ナルコス シーズン1 (NARCOS Season1)

Netflixが一ヶ月無料ということでナルコスを観た。はじめての動画配信契約。

そういえば海外ドラマって初めて観たなあと思いつつ、3日ほどであっという間にエピソード10までみてしまった。

展開もサクサク進むし、演出もクオリティ高い。

事実を基にしているということで、同時の映像も交えつつ、アメリカでどうやってコカインが氾濫していったのか、コロンビアの情勢もわかりやすく描かれている。

非常におすすめ。

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション (Mission: Impossible – Rogue Nation)

今回は4DXでミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションを見る。

初体験4DXだったが、想像以上に座席が動きまくる。水も出る。風も吹く。

前のおっさんの頭が座席に揺られてガクガクなってるせいで全然内容に集中できない。しっかり見たい場合にはあまりおすすめできない4DX。

内容は、まぁいつも通りのミッション・インポッシブル。トム相変わらずかっこいいね。

DIY Leather 005 (MacBook Pro用ホースレザーケース製作)

MacBook ProのHorse Leather Caseが完成。

意外と早くケースが完成してしまった。深夜に穴あけ作業ができないので、どうしようかと調べていると、菱目パンチなるものがあると知る。これがまた高いのであるが、さっさと仕上げたい&近所迷惑すぎるということで購入。

これ刃が変えられる仕様になっていればいいのに、完全ベタ付である。刃だけ変えられたら色々使いみち増えそうやのに。ボッタクリ工具じゃないだろうかと思う。しかしおかげでサクサク作業が進むので、まぁ…買ってよかったのか…

今回使う糸が細く、すぐ切れそうな懸念があったので、革の表面を削って溝を作るステッチンググルーパーも購入。プロ用もあったけど結局安いやつにした。

シンプルなデザインなので、得に問題なし。コバの処理もさっさと終わらせた。菱目パンチのお陰か、穴も綺麗にあいて縫い目も結構綺麗。我ながら中々のクオリティである。

15インチ用なのでとりあえず大きい。このホースレザーとにかく分厚いので、さらに大きく見える。後は表面にオイルを塗るか迷い中。このまま何も付けずエイジングしていっても良いのだが…

まぁなんにしても中々いいものができたので満足。

DIY Leather 004 (MacBook Pro用ホースレザーケース製作)

久々に革を買いに秋葉原から浅草橋へ。最近また革熱が復活してきたので、この勢いでいくつか作りたい。まずはやはりヌメ革を見る。ZIPPOケースと扇子入れでも作ろうかと店内を漁る。

そんな中ふと目に止まるタンニンなめしのホースレザー。

に、「コードバンの部位」とタグに記載。

コードバンと言えば「革の王様」である。

そういえばMac Book Proのレザーケースを作ろうと思っていた。少し値は張るが、この渋いホースレザーで作ろうと決意。残念ながらホースレザーはカット売りしていないらしいので、Mac Book Proのケースが作れるサイズの大きめのものを購入。

店のおばちゃんも「これいいよ」と太鼓判。

とりあえず裏を磨く。ひたすら磨く。なにわの金玉袋、K氏と電話をしながらとりあえず切り出し。(後で知ったのだが、コードバンとは床面(裏側)らしいのである。これにはびっくりした)

しかしこのホースレザー、非常に分厚く3mm程ある。試しに切れ端を二枚重ねにして菱目を打ってみたが、おもっくそ叩かないと貫通しない。

近所迷惑すぎるので、穴あけは来週に持ち越し。余った革でZIPPOケースと扇子入れを作成しよう。