が終わったその先で~ (DAY BREAK)

デイブレイク ~世界が終わったその先で~ (DAY BREAK)をみた。

たしかダークシーズン2見終わってから次何みようかなと迷っていたらネットフリックスの予告編が流れていた。「これはおもろそうやな」と思って見始めたのだが、いまいち合わずしばらく放置。なんとか最後まで完走したが微妙だった。



舞台はカリフォルニア州グレンデールの荒廃した世界で、大人だけグーリー(ゾンビみたいなもの)になった世界で子供(いうても高校生)がむちゃくちゃやるという話。マッドマックスの世界観とウォーキング・デッドを組み合わせてコメディタッチでエログロなんでもありでやるのかと思ったが、実際は全然違った。

話の半分位は回想を交えながら視聴者に語りかけてくる系のドラマで、色々ネタが散りばめられているが、うーん…なんか想像していたのと違う。レビューサイトを見ていても結構面白かったという評価みたいだが、自分は合わなかった。

とりあえず主人公のジョシュは置いといて、ヒロインのサム・ディーン役のソフィー・シムネットがめちゃくちゃ美人。久々に王道のハリウッド女優って感じ。

アンジェリカ役のアリヴィア・アリン・リンドもすごい。3姉妹の三女で姉妹全員女優らしいが、演技うますぎへんか…アンジェリカ役に見事にハマっていたと思う。

イーライ役のグレゴリー・カシヤンのキャラも非常によかった。そう考えるとやはりコリン・フォード演じるジョシュがいまいちキャラ立ちしてないなぁ。

シーズン2は匂わす感じで終わったけど見ない…かな。