エクストレイルでAmazon Fire TVを活用してみた

2018年にAmazon Fire TVを買って以来、我が家でのテレビ視聴スタイルが大きく変わった。

今までは地上波しか見ていなかったが、Fire TV導入後、テレビ視聴時間の3分の2位はYouTubeかNetflix、Amazon Prime Videoに当てられるようになった。おそらくここ数年で買った1万以下のガジェットの中でダントツに高い活用比率であると言っても間違いない。



それほどFire TVヘビーユーザーの我が家だったが、昨年秋に購入したエクストレイルで出かけることが多くなった。特に年末年始は車で帰省したため、行きも帰りも12時間位かかった。

エクストレイルには日産純正のクッソ高いカーナビが積んであるので、ワンセグでテレビが見えるのだが、正月のテレビはいまいちおもしろくない。あとトンネルに入ると電波を受信しないため、頻繁に止まってストレスだった。

そこで嫁と話し合いカーナビにFire TVをつなげられないかと調べてみた。

まずカーナビにHDMI接続できるようにする。嫁の弟がやってくれたので、どういう作業だったのかよくわからないが、とりあえずHDMIケーブルが接続できるようになったので、接続して、同じくカーナビにつながっているUSBケーブルからFire TVを給電すると…

給電はカーナビのUSBケーブルから取ってみた。

無事Fire TV起動し、表示した。

ちなみにこのFire TVは4K対応だが、カーナビのディスプレイの解像度がフルHDなので恩恵を受けない。Fire Stickの一番安いやつに切り替えても問題ないかも…

肝心のインターネット回線はどうするかというと、iPhoneのテザリングである。ソフトバンクのギガモンスターを契約しており、毎月通信容量は余っている状態なのである程度なら全然問題ない。

とりあえずカーナビにHDMI挿せる状態であればFire TVを稼働できることがわかったこれで長期のドライブも飽きずにできそうである。リモコンで操作できる点も良い。

結局Amazonで年末年始のセールがあったのでFire Stick 4Kを購入。Fire Stick 4Kはリモコンが音量変更可になっているため、リビングのFire TVと差し替えることした。Fire Stick 4KとFire TVだがリビングで使う分には正直あまり差はないように感じる。


広告