テレワーク環境を快適にしよう:LG 24UD58-B & エルゴトロンLXデスクマウント

2020年の3月あたりからほぼ自宅で働いているので、夫婦でテレワーク環境をいかに整えるかアンテナを張っている。デスクを作ったり、椅子を買ったり(嫁のみ)、モニターを買ったりしていたが、嫁さんがとうとうモニターアームに手を出してしまった。使ってみるとかなり快適みたいで、横目で見ていて非常に羨ましいので書いて見る。

モニター LG 24UD58-B

モニターはLGの4Kモニタ、24UD58-B。年末の超PayPay祭りの時に何故か買わされた。最初は27インチにするかどうか迷っていたが、27インチにすると視線の移動が大変そうなので、仕事用にはちょうど良い24インチを選択。社用PCをHDMIで接続している。

エルゴトロン LXデスクマウントアーム

そして肝心のモニターアームはエルゴトロンLXを購入。価格の割に性能が良いのか、Amazonのベストセラーのようである。取り付けをしてみると、確かにクオリティが高い。モニターの色に合わせてマットブラックを買ったがアルミでも良さそう。

セールヤンのワークトップに設置

このセットを年末に組み立てたイケアのセールヤンデスクに取り付ける。デスクは分厚くしっかりしていのでエルゴトロンのモニターアームを取り付けても全く問題なし。初めてモニターアームを触ってみたが、スーッと前後上下にモニターを動かして止めたい位置に固定できる。これはかなりかっこいい。

一方自分は…というと、BoYataのPCスタンドで視線をかさ上げして、マウスとキーボードのスタイル。仕事用のPCのは13インチなので、結構辛い。最近歳のせいか目が疲れる。

HHKBのキーボードに予算を吸われている…

BoYataのPCのスタンドも評価が高く、良い商品だと思うが、モニター+モニターアームの快適さにはかなわない。自分もいつか導入したいと思っているのが、その時はモニターは24MD4KL-BでモニターアームはハーマンミラーのFloにしたい。

しかしどちらもめちゃくちゃ高いので、導入にはしばらく時間がかかりそうである…

最近まではMacBook Pro2013を売って、M1 Mac miniに切り替えるかと考えていたが、MacBook Airでも有りなんじゃないかと思い始めてきた。24MD4KL-BはThunderboltで給電もできるし、Mac miniよりもさらにケーブルレスにすることができる。

テレワーク環境を整えだすと本当に金がかかる。後はPCよりもワークチェアをなんとかしたいが、これは引っ越してから考えようかな…


広告

イケアの天板(セールヤン)でワークデスクを作る

テレワークが当たり前になった昨今、今年の春から今までクローゼットの中で仕事をしてきた。個人的には割と快適空間だったが紆余曲折あり、マイデスクを手に入れることができたので顛末を記録する。

でかいデスクが欲しい

自粛が始まってからすぐに寝室に嫁用のデスクは購入していたのだが、自分はずっとクローゼットの中で仕事をしていた。

そんな中超PayPay祭りの時に、何故か嫁にモニターを買わされて設置。そうすると今度はもっとでかいデスクが欲しいと言い出した。自分に負けず欲望に忠実である。しかしテレワークをし始めるとマイスペースを快適環境に整えたくなるのは…まぁわからなくもない。

そしてイケアの天板とAmazonで売っている脚をDIYしてデスクを作るのがブームらしいと知り、とりあえずどんな感じになるのか、人柱として自分のデスクを作成することになり、晴れてクローゼットから出ることが許された…

イケアへ天板を選びに

週末、三郷のイケアへ。今住んでいるところから車で20分くらい。関東にも6つしか無いイケアがこれだけ近い場所にあるというのはありがたいことである。京都に戻るとイケアがないので大阪まで行かないといけない。そういう意味では今住んでいるところはかなり便利。

海外では天板にはキッチンワークトップ用の「KARLBY カールビー」がよく使用されているようだが、残念なことにカールビーは奥行きが65cmのものをチョイスすると横幅が180cm超えの天板しかなくなる。さすがに180cmはちょっと大きすぎな上、店頭在庫もなかったため諦めた。

そこで126cm×65cmという奥行きもしっかりとりつつ横幅もちょうどいいサイズだった同じくキッチワークトップ用の「SÄLJAN セールヤン」をチョイス。表面は突き板ウォールナットのカールビーとは違い、ウォール調のラミネート。たださわり心地も良く、チープな感じはない。なにより価格も9,900円と比較的リーズナブルだったのでこれに決めた。※下記広告はホワイトストーンです。

天板は普通に買うことができず、一旦スタッフに声をかける必要があった。そして使いみちや天板の脚について注意事項を受ける。要は自己責任でやりなさいということだろう。おそらくテレワーク需要の高まりでこうやってDIYする人が増えているせいだと考えられる。

デスクの脚など必要部材

脚はイケアにもあるのだが、ここは流行りに合わせてAmazonでAISのハイタイプの脚をチョイス。奥行きが63cm、高さが66.5cmと天板とサイズがピったりである。真四角のシンプルなデザインなので馴染む。届いてみるともう少し高さが欲しいなと感じたが、モノはしっかりしていて良い感じ。

この脚は直接天板に取り付けできないので、オニメナットを使用する。天板にオニメナットを埋め込んで、AISの脚についてくる部材でビス止めするというやり方。ビスに対応しているのはオニメナットはM6×16。下穴を開けるため9mmのビットを購入。ドリルは2,000円くらいで買った安物。オニメを埋め込む時に使うトルクレンチもちょうどいいサイズが家に合ったので購入していない。

組み立てる

まず天板を裏返しにして脚を取り付ける場所を決める。今回は横は5cm、前後は1cm(天板が65cmで脚が63cmなので)のところに取り付けるイメージ。天板が重たいのでギックリ腰にならないように注意しないといけない。

やり方は簡単で、オニメナットの長さに合わせて下穴を開け、ボンドをつけてオニメナットを埋め込むだけ。貫通しないようにマスキングテープでオニメの長さに合わせてドリルに印を付ける。

最後に脚をビスで取り付けて完成。安物のドリルだったのでモーターが焼けないか心配だったがなんとか穴あけできた。

完成

天板がめちゃくちゃ重たいが、脚もしっかりしており、オニメナットもしっかりと埋め込んだため、ガタツキなどもなく良い感じ。金額はトータルで約2万円だった。作業時間は約1時間15分。オニメナットを使うのは初めてだったので家にあった端材で練習しておいた。

ちょうどよい横幅126cm
ラミネートだが質感は良い
見た目も高級感がある
脚もしっかりしている

今後について

良いデスクができたと思う。こうなってくると、欲望が沸々と湧いてきて、今度はまともなワークチェアが欲しくなる…

中古で良いのでオカムラのコンテッサが欲しい。昔から高い椅子買うならコンテッサ欲しいなと思っていた。

そしてMac mini M1買ってハーマンミラーのモニターアームつけて4Kモニター買って…デスクライトもかっこいいの探して………

快適空間を作ろうとすると、なにかと金がかかるので本当に困りものである…


広告

脳みそがとろける打感:HHKB Professional HYBRID Type-S

Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 日本語配列/白

この11月は死ぬほど金使っている。どうしよう。こんな金使ってる場合ちゃうのに。

それもこれも11月14、15に開催された超PayPay祭りのせいである。

今日あたりから超PayPay祭りで買ったものが届き始めたので、少し書いてみようと思う。まずはHappy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 日本語配列/白。

キーボードに関心を持ったきっかけ

遡ること二年くらい前に仕事関係のエンジニアに秋葉原にあるキーボード専門ショップに連れて行かれたことから始まっている。たまたまそのエンジニアが商談の帰りに、現在は自作キーボードのメッカになったオープンしたての遊舎工房に行きたいと言い出し、着いていった。この頃から自作キーボードがブームになり始めていたように思う。

その時は「キーボードごときに何をこんなに金を使うのか…」と思っていた。

そして時は流れコロナ禍でテレワークが始まる。ニトリで買った980円のパイプ椅子に座り、携帯片手に顧客対応。そんな中会社から支給されていたロジクールのキーボードとマウスの調子がおかしくなる。マウスは樹脂がえぐれて誤動作するし、キーボードは4,5個キーが効かなくなってしまった。

しかもデスクではなく、クローゼットで仕事をするようになり、スペースもあまり取れない。仕事用のSurface BookとMacBook Proの場所を入れ替えるのもめんどくさくなり、2台以上をBruetoothで切り替えできるキーボードが欲しいなと思っていた。

ちょうどMX Anywhere3 も発売が発表され、そろそろ機材も一新するかーという気持ちにもなっていた。その時、2018年のキーボード専門ショップに行ったことが記憶に蘇り、「あぁキーボードもちょっとええやつ買おうかな」という気分になってしまった。

当初はkeychronで検討

最初はロジクールのお高めのやつでも買おうかと思っていたが、Gizmodeでkeychronが紹介されている記事を見て、「おお、これ良さそう」と目をつけていた。実際カートに入れて買う寸前まで行ったが、どうしても気になったのが今回購入したHHKBである。いろんな記事にちょくちょく名前がでており、評判が良さそうだった。

しかしまず35,200円(税込み)というぶっ飛んだ価格。さすがに高すぎる。どんなにいい物でもこんな高いのはちょっとなぁ…、さすがに無理やな…というのが印象だった。

そんな決めきれない気持ちを抱えつつ、一回メカニカルキーボードの打ち味を試してみようと、秋葉原のヨドバシに向かった。keychronはメカニカルキーボードでスイッチの軸を選択することができる。ヨドバシ秋葉原の2階には色々なキーボードが展示されているのでメカニカルキーボードがどんな感じかも触れるだろうという思惑だった。

赤軸、茶軸、青軸、とkeychronで選択できる軸のキーボードもちゃんと展示されていた。しかし…うーん、どうもいまいちしっくりこない。メカニカルキーボードってこんなもんなんか…やっぱ買うのやめようかな、とその時は思ってしまった。

そして何気に展示されていた東プレのREALFORCEというキーボードを触ってみた。

…なんやこれ…

これはちょっとやばい。最高に打ち心地が良すぎる。説明を見てみると静電容量無接点と書いてある。なるほど…これはメカニカルと違う方式なのか…。

HHKB、ついに購入

そんな感じでこの静電容量無接点方式の打ち心地に惚れてしまった。家に帰って調べてみるとREALFORCEを作っている東プレはHHKBにOEM提供しているとのこと。しかもREALFORCEはBruetoothに対応していないがHHKBは対応しており、複数台のPCの切り替えもできる…

これは買うしかない。一気にkeychronからHHKBを買う流れに覆ってしまった。

そんなときにちょうどタイミング良く超PayPay祭りが決まり、無事購入というのが経緯である。前置きが長くなってしまったが実際届いて使ってみたところの感想。

Logicool MX Anywhere3とも見た目の相性良い

良い点

  • とにかく脳みそがとろけるほどの打感で打っていて最高に気持ちが良い
  • Bruetoothの切り替えでWindows,macOS,iPadOSの切り替えが縦横無尽(MX Anywhere3と同じ)
  • 日本語配列版はちゃんと矢印キーもあるので入力には問題なし(USは絶対大変そうだからやめた)

気になった点

  • 想像通りやっぱりパームレストは必要(背が高い)
  • macOSのみ最初の設定はうまくいかなった(どうがんばってもうまくいかなかったのでこのページを参考にさせてもらった)
  • 配列がやっぱり特殊、キーマップは変更したほうが使いやすい

とにかく打感がやばい。これに慣れると他のキーボードを使えなくなるというのは少しわかる気がする。MX Anywhere3の時も思ったが、複数デバイス・OSのデバイスを使う人間にとって、入力装置が一台で切り替えして使えるというのはかなり便利である。特にiPadOSでもキーボードが接続できるようになったり、最近はデバイスの多様化が激しい。入力装置はこれ一本というのが決まると余計なものを用意しなくてよくなるというメリットも大きい。

このキーボードは10年位余裕で使えそうなので使い倒していきたいと思う。


広告

テレワークにおすすめのステイホームWiFi

WXR-2533DHP2で簡易NASにチャレンジ

現在自宅の機材まわりを色々と見直している。残念ながら結局うまく行かなかったが備忘のため記録してみる。

今年の春からテレワークで自宅にいるようになり、無線Wi-fiを新調した。

WXR-25533DHP2購入

それまではAppleのTime Capsule 2TB(2011)からWi-fiを飛ばしていたのだが、リビングから離れている寝室の電波が良くなかった。嫁が寝室でテレワークするようになったが「速度が遅い」とキレるのでBUFFALOのWXR-2533DHP2を買ってみた。

たしかにTime Capsuleは購入から約9年経っているが、特に問題なく通信もバックアップも行ってくれた。はっきり言って故障も無くよくここまで持ったなという印象である。

しかし新しい通信規格も出ておりデバイス側も新しい規格に対応したりと進化しているので、まぁ恩恵を受けるであればそれなりに新しい無線機に買い替えるのもアリかな、ということで新調。

結果からいうとあまり速度変わらず。安定性は若干上がったような気がするが、そもそもマンションに来ている大元の回線が混んでいるのだろう…プロバイダも聞いたことないようなところやったし…無料なのでから仕方ない。

ということでTime Capsuleはお蔵入りになり、メイン機をWXR-2533DHP2に変えて半年ほど経ちテレワークも常態化していった。

Appleシリコン搭載のMac mini発表

そんなこんなで先週Appleシリコン機が発表された。現行機を凌ぐベンチマーク。メイン機のMacBook Pro Late2013はおそらくBigSurの次は対応してくれるか微妙なので、真剣に次どうするか買い替えを検討していたところにこの発表がきた。その中でもMac miniがほしい。最近モバイルはiPad Proに任せて自宅ではでかいディスプレイで作業するのが良いよ思い始めている。実機が販売されてから決めたいと思うが将来を見据えて、今のうちに機器構成を真剣に見直すことにした。

一番の目的は外付けHDDのNAS化。

今使っているMacBook Proは内蔵SSDが512GBである。基本的にクラウドにデータを置くのは怖いので、全部手元においておきたい。最近こそApple Musicで音楽データを増えることはなくなったが、写真データは結構ある。もちろんiCloudは使っていない。

しかもBootCampで120GBWindowsに割当しているので、Macで使えるのは350GBちょいしかない。そのためデータを外付けHDDをに移すのは必然だったが、毎回USB指してデータ移して外してがめんどくさくなってきた。新型Mac miniも標準は256GBか512GB。ストレージ状況は今と変わらない。

そんなわけで買い替えを行ったWXR-2533DHP2と外付けHDDでNAS化してみようというのが今回のチャレンジ。ついでにお蔵入りになっていたTime Capsuleも使えないか検証。

手元にはLacieの4TBの外付けHDDとウエスタンデジタルの3TBのモバイル用外付けHDDがある。今回はLacieの4TBを一個フォーマットして使ってみることにした。

  1. WXR-2533DHP2にLacie 4TBを差し簡易NASにする
  2. LANでTime Capsuleを繋ぎブリッジモードでTime Machineを切ってNASとして使う
構成図 

しかしフォーマットに関して色々調べてみると難がありそうなことがわかってきた。そもそもバッファローの簡易NASはexFATに対応していない。FAT32かXFSが主らしいが、WXR-2533DHP2はXFSに対応していないので必然的にFAT32を選ぶしかなくなる。

FAT32は1ファイル4GBやら2TB以上の容量は駄目とか色々と問題がありそうだったが、とりあえず一回ラシーを繋いで、FAT32でフォーマットしアクセスできるのか試してみた。

システム環境設定→共有から設定できる
接続に成功するとデスクトップからディスクが見える

IP打たなくてもファイル共有の設定で簡単にアクセスできるようになった。ファイルを送信してみると…おっそい。ファイルを複数同時に送信するとエラーが出る。これはちょっと話にならない…

5GBのファイル送信すると20分くらいかかる

写真のライブラリはそのまま送信できたのだが、500GB送信するのに18時間かかった。一応Mac側からライブラリも開くことができたが、さすがに遅すぎて話にならない。

そんなわけで①を諦め②を実行してみた。

もう使いみちのないTime Capsuleにせめてもの花道を…と実際やってみたが、こいつも速度がおそすぎて話にならない。Time Machineのバックアップは夜中とかに勝手にやってくれるのは便利だが、NASのようにリアルタイムにポンポンファイルコピーしたりするのは全然駄目。当たり前といえば当たり前だが当然に結果になってしまった。

一通り結論が出たところで新しいMac mini買うときはストレージを2TBにして、外付けHDDは直挿しでいいや、と思った週末だった。やっぱ簡易NASではなく、ちゃんとしたMac対応の専用機買わないと厳しい。


広告

テレワークにおすすめのステイホームWiFi

最高の小型マウス:ロジクール MX Anywhere 3

ロジクール MX Anywhere 3を購入した。

このご時世なので最近ほぼテレワークで、基本家で仕事している。家で仕事しているとインターネット回線速度やデュアルモニターやWeb会議用のヘッドセットや…椅子や机など、色々とデスク・ガジェット周りを整備したくなってくるが、今回はマウスを新調。マウス単体を自費で購入するのは初めてかもしれない。

会社からロジクールのM950が支給されていた。このマウスは結構名機で、2018年に復刻版も発売されている。しかし経年劣化でシリコン部分が剥がれてきており、そろそろ買い替えかと思っていたところにMX Anywhere 3の発表があった。

購入意欲を掻き立てられたポイント

  • Windows、Mac、iPadの3種類で使える
  • 小型な上USB-タイプCで充電可能
  • MagSpeed電磁気スクロール搭載

一番の魅力は、Windows、Mac、iPadの3種類で使えるところである。仕事ではSurface Book(初代)、私用ではMacBook Pro Late 2013、iPad Pro 2020と3種類のデバイスを使っている。これを一つのマウスに纏められるのは結構大きい利点である。

購入するまではMagic Mouse(初代)とM950がマウスパッドに2台並んでおり、邪魔だった。iPad Proでマウスを使うことはあまりないが、Magic Keyboardのトラックパッド以外でも入力できるというのは心強い。

二番目はUSB-タイプCでの充電。さすがにもうそろそろiPhone以外の給電はUSB−タイプCで統一したい。M950はマイクロUSB端子だったのでこれでまた一台、タイプCに切り替えできた。

最後のMagSpeed電磁気スクロールは低速でスクロールするとラチェットモードでカチカチと回るが、高速でスクロールするとフリースピンになるという機構。正直説明だけではまったくわからないが、スチールホイールで見た目もかっこいいし、最新の技術が投入されている感が堪らない。

そんな感じで祝日に秋葉原のビックカメラまで電車に揺られて行ってきた。色は非常に迷ったがブラックが売り切れていたのでホワイトを購入。

for Macにすべきか

MX Anywhereには「for Mac」というバージョンがある。公式サイトには「MacとiPad上でシームレスに動作するように設計された…」と書いてあるが、for Macの動作環境にはWindowsが入っていない。Macユーザーとしてはfor Macを買いたいところであったが、Windowsでも使えるように通常版を購入した。

スチールホイール

見た目はコンパクトでかなりかっこいい。質感もしっとりしているが、スチールホイールが高級感をだしており引き締まって見える。

裏面にあるボタンでデバイスを簡単に切り替え

WindowsにはUnifyingドングルを1番でつなぐ。2番と3番はBluetoothでMacとiPadにつなぐように設定した。驚いたのは接続先のデバイスをポンポンと切り替えてもちゃんと途切れることなくつながる。WindowsもMacもiPadも縦横無尽に切り替えられ、非常に安定しているように感じた。

気になった点

  • 水平スクロールが面倒
  • Macの設定はちょっと追い込む必要あり

最初触っているときにスクロールを倒しても横スクロールを全然しなかったので「おかしいな、設定の問題か」と思っていると、そもそもホイール単体での横スクロールに対応していなかった。スクロールはサイドのボタンを押しながらホイールを回すという仕様。これは少し使いにくい。

またMacでは、今までMagic Mouseに慣れすぎたせいでちょっと設定に戸惑った。Mission Controlとスワイプでアプリの切り替えを多用していたのでカスタムした。まずアプリケーション固有の設定は外したほうが良いと思う。全画面にするとMission Controlが機能しない。

Magic Mouseに近づけるLogi Optionsの設定

Magic Mouseに近い設定にするには、Logi Optionsでジェスチャーの割当をカスタマイズする。

アプリケーション固有の設定を外す
ジェスチャーボタンを設定する
カスタムする
ジェスチャーにはMission Control ←と→にはそれぞれデスクトップを割り当て

これである程度Magic Mouseに近い…設定になるのではないかと思う。

次はHHBKのキーボードを買いたい。静電容量無接点方式のキーボード入力がめちゃくちゃ気持ちよさそうなので使ってみたい…

テレワークの快適性を求めると、金がかる…


広告