ジュラシック・ワールド/炎の王国 (Jurassic World: Fallen Kingdom)

ジュラシック・ワールド/炎の王国を見た。

ビリオンズ新シーズン始まったのだが先週は配信がなかったので、巾着田キャンプ行ったときにアマゾンプライム・ビデオでさくっと視聴。



まず、やはりブライス・ダラス・ハワード演じるクレアおばさん、エロい。確か前作見たときも書いたはずだが、クレアおばさんエロい。こういう外人の顔好きやねん。顎割れているけど。38歳とは思えん。オーウェン演じるクリス・プラット、ちょっと太ったのか?なんか前はもっとかっこよかった気がするが…

で、なんやかんや島の火山が噴火しそうになったため、恐竜たちを救いにいくことになった主人公一行が闇の組織と対峙して…というストーリー。ていうかウー先生生きてたんかい!そして初代ジュラシック・パークとロストワールドのイアン・マルコム博士が登場。

最後は恐竜たちが解き放たれ、新のジュラシック・ワールドへようこそとか言いつつ終わる。なんか猿の惑星みたいやな。次回作作る気まんまんなんか?まぁ見るけど。

ogawa グロッケ8で平成ラストキャンプ@巾着田

平成最後のキャンプ。

K氏が東京にくるかとこないとか連絡があったが泣く泣く断り、春の巾着田へ。



前回はまだ工事中だったが川岸の修理が終わって景観も元通りになっていた。暖かくなってきたせいか人もめちゃくちゃ多い。12時ころに到着したが駐車場はほぼ満車。早速設営に入って昼飯を食う。散歩すると菜の花が咲いている。

相変わらずグロッケ8はかっこいいシェイプである。今回はコットを導入した。半年間ためたアマゾンポイントを開放しネイチャーハイクのコットを2台購入。巾着田はでかい石が多いためマット敷いてもかなり痛い。コットのおかげで寝心地がだいぶ改善された。

設営しているとすぐ真横に新しい家族がテントを設営し始める。近すぎる。こいつら距離感というものがつかめないのか…と精神を疑うが、いかんせんここは無料キャンプ場。これもまたしゃあない。今回は一番人が多いところにテントを張ってしまったのが失敗。

しかし結局夜は遅くまで音楽鳴らすおっさんグループや、ギャン泣きする子供をほったらかしてバカ騒ぎしている大所帯のグループや、夜中の12時過ぎてテント設営でペグ打ちの音を響かすアホカップルなどで民度の低さが拭えない。キャンプするなら最低限のマナーくらい守ったほうがええのではないか。としみじみ感じた一日。

帰りはオープン2日目、話題のアルペンアウトドアーズ柏に寄ってきた。


広告

ロードバイクをブルホーン化してみた002

  ロードバイクのブルホーン化を実行完了。

早速試走してみた…がブレーキかけようと体重をかけた瞬間ハンドルが落ちた…なんでやねん…残念なことに前回ハンドルのクランプ径を間違っていたと書いたが実際は最初に買ったハンドルのクランプ径で正解だった…(26mm)最初ネジがちゃんとしまってないだけかとおもったが、結局サイズ間違い。



ほんまちゃんと見てない、調べていない、くそ駄目人間である。色々と迷った挙げ句、ハンドル自体はRB-010のほうが気に入っているので、そうなればステムを25.4mmに変えたろうということで、NITTOのNTC-150を買う。VECCHIOについていたステムは挟むタイプだったが、NITTOのステムはハンドルを穴に通してから締めるタイプ。せっかく巻いたバーテープをまた剥がしてステムに通してテープを巻いて…やっと完成。

とりあえず軽く走ってみたが、割といい感じ。というか軽く感じる。GW江戸川沿いを軽くポタリングしたい。


広告

ロードバイクをブルホーン化してみた001

ロードバイクのブルホーン化を実行してみた。

昨年どうしてもAFFINITY CYCLESのLo Proが欲しくて欲しくて堪らなかった。2018年は全然チャリにも乗らずブクブク太って体重が増加していく一方だったので、新しいチャリ買って乗ろう!と気分を盛り上げていたが…結局購入できず。しゃあない、VECCHIOいじろう。というわけでブルホーンにしてみた。



ガチ勢ではないのでやはり見た目重視。ブルホーンてかっこいいやん、というノリでNITTOのブルホーンハンドルを購入。ハンドル交換は初めてだったのでいろいろ調べてみるとハンドルのクランプ径が26mmと25.4mmがあるらしい。0.6mmかい…ノギスを持っていないので正確なクランプ径が測れない…とりあえず買ってみるか。

ということでまず最初の落とし穴に引っかかる。クランプ径間違い…ハンドル購入し直し。いちかばちかで買うのはやはり良くない。NITTOのRB-010を再購入。絶妙な曲がり具合で美しい形。

ブレーキバーはいろいろと調べてTEKTROのRX4.1を購入。ケーブルを外側に這わすタイプでブルホーンに穴あけの必要がないのとキャリパーブレーキに対応している点を確認。クロスバイクをブルホーンにする場合はVブレーキ対応にしないとだめとか色々あるらしい。ケーブルはMTB用のケーブルセットを購入。

パーツが全部来たので早速今日取り付けてみた。

ドロップハンドル時

ブルホーン装着時

で、最後の最後に気づく。左と右のブレーキケーブル間違えてたと…リアブレーキをセットしようと思ったら長さが全然足りない。どうやらフロントのブレーキをリア用でセットしてしまった模様…久々に交換したので全然気づかなかった。

というわけでインナーケーブルを買いに行かなければならなくなり今日の作業は終了。

テープはドロハンにつけていたBROOKS CAMBIUM TAPEをもう一個買おうかと思ったが、なんせ高い。ハンドルよりも高い。剥がしてみると再利用できそうだったので、お湯で両面テープを浮かせて綺麗に剥がし洗剤で手洗いしてみた。うまく再利用できるか試してみる。


広告