流行りに乗ってDJI Pocket 2を買う。

やれ、YoutuberやらVLogやら、〇〇ルーティンやら〇〇ツアーが巷に氾濫し、個人が動画を作成し、編集して配信から金を稼ぐという時代になってしまった。今の若い人たちは羨ましい。自分がこの時代で学生だったら、色々したかったなと思う。しかしおっさんになったからといって取り残されるわけにはいかない。時代の波に乗って色々勉強しようとDJI Pocket 2を買ってみた。

初めてのジンバルカメラ

GoPro Hero5 Blackで撮った映像

このカメラを使って何がしたいかというと、一番は登山の時に色々撮りたいと思っている。過去にアクションカムはGoPro SessionとGoPro Hero5 Blackを使っていた。登山中も撮ったことがあるが、手ブレ補正がない時代だったので、後から見ると非常に酔う。近年はアクションカムの性能も上がりまくっておりGoPro8あたりから買い替えを検討していた。

そんな中GoPro HERO9 Blackが発売され買うかどうするか迷っていたところ、昨年の秋にDJI Pocket 2が発表された。先代のDJI Osmo Pocketは気になるデバイスだったが画角が狭いのが課題だった。今回はより広角になり評価が上がったこともあり、初めてGoProシリーズから乗り換えることにしてみた。

これは11月の超PayPay祭りの時に34%還元でゲットした。発売して1ヶ月位だったので驚異の還元率である。

買うならクリエイターコンボ

DJI Pocket 2は通常版とクリエイターコンボ版があり、色々とアクセサリーがセットになっているクリエイターコンボを購入した。ワイヤレスマイクを筆頭に、マイクロ三脚や広角コンバーターなどがついているので使い勝手の幅が広がる。

本体は防水ではないので、アクションカムより使い方に気を使うが、えっちらおっちら山を登るだけであれば、あえてGoProを使わなくても、DJI Pocket 2のほうが良いかなと感じた。実際DJI Pocket 2を使っている登山YouTuberも多いようである。

ジンバルすごい

まだ全然動画を撮れていないが、ちょっと使ってみた感じだとジンバルの安定性がすごい。確かにこれだけ安定していれば登山動画でよく使われるのも納得。

また映像も綺麗でタイムラプスも簡単に取れる。昔は大量に撮影した写真データを動画編集ソフトに取り込んで作っていたが、今は簡単にタイムラプス動画が作れる。良いじだいである。ジンバルが動くので単体でモーションタイムラプスが撮れるのも大きな特徴だろう。

早く登山、キャンプで活用して、久々にFinalCutProでも使って動画編集でもやってみようか。今年は秋の涸沢に行く予定だったが上高地の熊被害で断念。2021年は登山泊できれいな紅葉を撮影したいものである。


広告

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください