MISSION WORKSHOP “The Rhake” をオーダーしてみた-003

やっとMISSION WORKSHOPから新作の”The Rhake”が届いた。

何回も動画見てたので、まぁ予想通りと言うか、特にイメージとブレないモノが到着。The Vandalもコブラバックルなので、合わせてみたが、やっぱり正解。オプションなので高いが…



多分大きさはThe Vandal通常時と同じ位だが、見比べるとRhakeの方がギュッと詰まっている感じがする。重さもVandalより軽いしお居心地もまぁまぁ良い 。多分PCスリーブがある関係か。あと細かいところだと、オプションのウエストバックルをつける場所は、Rhakeではなくなっている。

フロントにあるこの独特の収納スペースは無駄にものを出し入れしたくなるエロさがある。

ROTRING800 0.5mm

ROTRING(ロットリング)800のブラックを買ってしまった。

ある日用事で東急ハンズにいた時見かけたロットリングの800を買ってしまった。ソフトバンクの長期継続特典で3000円分のTポイントをもらった。やらしいことにこのポイント使用期限が決まっている。のでYahoo!ショッピングで購入。

たかがシャーペン、されどシャーペンだが、めっちゃかっこいい…ボールペンはラミーのピコを持っているが、どちらかというとかわいいデザインだった。こっちのロットリングはメカメカしい、いかついデザイン。

ペン先収納可能なフルメタルボディ。ペン先は真鍮らしい。ボディは重厚感あふれるブラックの塗装。職人魂あふれる一品である。最近文字かかへんけど。

 

メーカーズシャツ鎌倉 ホーズ

普段履いている靴下がボロボロになってきたので、メーカーズシャツ鎌倉でロングホーズ買ってみた。

30歳過ぎてちょっとはまともなものを買おうと思い靴をマルイの安靴からスコッチグレインに変えてみたり、今年は初めてスーツオーダーしてみた。来年できるので楽しみである。

そんな中無印良品で買った靴下がほつれて色あせてきた。使用期間1年くらいか。ビジネスマンとして足元は大事だろうということでロングホーズを初めて買ってみることにした。そこそこのシャツも買い替えたいなぁと思っていた時に調べていたメーカーズシャツ鎌倉で黒とネイビーとダークグレーを2本づつ購入。

無印やユニクロの3足○○円の靴下に比べるとべらぼうに高い金額ではあるが、履いてみて違いをもろに感じる。綿ではなくウールにしてみたが、しっとりとして履き心地も最高。革靴を履きたくなる高級感。

会社の人に聞くと洗い方に気をつければ長く使えるらしいので、丁寧に扱いたい。

マンハント (MANHUNT:UNABOMBER)

マンハントを見た。

最近仮想通貨のチャートずっと眺めていると精神的におかしくなりそうなので、久々にネットフリックスでドラマ見ることに…まだ途中までしか見てないものも溜まっているのでさっさと消化したい。

今作は実際の事件を題材にしており、FBIの行動科学科のフィッツが連続爆弾魔通称ユナボマーを言語分析でプロファイリングしていくという話。

FBI行動科学科と言えばついこの前見たマインドハンターと似ている。比較言語による個人語の特定で犯人を特定していく過程は非常におもしろい。

しかしこういった映画にありがちな「深淵を覗く時、深淵もまたこちらを覗いているのだ」的なストーリーで主人公のフィッツもどんどんクズ化していくのが、腹立たしい。特に相棒だったタビーをゴミクズのように裏切るシーンは中々ひどい話である。

おかげで犯人捕獲時の手柄は上司にとられ、誰からも褒められないというシーンはユナボマーのプロファイリングを主人公に反映させている印象的なシーンである。

犯人のユナボマー役、ポール・ベタニーは非常に役に入り込んでいて良い演技だった。

エピソードも8話にまとまられていてさっくり見るには非常に面白い作品だと思う。

MISSION WORKSHOP “The Rhake” をオーダーしてみた-002

11月頃MISSION WORKSHOPのオフィシャルサイトで”The Rhake”をオーダーしてみたが、ようやく発送されたようなので、顛末を記録。MISSON WORKSHOPをオフィシャルサイトから購入するときは参考になるかと。



まず肝心のオフィシャルサイトだが、MacBookProのSafariでは表示がおかしくなり、カートが開けない。これに気付くまで随分時間がかかってしまったが、Chromeに切り替えるとすんなり動作した。ほんまブラウザによって見え方が変わるのは困る。

注文自体は海外サイトの注文と同じなので、割愛。送料は日本だと梱包一つにつき$55…現行レートだと6,000円位。というわけで、単品で買うよりも他に色々と一緒に買ったほうがいいと思われる。でないなら日本のショップで買う方が安いかもしれないので値段と為替レートの兼ね合いかな。

また決済をペイパルでしてしまったのだが、手数料が海外決済だとめちゃくちゃ高い…他にも色々かったので送金手数料だけで2,000円以上とられた。(アメリカだと2.5%?)アホらしいので、クレジットカードで決済する方が良さそう。これは今回勉強になった。

注文後すぐに「発送が4週間ほど遅れる、ごめん!」とメールが来る。

しかしめちゃくちゃ親切なことに「待っておいてくれれば、$50割引するよ〜」ということだったので、当然待っておくことを選択。

MISSION WORKSHOPオフィシャルサイトから日本への配送は$55なので、送料がほぼ相殺されたことになる。The Rhake自体もプレセールで$60割引なので、この時点で$110分のコストダウン。The Rhakeが日本ではいくらで販売されるかわからないが、多分日本で買うよりも安い…のではないか?わからんけど。

返信後すぐに返金処理もされ後は待つばかりとなり、音沙汰がなかったが、1ヶ月半位待った一昨日にフェデックスから集荷完了のメールが来た。それから今日無事通関通った。

明日には到着するぽいが仕事で受け取れないので、残念ながら土曜日までお預けかなと思われる…冒頭の動画のようにBest of backpackかどうか…期待である。