ロードバイクをブルホーン化してみた001

ロードバイクのブルホーン化を実行してみた。

昨年どうしてもAFFINITY CYCLESのLo Proが欲しくて欲しくて堪らなかった。2018年は全然チャリにも乗らずブクブク太って体重が増加していく一方だったので、新しいチャリ買って乗ろう!と気分を盛り上げていたが…結局購入できず。しゃあない、VECCHIOいじろう。というわけでブルホーンにしてみた。



ガチ勢ではないのでやはり見た目重視。ブルホーンてかっこいいやん、というノリでNITTOのブルホーンハンドルを購入。ハンドル交換は初めてだったのでいろいろ調べてみるとハンドルのクランプ径が26mmと25.4mmがあるらしい。0.6mmかい…ノギスを持っていないので正確なクランプ径が測れない…とりあえず買ってみるか。

ということでまず最初の落とし穴に引っかかる。クランプ径間違い…ハンドル購入し直し。いちかばちかで買うのはやはり良くない。NITTOのRB-010を再購入。絶妙な曲がり具合で美しい形。

ブレーキバーはいろいろと調べてTEKTROのRX4.1を購入。ケーブルを外側に這わすタイプでブルホーンに穴あけの必要がないのとキャリパーブレーキに対応している点を確認。クロスバイクをブルホーンにする場合はVブレーキ対応にしないとだめとか色々あるらしい。ケーブルはMTB用のケーブルセットを購入。

パーツが全部来たので早速今日取り付けてみた。

ドロップハンドル時

ブルホーン装着時

で、最後の最後に気づく。左と右のブレーキケーブル間違えてたと…リアブレーキをセットしようと思ったら長さが全然足りない。どうやらフロントのブレーキをリア用でセットしてしまった模様…久々に交換したので全然気づかなかった。

というわけでインナーケーブルを買いに行かなければならなくなり今日の作業は終了。

テープはドロハンにつけていたBROOKS CAMBIUM TAPEをもう一個買おうかと思ったが、なんせ高い。ハンドルよりも高い。剥がしてみると再利用できそうだったので、お湯で両面テープを浮かせて綺麗に剥がし洗剤で手洗いしてみた。うまく再利用できるか試してみる。


広告

 

「ロードバイクをブルホーン化してみた001」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Nothing found for ?p=1602

コメントは停止中です。