THE MATSURI SESSION@日比谷野外音楽堂 2017/05/06(土)

もう随分前かとおもったが調べてみるとまだ一ヶ月ほど前、初めての日比谷野外音楽堂にてTHE MATSURI SESSIONに行ってきた。会社から歩いてすぐなのだが、初めて行った。出演者は、吉田一郎不可触世界 / ZAZEN BOYS / LEO IMAI(LEO今井 岡村夏彦 シゲクニ 白根賢一) / KIMONOS / 向井秀徳アコースティック&エレクトリック、ともう垂涎。垂涎である。向井ファン垂涎。

よだれダラダラで会場に向かう当日。なにわのゲイ疑惑、K氏より向かっているとの報告が。これで役者は揃う。

というわけでさっさと並んで限定Tシャツを購入し、着席。各演者、バンドともに結構巻きで演奏を進めていた。正直「え、こんだけ?」という位である。

個人的には向井秀徳アコエレでナンバーガール時代の名曲、「ZEGEN VS UNDERCOVER」をやってくれたのが良かった。お陰でそのあと一週間位ナンバーガールを聞きまくってしまった。ヤバイ、バリヤバイ。

最後はみんなでKIMOCHIを合唱して、終了。

そのままK氏を新橋まで送り帰路につく。K氏にもらったチーズケーキを片手に。

吉田一郎不可触世界
1 ピザトースト
2 法螺

ZAZEN BOYS
1 Fender Telecaster
2 Fureai
3 Usodarake
4 Cold Beat
5 破裂音の朝
6 Suger Man

LEO IMAI
1 Tabula Rasa
2 Metro
3 Omen Man
4 Furaibo
5 Tokyo Lights

吉田一郎不可触世界
1 暗渠

KIMONOS
1 No Modern Animal
2 Soundtrack To Muder
3 Miss
4 Fruity Night
5 Yureru

向井秀徳アコ―スティック&エレクトリック
1 NEKO ODORI
2 6本の狂ったハガネの振動
3 SAKANA
4 ZEGEN VS UNDERCOVER
5 Trampoline Girl
6 天国
7 赤とんぼ
8 はあとぶれいく
9 KIMOCHI

そして次の日に向井先生が下北沢で弾き語りをしていたという情報がTwitterに流れており、羨ましすぎた。流石東京。