SONY WF-1000XM3のイヤーピースをSednaEarfit XELASTECに換えてみよう

3年前、iPhoneX購入とほぼ同時にSONYのWF-1000Xを買って、完全ワイヤレスイヤフォンに移行した。今考えるとWF−1000Xの音質は良くなかった…それでも完全ワイヤレスイヤフォンという新しいジャンルを開拓した一機種なのは間違いない。その後2019年に発売された後継機のWF-1000XM3の音質向上は衝撃で、ビックカメラで視聴後、即購入し乗り換えた。

その後AirPods Proも発売され、完全ワイヤレスイヤフォンはどんどん進化と成熟をすすめているが、先日初めてイヤーピースを換えてみたので書いてみることにした。

トリプルコンフォートの不満

SONYのWF-1000XM3にはトリプルコンフォート、ハイブリッドイヤーピースの2種類が付属している。WF-1000Xの頃からずっとトリプルコンフォートを使ってきた。なぜなら触り心地とか感触が割と気に入っていたから。また音質的にも特に問題なかった。

しかし使っているとだんだんデメリットも出てくる。まず一つは耳からずり落ちそうになってきたこと。特に歩いたり軽く走ったりすると、たまにぽろっと落ちそうになり非常に怖い。

またトリプルコンフォートは気泡シリコンゴムを採用しており、微細な穴が空いているせいか、汚れがつきやすい。黒ならあまり気にならないかもしれないが、シャンパンゴールドのイヤーピースはだんだんと黄ばんだような色がついてしまう。丸洗いできるのだが、洗ってもだんだん黄ばみが取れなくなってしまい、ほっとくとひどいことになる。

最初につけていたLサイズのイヤーピース。放っておくと黄ばみがひどい…汚くてお見苦しい…

SednaEarfit XELASTECを見つける

買い換えるにしても色も黒しかないのでどうせなら違うイヤーピースにしてみようというので色々調べてみると、良さそうなイヤーピースが見つかった。それが「SednaEarfit XELASTEC」である。

代理店である株式会社アユートのページには「熱によって変形する独KRAIBURG TPE社製高品質TPE(熱可塑性エラストマー)採用」という唆るフレーズある。要は体温で軟化し耳の中でピッタリフィットするということらしい。うーん、ガジェット好きが好きそうなワードが並んでいる。素晴らしい。

サイズも細かく分かれており、SS、S、MS、M、ML、L、と6種類もある。

装着してみる

実際に装着してみると確かに驚くほど、フィットする。内耳にベタっと張り付く感じでフィット感が増したせいかノイズキャンセルの効きも良くなっているように感じた。

透明なのでシャンパンゴールドにも合う

今回、アマゾンでMS(11.9mm)、M(12.6mm)、ML(13.3mm)のパックを買ったが、全部のサイズを試すと、自分はMLが良さそうだった。SS(10.4mm)、S(11.2mm)、MSのパックや、M、ML、L(14mm)のパックもあるので1回目はパックを買って自分に合ったサイズを試して見るのが良いと思う。これだけサイズを刻んでいると、MではゆるいけどLでは大きすぎる、という人もよりフィットするサイズを探せると思う。

3種類のサイズがパックになったものを購入してサイズ合わせ

SednaEarfit XELASTECの気になる点

一方気になる点はやはり耳垢が吸着しやすい点。これは色々なレビューでも書かれていたし承知していたが、内耳にピタッと張り付くのと、素材の性質のせいか耳垢が非常に吸着しやすい。しかし色々は透明でトリプルコンフォートのように色移りするわけではなさそうなのが良いところ。水洗いするとすぐとれて綺麗になる。イヤーピースを変えるとケースに収まらないこともあるらしいが、ちゃんとWF-1000XM3のケースにもちゃんと収まるので全く問題なし。

フィット感に不満を持っているWF-1000XM3ユーザーは「SednaEarfit XELASTEC」を一度試して欲しい。その価値はあると思う。

AirPods Pro用も発売されているので、そちらの愛用者も試す価値あり。正直AiPods Proもいつか欲しいなと思っているが、通勤もなくなり移動中に音楽を聴く機会も少なくなったので、優先度は下がっている。

来年iPhoneとApple Watchを買い替えたいと思っているのでその時に合わせて検討するか…

広告