愛なき森で叫べ

愛なき森で叫べを見た。

確かちょうどエルカミーノと同じ日に配信されていたはず。椎名桔平と全裸監督で良い演技してた満島真之介が出ているということで、エルカミーノ見る前にちょっと見ていたが、最初の10分位で拒否反応が出て1回見るのをやめた。



園子温監督の作品は全然見たことない。確かTOKYO TRIBEは窪塚洋介出てたので見た記憶がある。名前はよく聞くけど…というレベル。

なんやろう、この鳥肌の立つような気持ち悪い演出?セリフまわし?喋り方?ようわからん。小学生の劇みたいな喋り方やな…と思ったのは自分だけなのだろうか。これがいいの?

椎名桔平はサイコパス役すごい合う。眼が笑ってない。ドブ川のように濁っているゴミクズペテン師を見事に演じている。こういう感じで主導権握っていく人間関係の築き方するやついるわなぁ、と思う位にナチュラルにサイコパスな感じがたまらん。

有名な北九州監禁殺人事件を下敷きにしているが、実際はあくまで演出の一つとして取り込まれている。宣伝でこれいうのあかんよなぁ。実際全然ちゃうやん。

ストリーテラーであるシン(満島真之介)が最終的に物語の重要なキーになるわけだが、当初童貞として登場したシンが現役バリバリのヤリチンで、散々女食い散らかしているヤリチン詐欺師の村田(椎名桔平)が結局何もできない童貞であるという強烈な対比を残して締める最後が面白い。

ジェイ役の人(YOUNG DAIS)なんかラッパーぽい喋り方やなと思ってたらほんまもんのラッパーで驚いた。