バリー・シール/アメリカをはめた男 (American Made)

バリー・シールを見に行った。

最近見たい作品はあるが、全然映画館に行けていない。やっと上野にもTOHOができたので金曜日あたりは会社帰りに見やすくなったが、今週は大阪でまだ先になりそうである。

しかしやっぱりトム・クルーズは異常にかっこいい。もう55歳というのに若すぎちゃうの。三十代でも通じるやろこれは。操縦桿を握るトム、コロンビアで汗だくになるトム、独白するトム、どれも画になりすぎる。今作は、コロンビアはメデジン・カルテルのボスパブロ・エスコバルも出てくるのでナルコス見てるとリンクして面白い。

全体的にコメディ要素も強く、ウルフ・オブ・ウォールストリートのように半生をテンポ良く描く感じ。ところどころ入るCGが適当すぎて気になってしまったが良い作品だった。次はブレードランナー見たい。