LEDLENSER ML4 : 至高のミニランタン

人生を照らすために必要なもの

年末年始はバタバタしたままあっという間に終わり、仕事が始まる。相変わらず家にいながら仕事をしつつ、先行き見えない不安に胸をかきむしられながら、苦虫を噛み潰したような気分で過ごすのである。

そんな中、Amazonの初売りで買った商品が届いた。

LEDLENSER ML4

人生という先行きの見えない暗い道を歩くには…やはりランタンである。LEDLENSERのミニランタン、ML4。

柔らかい光が良い

まずその見た目。小型ガジェット感が堪らない、カッコいいデザイン。うん、めちゃええやん。普通に家でも使えそう。部屋のライト消してまったりコーヒーでも飲みながらデスク作業できそう。

カラビナ付きで、防水性能もあり、USBの磁石給電、電池でも対応可能と、小型ながら機能満載。

ライトは3段階+ブーストと点灯、赤色LEDでも点灯できる。隙がない。キャンパーは1人一台持つべきやな、と思う。

LEDLENSERを知ったのは約5年前。フジロックに持っていくために、P7.2を買ったのがきっかけだった。フェス初心者だったので、装備を揃えるため色々調べていると、カッコいいライトがあった。それがLEDLENSERP7.2だった。その明るさと、光の環の綺麗さには驚いたものである。今でもキャンプや登山では持っていくモノの一つである。

ちなみに年末LEDLENSERの公式通販ではエコバックが0円で販売されている。ガジェット入れるのに最適なポーチも付いていたので、絶対手に入れるべきだと思う。年末の帰省の時には大活躍した。

Goal Zeroとどっちが良い?

普段のキャンプではジェントスのLEDランタンと、コールマンのガスランタンを使っているが、ジェントスのランタンはいまいち暗い。コールマンのサブとして使えて、もっと手軽で複数個持っていけるようなランタンがないかと思っていた時にGoal Zeroが良いというのを知った。

コールマンのガスランタンはめちゃくちゃ明るい

しかしご存知の通りGoal Zeroは品薄が続き、プレミア価格がついてしまっている。そこでLEDLENSERのML4に目をつけたのが、もう半年位前。

Goal Zeroは持っていないのでなんともいえないが、電池にも対応しているのと、カラビナが本体に付いているところがML4の良いところではないだろうか。特に内臓バッテリーはヘタると買い直すしかないので、緊急時に電池でも使えるのは良い。

キャンプをしなくても万が一の災害のために一家に一台玄関に置いておくのが良いと思う。

そんな地獄のような一年になりそうなので、先を照らすという意味で今年一発目の買い物に選んでみた。

モノ自体はすごいいい感じ。早くフィールドで試してみて良かったら買い増しを検討したいと思う。残念ながら緊急事態宣言も出たししばらく行けなさそうだが…


広告