ホワイトパウダー (Fariña)

ホワイトパウダーを見た。

スペイン版ナルコスという感じで、こちらも実在の人物シト・ミニャンコがタバコの密輸、コカインの運び屋、そして転落していく流れを描く。



まず、このシト・ミニャンコ。イケメンである。最初はミニャンコ頑張れ〜って感じ。基本的には「いいヤツ」として描かれる。そしてシト・ミニャンコとコロンビアの売人を繋げるカミラちゃん。まじ美人。エロすぎる。

しかしパブロ・エスコバル時代のコロンビアの売人というのは本当に影響ありまくりやったんやなぁ、とナルコスに続き関心。

その後なんやかんやタバコ密輸のボス、テリトのジジィから会合の主導権を握りのし上がっていくことに成功するミニャンコ。

こういうドラマで絶対いる視聴者がムカつくと思うキャラはチャーリーンとその息子次男のパキート。パキートまじ無能。特にクラブでラリって車で事故るシーンとか無能さ加減が半端ない。チャーリーンも瞬間湯沸器のプライドの塊のクソジジイである。コロンビアの売人の前で謝る姿は、スカッとするシーンである。

長ったらしいドラマではなくきっちり10話で終わるのでおすすめ。