ダーク シーズン1 (DARK Season1)

ダーク シーズン1をみた。

エルカミーノも終わったしそろそろベター・コール・ソウルこんかなぁと思いつつ、次何見るか迷っていたところ、とりあえず前情報何も見ずにダークを視聴開始。ネットフリックスはいろんな国でオリジナルを作成しており、今回はドイツ。



ドイツ版ストレンジャー・シングスとか言われているらしいが、確かに導入部はそれっぽい。不穏なシンセに街全体を巻き込む謎。しかしアメリカ的な明るさとかはまったくなくとりあえず…暗い。雨のシーンも多いし原発村やし、森、洞窟、閉鎖的な小さい町、不倫、浮気、自殺と中々の闇。オープニングはマインドハンターみたいな映像。

ストーリーも3話位まで中々動かないので見るのやめようかと思うが、3話からガっとストーリーが動く。そこからは怒涛の構成で難解すぎるストーリーに。この脚本を書いてさらに映像化したというのがすごい。いい意味で頭がイカれていると思う。脱落する視聴者も多いやろこれ…

3世代に渡って時代が錯綜する上、登場人物が多いのでどの時代の誰がどういう役割なのかという把握がかなり大変。見るだけで神経使いまくる。しかしキャスティングが絶妙で、子供時代、青年時代、じじい世代それぞれめちゃくちゃ雰囲気が似ている子役、俳優を起用しているので割と違和感なく見れる。ついでにドイツ系ということもあって登場人物美男美女が多すぎる。やっぱ顔の作りが違うなぁ。

一般受けは絶対しないと思うが、間違いなくおもろい。ただ絶対シーズンが開くとストーリーがわからなくなるパターンなので、ちょうどシーズン2が公開されていてよかった。

ドープ シーズン3 (DOPE Season3)

ドープ シーズン3をみた。

相変わらず売人側と警察側(今回は軍隊も)を描く麻薬ドキュメンタリー。



見ていて思うのだが、コカインといえばコロンビア。大体どの麻薬映画でもドキュメントでもコロンビア出てくる。まじでコロンビアのコカイン世界中を蝕みすぎやろ…すべてのコカインはコロンビアに通づるのか…

今回は売人側取材中に警察突入するなどのシーンが挟まれていたがやらせでないことの証明なのか。このシリーズ冒頭に毎回「THESE ARE NOT ACTORS」(やらせではない)と出るのだが、取材している売人側と警察が接触するところにカメラがいるの初めてちゃうか。

4エピソード各40分で世界の麻薬事情がわかるので隙間時間を埋めるのにはおすすめ。

エルカミーノ (EL CAMINO)

エルカミーノ (EL CAMINO)を見た。

ブレイキング・バッドの後日譚。おかえりジェシー・ピンクマン。しかしアーロン・ポールの演技めちゃくちゃ磨きかかっているなぁ。眼力すごすぎやろ…全体的にセリフとか間とか撮り方、カメラワーク、いちいちかっこよすぎる。



ジェシーが監禁されていたときのことを描きつつ、本編最終話のその後を描くという感じ。さすがに本編復習は間に合わなかったので、前日に最終話の視聴とあらすじだけは確認。

スキニーとバッシャー全然変わってないやん。トッドくんはちょい太ったかな?しかしトッドくんは相変わらずまじで胸糞悪くなるほどサイコパス。気持ち悪すぎる。ファーゴではちょっとどんくさい青年演じてたのに…それだけいい役者ということかな?ジェシー・プレモンス。ジェシー監禁のシーンは今見てもほんま胸が痛くなる。

一応ウォルター、マイク、ジェーンも回想で登場。クリステン・リッターもう37歳なんかい…しかし綺麗。

結局はハッピーエンドでもなんでも無いが、ジェシー・ピンクマンの「解放」という意味では本編を汚すことなく綺麗にまとまったのかなと思う。

これはエルカミーノ本編の後の話かな?ジェシー逃亡後のスキニーの取り調べ。

ウォーキング・デッド シーズン9 (The Walking Dead Season9)

ウォーキング・デッド (The Walking Dead) シーズン9を見た。

毎度忘れていた頃にようやく公開。相変わらずめっちゃ話忘れてる。ニーガン倒したんやった。



相変わらずウォーカーがクソ雑魚過ぎて空気状態。予定通りリックもマギーも退場。リックの退場の仕方はそういう感じか…続きは映画でやるんかいな。これで初期メンバーはダリルとキャロルの二人だけかな?

シーズン後半からはリック退場したあとが描かれる。とりあえずジュディスは成長してクソ可愛い子供に。そんでまた新しい仲間キャラと投入。敵キャラが投入される。なんやこの繰り返しは…結局一緒のパターンすぎる。

囁く者たち、ニーガンのあとになんかちょっときついなぁ。アルファの強さに説得力がまったくない。ただの小デブのババァやん…さくっとジーザス殺されるし、最後はタラ、イーニッドもヘンリーもさようなら。会議の警備員になったハイウェイマンのおっさんもしれっと始末されていて笑った。仲間になるくだり結構好きやったのに…

新キャラのマグナ姉さん、美人で最高。相変わらずこういう系統の顔たまらんね。演じるナディア・ヒルカーは北欧ぽいなと思ってたらドイツ出身とのこと。あとなんか手話姉さんコニーも結構好きな感じ。演技ではなく本当に耳が聞こえないらしい。ロジータは可愛いけど相変わらずクソビッチでいいキャラしとる。ユージーンが泣ける。

最後はやっぱりニーガンか。ジュディスとバディ組んだらおもろそう。

また来年。

I-Land 戦慄の島: リミテッドシリーズ

I-Land 戦慄の島: リミテッドシリーズを見た。

車修理シリーズを見たのでしばらく暇やなと思いつつ島系かぁ。ええやん、と思い見る。



オープニングはあれ、LOSTかな?という位の島感。同じ服を着た男女が漂流した…のか?という感じで始まる。

しかしその後の展開が割とひどい。3話位で物語の核心がわかってしまい、さらにそこからの展開がまったく無い。ラストもひどいし、まぁ時間の無駄である。

酒焼けしたような主人公の声がなんかなぁという感じで7時間無駄にしたという感想しかなかった。