アークテリクス アラキス:最高の普段履きアプローチシューズ

アークテリクス アラキス

アークテリクスのアラキスを買った。久々のアークテリクス。やっぱり最高。

絶妙なフィット感

包み込むようなフィット感

履いてみるとすっぽり包み込むようにピッタリフィットする感覚がたまらない。ネットの記事でワンサイズ大きめにするのが良いとあったが、その通りで普段履くスニーカーよりも大きめを選んだ方が良さそうである。

インソールもクッション性が高く長時間歩いていても疲れなさそうである。ジャンルはクライミングなどに使う「アプローチシューズ」ということもあり、スペックは高い。

シンプルだが洗練されたデザイン

金属のバックルで締める

アークテリクスはどの商品もデザイン性が高い。アラキスもシューレスかつバックルで締める仕組みになっており、スッキリしたフォルムでジーパンでも違和感のないデザイン。

履いてみるとシュッとしてかっこいい。

グリップ力と変形

ビブラムソール

アプローチシューズということもあり、ソールはビブラムのメガグリップが採用されている。グリップ力が高く滑りにくい。

踵が潰れるようになっている

また踵部分を踏んでスリッパ状態で履くこともできるのでキャンプでも活躍できそう。テントのちょっとした出入りの時にはスリッパ状態で使えるのは便利そうである。

防水性がないのは残念なポイント

非常に残念なのは防水性が無いということ。ゴアテックスではないのはもちろん、通気性良く作っているため、雨の日は履けないレベルのようである。ゴアテックスになると値段も上がるのでまぁ仕方ない。定価は18,700円(税込)。

何故アラキスを買ったのか

以前ハイパーハードボイルドグルメリポートのプロデューサー・著者の上出遼平氏がインタビューされていた記事でアークテリクスの「アラキス」が紹介されていた。

自分もアークテリクスが好きで、ハードシェル、短パン、登山靴はアークテリクスを持っている。特に登山靴のBora2 Mid GTXは2015年にアークテリクスが初めてフットウェアに進出したときに発表されたブーツで、インナーシェルが分離するという画期的な靴だった。

燕岳にて

当時雑誌で見て欲しくなり、原宿のアークテリクスの直営店まで行って買ったのを今でも覚えている。5万近くする高い靴だったが2020年現在でも問題なく現役で登山で活躍している。残念ながら廃盤になってしまったぽい。

そんな訳でアークテリクスのフットウェアの品質の高さはわかっていたが、この記事でみたアラキスは普段履きに良さそうだなと思っていた。デザインもシンプルでいい感じ。

ちょうど週末久々に秋葉原に行く用事があったので、実物を見てみようと思い神田のアークテリクス直営店へ行った。

コロナ禍でネット通販の比率が大分増えたが、こうやって店に行って実物に触れながらいいものを見つけるというのもたまにはいいものだと感じた。


広告

SCOTHCH GRAIN スコッチグレイン メンテナンス

明日から仕事が始まるので靴を磨く。

昨年11月の特別セールの時に修理に出したオデッサがやっと帰ってきた。予定では1月25日だったが約一ヶ月ほど早く修理が完了。このオデッサを買ったのがちょうど2017年の年明けだったので3年目に突入。まだまだ履けそうである。



中敷きも交換されており、かかとソールも新品に。

ハイシャインコートという鏡面磨きが簡単にできるポリッシュを使ってみたいなと思っているのだが、下地用のクリームや専用の油膜落としも買わないとダメぽいので、いまいち二の足を踏んでいる。今使っているポリッシュがなくなったら検討するか。

同じタイミングで買ったシャインオアレインⅣはゴムソールのせいか減りが少ないので、今年の後半まではなんとか持ちそう。しかし雨の日専用で履いているせいか革がだいぶへたっているような気がする。

他にも年末に買ったスエード靴用のブラシと防水スプレーを使って休日用のスエード靴をメンテナンス。


広告

SCOTHCH GRAIN スコッチグレイン 特別セール

今週スコッチグレインの特別セールが開催されたので行ってきた。

ちょうど木・金・土に開催されていたが仕事の関係で平日は行けなかったので、土曜日朝から有楽町へ移動。土日の東京は人多すぎる。



駅前の交流会館12Fに上がり会場へ。すでに人でいっぱいである。商品は結構残っていたように思うが、初日に行ってないのでよくわからん。

とりあえずお目当ての休日用のスエード靴を探す。(写真撮影時点ですでに5回程着用)全然残ってなかったがちょうどサイズ合うのが一足あったので購入。うーん、シュッとしたデザイン。最高。あと前から見たかった匠シリーズをチェック。

今回は修理の受付もやっていたので、オデッサを一足修理に出した。どちらにしても修理に出す分仕事用に一足必要なので匠シリーズのソールが黒じゃないやつを購入することにした。相変わらず良いフォルムである。こちらも履き込んで行きたい。

オデッサの修理はヒールと中敷きの補強で6,000円ちょっと。納期が1月25日と2ヶ月以上だった。まぁしゃあない。

客層もおっさんから若い人まで様々で盛り上がっていた。残念だったのはポイントが使えなかったこと。セールやししゃあないとはいえ、4,000ポイント以上あったので消費したかった…来年も行こうと思う。

REDECKER シューズブラシ&KENT 静電除去服ブラシ

靴用のブラシとスーツ用のブラシを買った。

靴もスーツも安物からそこそこの物を買い始めたのでメンテナンス用品も揃える。

レデッカーのブラシはでかいのでかなりブラッシングし易い。毛が抜けまくるのが難だが、ボンドつければマシになるということで蓋剥がしてボンド塗りまくったが、まだまだ抜ける。しばらくすると落ち着くみたいなので待ちたい。

ケントのスーツ用ブラシはいまいち効果がわからないが、数年後のことを見越しておくとちゃんとブラッシングしておいたほうが良さそう。


広告

SCOTHCH GRAIN スコッチグレイン オデッサ&シャインオアレインⅣ-002

スコッチグレインのオデッサとシャインオアレインⅣを買ってちょうど一年経った。

SCOTHCH GRAIN スコッチグレイン オデッサ&シャインオアレインⅣ

マルイの安靴ならとっくにボロボロになっているだろうが、ちゃんとメンテナンスしたこともあり、無事いい感じになった。10月頃にオデッサをもう一足買い足して現在三足のスコッチグレインで仕事をしている。

シャインオアレインⅣ (一年経過)

オデッサ (一年経過) 仕方ないがやっぱりトゥには小キズが…

2017年10月頃に買いましたオデッサ二足目。

オデッサのソールは結構減ったので、早々にメンテナンスに出そうかと思う。