iPhone X バッテリー交換

11月末iPhone Xのバッテリー交換を行った。

ちょうどiPhone X購入から約一年。バッテリーの減りが結構早くなってきた。バッテリーの状態を確認すると最大容量86%…同じ日に買った嫁のiPhone Xはまだ95%。



いくらなんでも劣化スピード早すぎちゃうんかい…3GS以来2年おきにiPhoneを買い替えているが、最近の端末代の高騰もあり、iPhone Xはもしかすると2年以上使うかもしれない…と考える中でさすがに1年で86%まで落ちるのはきつい。

今年中にバッテリー交換が3,200円(税抜き)というのは知っていたので、バッテリー交換を申し込んでみた。

交換には持ち込みと送付して修理の2択がある。当然代替機も用意できないので持ち込み修理で検討。大体2時間くらいで修理できる。

この持ち込み修理がまた大変で、基本的に夜申し込みサイトをみても一切空きがない。ネットで調べると朝が狙い目ということで、土曜日AM10時申し込みサイトに張り付く。ちらほらと空きが表示されるが一瞬で埋まっていく。

結局一回次の日の池袋を申し込んだのだが、届いた確認メールを確認して、変なとこを触っていたのか、キャンセルされてしまっていた。愕然としながらもう一度申し込みサイトを開くがもう空きはなかった。そして次の日また10時からサイトに張り付くと、翌週のアップルストア銀座の予約がとれた。やっぱり朝確認するのが正解。

当日行ってみるとさすがはザギンのアップルストア。おそらく予約なしの持ち込みであろう40人くらい?の長蛇の列…自分は申込みに成功していたので、すぐ案内された。それでも説明を受けるまでに20分くらい待ったが、手続き事態は割とサクッと終わった。

横にいるおっさんがAppleIDを忘れてしまったのか、ずっと頭抱えて悩んでいた。店員さんも呆れていたが何も言えず。ID忘れるとか信じられないが、こういうの多いのかなと思う。修理に来てAppleID忘れましたとか、何しにきたんと言う感じだが、やはり客先の年配の人や自分の親なんかも同じような感じやろなぁと思う。

店員の言う通り2時間で交換を済ませてApplePayで支払いをサクッとすませて帰路につく。とりあえず年越し前になんとかできてよかった。