スタートアップ シーズン1 (Start Up Season1)

スタートアップ シーズン1を見た。

マーティン・フリーマンといえば自分はやっぱ「ファーゴ シーズン1」だが、今回はサイコなFBI捜査官役。で肝心の主人公三人はアダム・ブロディ演じるニック・タルマン、オマラ・マレーロ演じる天才プログラマー(?)イジー・モラレス、そしてブラックリストのソロモン役で注目していた黒人俳優エディ・ガテギ演じるロナルド・デイシー。久々のAmazon Prime Videoである。



前半はすごいおもしろい。イジーが開発した暗号通貨「ジェンコイン」を巡ってあーでもないこーでもないと言いながらなんとか目の前の危機を逃れるために解決方法を探っていくのだが、ようやく8話目のロナルドの演説が刺さる。

終始三人の中では冷静かつ先を読んだ行動ができる男、ロナルド・デイシー。エディ・カテギかっこええねん。2017年仮想通貨を買った自分としては面白い題材でもあった。

ただ最後の2話が「えぇええええ…」という感じでいままでの努力なんやったんやろうという虚無感のままシーズン1終了。冷静に思い返してみると割とリアリティがないというか、このドラマの世界に警官はいないのか、マイアミは無法地帯なのかという違和感を感じる。イジーも結構プッツン系やし、三人とも割と自業自得で泥沼にハマっている感が否めない。

やはりこういうドラマは毎話毎話ピンチ→解決→ピンチというサイクルでデジャブ感が拭えない。

シーズン1は暗号通貨、シーズン2はダークウェブ、シーズン3はなんだろうか?とりあえず見進めてことにする。


広告