エクストレイルでAmazon Fire TVを活用してみた

2018年にAmazon Fire TVを買って以来、我が家でのテレビ視聴スタイルが大きく変わった。

今までは地上波しか見ていなかったが、Fire TV導入後、テレビ視聴時間の3分の2位はYouTubeかNetflix、Amazon Prime Videoに当てられるようになった。おそらくここ数年で買った1万以下のガジェットの中でダントツに高い活用比率であると言っても間違いない。



それほどFire TVヘビーユーザーの我が家だったが、昨年秋に購入したエクストレイルで出かけることが多くなった。特に年末年始は車で帰省したため、行きも帰りも12時間位かかった。

エクストレイルには日産純正のクッソ高いカーナビが積んであるので、ワンセグでテレビが見えるのだが、正月のテレビはいまいちおもしろくない。あとトンネルに入ると電波を受信しないため、頻繁に止まってストレスだった。

そこで嫁と話し合いカーナビにFire TVをつなげられないかと調べてみた。

まずカーナビにHDMI接続できるようにする。嫁の弟がやってくれたので、どういう作業だったのかよくわからないが、とりあえずHDMIケーブルが接続できるようになったので、接続して、同じくカーナビにつながっているUSBケーブルからFire TVを給電すると…

給電はカーナビのUSBケーブルから取ってみた。

無事Fire TV起動し、表示した。

ちなみにこのFire TVは4K対応だが、カーナビのディスプレイの解像度がフルHDなので恩恵を受けない。Fire Stickの一番安いやつに切り替えても問題ないかも…

肝心のインターネット回線はどうするかというと、iPhoneのテザリングである。ソフトバンクのギガモンスターを契約しており、毎月通信容量は余っている状態なのである程度なら全然問題ない。

とりあえずカーナビにHDMI挿せる状態であればFire TVを稼働できることがわかったこれで長期のドライブも飽きずにできそうである。リモコンで操作できる点も良い。

結局Amazonで年末年始のセールがあったのでFire Stick 4Kを購入。Fire Stick 4Kはリモコンが音量変更可になっているため、リビングのFire TVと差し替えることした。Fire Stick 4KとFire TVだがリビングで使う分には正直あまり差はないように感じる。


広告

Xiaomi Mi Smart Band 4で睡眠トラッキングしてみた

年が明けてしまったが、昨年12/27にMi Band 4が届いた。

2018年の4月頃にApple Watch Series3を買ってからほぼほぼ毎日装着してきたが、12月頭位にMi Band4日本発売の記事が出始めて、物欲を刺激されいつの間にか予約していた。自分へのクリスマスプレゼントと言い聞かせていたが年末仕事がバタバタしていたため27日にようやくゲットしてこの年末年始いじってみた。



端末はXiaomiのアプリから設定するのだがめちゃくちゃ簡単に設定できる。自分の場合はiPhoneXだが、アプリ側でアカウントさえ作っておけば手間取ることはなかった。

何故Mi Bandに惹かれたかというと、Apple Watchとは違いアクティビティトラッカーとしての機能が高そうだったから。あと4,000円前後と値段が安い。

特に嫁や友人からも無呼吸症候群ちゃうんか、と言われるくらいいびきと呼吸の停止がひどいらしく(自身は自覚がない)睡眠の質が悪いので睡眠トラッキングをしたいなと思っていた。

Apple Watchでもやれないことはないが、いかんせん睡眠トラッキングをやるには充電の問題がある。Apple Watchは2日に一回は充電しないと持たない。この点Mi Bandの充電持ちは驚異的。レビュー通り電池も持ちがすごい。軽いのもあってかずっとつけていても苦にならない。

自動心拍数検出と睡眠アシスタントのオン、ディスプレイの明るさをMaxにして9日ずっとつけっぱなしにしても50%しか電池が減っていないので15日位は無充電でいけそう。

 

 

 

 

 

 

 

睡眠トラッキングのデータは上記のように表示され、入眠時間と起床時間は体感とあまり差がなかったように思うのでそこそこの精度がありそうである。あと浅い睡眠が多かった日はちゃんと寝れた気がしなかったので、そのあたりも当たってそうかなと思う。

地味に良いのが目覚まし機能。時間になるとバイブが結構な強さで震えるので、携帯の音を鳴らして起きるよりもビクッとせずに起きれる。

Mi Bandを買ってからというものApple Watchを全然つけなくなってしまったくらいにはあたりのデバイスである。しばらく使い込んで睡眠データを溜め込んでいきたいと思う。


広告

Amazonブラックフライデー&サイバーマンデーでAnker製品色々買ってみた

Amazonのブラックフライデーとサイバーマンデーで色々と買ってみた。

結論からいうと買ってよかった。なによりケーブル類を統一できたのがGood。

最近iQOSマルチとWF-1000XM3に変えてから手持ちのガジェットにUSB−Cの製品が増えた。モバイルバッテリーは2014年に買ったcheero Power Plus 3 13400mAhをずっと愛用していたが、LightningケーブルやらMicroUSBやらUSB-Cやらケーブルの付け替えがめちゃくちゃめんどくさい。あとやっぱり充電にも時間がかかる。



どうせiPhoneも来年あたりUSB−Cになるやろうし、そろそろ手持ちのモバイルバッテリーやらケーブル周りも買い替え時かなぁと思っていたらちょうどブラックフライデーとサイバーマンデーの時期になったので、充電とケーブル周りをAnker製品に切り替えることにした。将来的にはiPad Proも新型16インチMacBook Proも欲しいのだが、そっちの買い替えはいつできることやら…

左から今まで使っていたcheero Power Plus 3、新しく買ったAnker PowerCore 10000 PD、自分のiPhone X。PawoerCoreも結構ずっしり来る感じ。大きさはコンパクトになった。厚みもあまり変わらない。ブルーのLEDがちょいおしゃれ。

とりあえずモバイルバッテリーは定番のPowerCore 10000 PDにしたが、アダプタ、ケーブル周りもPD(パワーデリバリー)対応のもにしないと意味がないので買ってみた。発売当初から気になっていたGaN (窒化ガリウム)のUSB−CアダプタAnker PowerPort Atom III Slim、ついでにケーブルもPD(パワーデリバリー)対応のモノに…嫁の分も合わせて2個づつ購入。あとは先日納車されたエクストレイル車内用のカーチャージャー、こんな感じでケーブルを極力USB-CかLightningで統一してみた。

あとはMacBook Pro16インチ買ってiPad Pro買えば最高。とりあえずしばらくこのAnker商品達を外出先や出張時に使っていきたいと思う。


広告 実際に購入したもの一覧

SONY WF-1000XM3

WF-1000XM3を買った。

たしか第一報はGizmodeの記事だったか…これまた物欲センサーをビンビンに刺激する良いものが出たなぁという印象だった。ちょうど2017年の11月、iPhoneXを手にしたときからワイヤレスイヤフォンに移行したわけだが、それ以来有線のイヤフォンは煩わしく…NetflixもYoutubeもAmazon Prime Videoも音ズレないし…

しかし実際買うのもどうしようか…という感じ。価格も安いわけではないし、なにより前バージョンのWF-1000Xは一つ目をどこかで紛失し、2つ目は整備品を購入。快適に動いていたが、2ヶ月ほど前ポケットに入れたまま洗濯してしまい、3日ほど乾燥させてなんとか復活させたという状態だったので、完全に潰れるまで使い倒そうかと迷っていた。

とりあえず視聴くらいはしてみるかぁと思っていると、どこの量販店でも売り切れ続出。人間手に入らなくなると欲しくなるのが性である。2週間ほど量販店を巡ってみたが在庫がない。Webにもない。このあたりから死ぬほどほしくなってしまい、視聴目的から購入目的へ欲望がすり替わってしまう。

もっぱら秋葉原のヨドバシかビックカメラで在庫を見ていたが、ちょうどお盆に入る前、仕事の移動中に赤坂見附へ行った。地下鉄赤坂見附は駅の真上にビックカメラがあるのだが、立ち寄ってみるとオーディオコーナーのポップに「シルバーとブラック両方在庫あり」の文字が…奇跡。

早速店員さんに視聴させてもらい、5分後には購入していた。

前バージョンからの進化は色々あるが実際に使ってみてWF-1000Xから大きく進化したと感じたのはは3つ。

1.電池の持ちが6時間。東京→岡山(新幹線) 岡山→京都(高速バス)いずれも3時間以上かかる道のりだが、全然余裕。バッテリーの持ちがよくなったのは本当に大きい。まぁ買うきっかけになったのもここが一番大きいのだが…

2.接続の安定性向上。帰省ラッシュでごった返す東京駅や地下で試したが全く途切れない。確実にWF-1000Xよりも安定性は上がっている。今回から片方づつペアリングする仕様になったせいか右側だけ聞こえないというのがない。ただ新幹線の中で若干右側がぷつっと途切れることがあった。完璧ではないが確実に安定性は向上している。

3.音質向上。音質向上はあまり期待していなかったが、確実良くなっている。ノイズキャンセリングの効きも進化していると思う。まぁ良い音で聞くならPCにオーディオインターフェイス刺してヘッドフォンで聞けばいいので、あくまで移動しながら聞くという点においては全然問題ない。音質は解像度が上がって低音がちゃんと出ている。聴き比べてみると明らかに違う。

その他は収納がマグネット吸着になったのとiPhone⇔Mac間の切り替えがスムーズになったこと。地味に嬉しいポイントである。

今回もエンジニアリングの結晶やなぁ。本当に買ってよかったと思う商品。ケースが傷つきまくりそうなので、今回はシリコンコースを購入。


広告

MacBook Pro 2013 メンテナンス

Mac BookPro2013の掃除をした。

先日iMacの掃除をしたのだが、そういえばMacBook Proも掃除しといたほうがいいかなと思ってばらしてみた。実際にはiMacで使えたトルクネジはMBPでは使えなかったので、いつも通りAmazonで専用ドライバを購入。やっぱり専用品はちゃんとしているのでネジ穴なめたりというのもなかった。

で、さっそく開けてみると正直思ったよりもホコリは少なかった。しかしエアーダスターで吹くと黒いネジが一個吹っ飛んでいって真剣に焦る…どうやらファンの取付ネジが飛んだみたいで場所を見つけて締め直した。

そのうち取れていたかもしれないので、結果的にちゃんとばらしてよかった。どちらにせよ保証内ではできないので勉強になった。

広告