アークテリクス ベータSL メンテナンス

アークテリクス ベータSLをメンテナンスした。

アークテリクス ベータSLを購入したのは2016年4月。3年半位ちゃんとメンテナンスしていなかった。購入からずっと普通の洗濯機で普通の衣料用洗剤で洗濯をしていた。



そんな感じで適当なメンテをしていたが、運良く登山でもキャンプでも雨に打たれることがなかった。しかしそんなベータSLのゴアテックス撥水力の低下が露見したのが7月に尾瀬に行ったとき。雨に打たれてもまったく弾かず雨が染み込みまくりひどい目にあった。これは登る山によっては命に関わるということで、ニクワックスを購入して一回メンテナンスしていた。

そのあと京都音博のナンバーガールの時、また大雨に打たれた。メンテナンスの効果が発揮できるか、と思っていたが残念ながら上記のメンテナンスの効果は微妙だった。撥水剤の漬け込みが足りなかったのだろうか。これはいかんということで、再度メンテナンスを実施。

まずはテックウォッシュ(緑色)で手洗い。シャワーの温度で丁寧に手で揉み洗いする。10分ほどほったらかしてすすぐ。

次にTX.ダイレクトWASH-IN(青色)をすりきり一杯バケツに投入して漬け込み。45分位漬け込んだあとすすいで乾燥機へ投入。

一時間乾燥機を回して完了。なんかしっとりしている気がする。

再メンテでどうなるかどこかで検証したい。


広告

ogawa グロッケ8+システムタープ連結&エクストレイル@大洗キャンプ場

キャンプへ。

この夏は鹿児島に長期滞在したり週末は天気悪かったりなんやかんやで時間が取れなかったが久々のキャンプへ。随分前に購入していたグロッケ8と連結できるogawaのシステムタープをようやく初張りしてみた。



台風19号のせいでお気に入りの巾着田の形状が変わってテント張るところが狭くなったり岩が上がってきているとのことだったので、悩んだ挙げ句、茨城県の大洗キャンプ場に突撃。ここは予約なしでいけるので決め手となった。近いし。予約ありだと正直きつい。土日だと予約が取れなかったり、キャンセルもできないので割と自由に行ける巾着田が早く復活してくれるとありがたい。

さらに今回は先日納車されたエクストレイルで出撃。家庭内抗争の末、紆余曲折あったが新車で購入。プロパイロット付きの4WD パールホワイト。実家が昔エクストレイルだったのだが、昔の形のほうが好み。だが乗っているとこの丸みのあるフォルムも良くなってきた。あとなんと言ってもプロパイロットがすごい。高速の運転楽過ぎて他の車乗れなくなりそう。久々にでかい車だが、乗りやすくて最高。

肝心のキャンプ場は思ったよりもコンパクトだが林間サイトで風もなくトイレも綺麗。この日はあまり人がいなかったので自由にテントを張れた。レビューにあった通り割と住宅街ど真ん中にある。カラスが結構いるので食べ物には気をつけないといけない。巾着田に慣れすぎたので金額がちょい高いなと思ったが、まぁこの規格ならこれくらいするわなぁ。

早速設営。このシステムタープはグロッケの入り口に直接連結できる。折りたたむとコンパクトで大きさも扱いやすいサイズ。しかし残念ながらポールがついていない。そのため、ポールはコールマンのヘキサライト2のポールをそのまま使用した。ポールの長さは220mmだが全く問題ない。色もグロッケの色にあっているのでOK。

今まで入り口のセンターにロープを張っていたのが無くなったおかげで、出入りがかなりしやすい。また見た目もかなり美しいので最高である。これはグロッケ持ってる人は絶対買うべきやなぁ。

昼飯を食ったあとはアクアワールド茨城県大洗水族館へ。大洗キャンプ場から車で10分位のところである。暇つぶしに…と思ったがこれが結構大人も楽しめるボリュームのある水族館だった。

いつも通りメスティンで米炊いて肉焼いて終了。そういえばスノーピークのオゼンライトも初使用。これは登山で使いたい。


広告

ogawa グロッケ8で平成ラストキャンプ@巾着田

平成最後のキャンプ。

K氏が東京にくるかとこないとか連絡があったが泣く泣く断り、春の巾着田へ。



前回はまだ工事中だったが川岸の修理が終わって景観も元通りになっていた。暖かくなってきたせいか人もめちゃくちゃ多い。12時ころに到着したが駐車場はほぼ満車。早速設営に入って昼飯を食う。散歩すると菜の花が咲いている。

相変わらずグロッケ8はかっこいいシェイプである。今回はコットを導入した。半年間ためたアマゾンポイントを開放しネイチャーハイクのコットを2台購入。巾着田はでかい石が多いためマット敷いてもかなり痛い。コットのおかげで寝心地がだいぶ改善された。

設営しているとすぐ真横に新しい家族がテントを設営し始める。近すぎる。こいつら距離感というものがつかめないのか…と精神を疑うが、いかんせんここは無料キャンプ場。これもまたしゃあない。今回は一番人が多いところにテントを張ってしまったのが失敗。

しかし結局夜は遅くまで音楽鳴らすおっさんグループや、ギャン泣きする子供をほったらかしてバカ騒ぎしている大所帯のグループや、夜中の12時過ぎてテント設営でペグ打ちの音を響かすアホカップルなどで民度の低さが拭えない。キャンプするなら最低限のマナーくらい守ったほうがええのではないか。としみじみ感じた一日。

帰りはオープン2日目、話題のアルペンアウトドアーズ柏に寄ってきた。


広告

ogawa グロッケ8でキャンプ@森のまきばオートキャンプ場

花粉で死にそうになりながら今年2回めのキャンプに行ってきた。千葉のふもとっぱらと呼ばれる森のまきばオートキャンプ場へ。

前と同じく小川の新作テント、グロッケ8で出撃。強風が吹く中サクッと設営。二回目なので、割とスムーズに建てられた。



森のまきばは家から2時間かからないくらい。途中渋滞もあってスーパーなども寄ったので、ちょうど昼過ぎに着き昼飯を食う。千葉のふもとっぱら…とまではいかないが、芝生で地面柔らかいし、トイレも炊事場も綺麗。広いし家族連れも多いので、結構良かった。

スノーピークやテントマークが並ぶなかこのグロッケ8…我ながら割とかっこいい。被らないというところも評価。中は広いし立てやすいし、取り扱いやすい。

前回巾着田に行ったとき、コールマンのランタン(ノーススター2500)が故障した…イグナイターが壊れたのか何回カチカチやってもつかない…買って4回くらいしか使用していないので非常に残念であったが、コールマン流山店に持ち込んで修理した。修理明け一発目のキャンプなので、点灯するかドキドキものである。

強風が吹きまくっていたので少し離れたところで焚き火をする。

修理から帰ってきたコールマンのランタンも無事点灯。やはり明るい。

しかし夜は風が吹きまくってうるさすぎて、まったく寝られず…ワンポールテントはやはり風が吹くとなかなかつらいものがある。そんなこんなで朝食をとりまったりしていると…

グロッケのロープ張るとこ破れてる…(写真はとらなかったが)いくら風強かったとはいえ、買って2回めで破れたらあかんやろ…と嫁と二人でショックを受けた…が、レンタカーの時間が夜まであったので、柏の葉キャンパスのGRAND lodge 柏の葉へ…とりあえず一時預かりとなった。最近機材の修理が続き、若干運の無さが心配である。


広告

ogawa 新作テント グロッケ8で冬キャンプ@巾着田

2019年一発目のキャンプ。2018年もちょいちょい行っていたが今年から記録のためにちゃんと書こうと思う。

去年から欲しいと思っていたogawaのグロッケというテントがあるのだが、2019年の新作で軽量版(8)が販売された。早速嫁が予約をしていた。



2月中旬に届く予定だったが、それよりも早めに先週の3連休中に到着したので、早速埼玉県の無料キャンプ場「巾着田」へ初張りに。巾着田は最近気に入っているキャンプ場で、駐車場代だけで入れる上トイレが綺麗という最高の場所である。GWには恐ろしいほど満員になるらしい。先週の3連休関東は寒波でくそ寒かったがそれでも30張くらいはテントが立っていた。

今まではスノーピークのアメニティドームSを使っていたが、如何せん狭い。まぁ最低限寝るには越したことはないが、あまり快適性がないので、背の高いテントが欲しかった。

そこで昨年糞暑い中テントの展示会に行って実際に良さげなものがないか偵察。その時に見たグロッケ12/TCが非常に良く二人とも気に入った。しかしTC素材ということで死ぬほど重い。雨にも強くない。悩ましい。という話をうだうだしていると、年明けにリップトップ素材のグロッケ8が出るということで購入に至った。

実際スノーピークアメニティドームSからのランクアップのため、まったく不満がない。立ち上がりのおかげで175cmの自分が中で立っても圧迫感なし。中に二人寝てヘリノックスの椅子2つと荷物、さらにコールマンのテーブルを入れることもできる余裕があった。

見た目もベル型で珍しいし色味もかっこいい。最高のテントである。グロッケ8と接続できるタープも今回発売されたので、今後の使用感次第で購入したい。

夜寒すぎたので、帰りにノースフェイスのヌプシブーティを購入。セールで30%引き。前ダウン買ったときもそうだったが冬物のアウトドア製品は定価が高い分セール値引きの威力がすごい。

とりあえず寒いうちにあと2回くらい出撃したい。


広告