沈黙 -サイレンス-(Silence)

沈黙 -サイレンス-(Silence)

さて、2017年映画館は初めてである。今年はトレスポ2、ジョン・ウィック2、猿の惑星にキングコングと小粒が揃い、クリストファー・ノーランのダンケルクも公開予定。そんな中、第一発目の「沈黙」。公開初日西新井のTOHOシネマズまで足を運ぶが、いかんせん地域柄か人そんなに入ってない。やはり足立区はアニメとかヤンキー映画、恋愛モノの方が受けがよさそうである。(超偏見)原作の小説は読んだことないがマーティン・スコセッシといえばタクシードライバーやディパーテッド、シャッターアイランド、ウルフ・オブ・ウォール・ストリートとデカプリオとのタッグが注目される巨匠であるが、今回の舞台は切支丹弾圧下にある日本ということで非常に気になる作品だった。

キャスト

リーアム・ニーソン、窪塚洋介に浅野忠信。リーアム・ニーソンは96時間のブライアン・ミルズが本当好きである。今作では棄教する宣教師役。モキチ役の塚本晋也も迫真の役作りで良かった。窪塚洋介は小物感でていた。浅野忠信の鬼畜っぽい演技が良かった。アンドリュー・ガーフィールドも役に入り込むタイプなのか、いい演技。撮影中、窪塚洋介と喧嘩したというのも頷ける。何気に加瀬亮も出てるし。スパッと首斬られるけど。スパッと。

ストーリー

信仰とは何か、クリスマスでパーティして正月に初詣に行く日本人にとっては中々理解しがたいものである。切支丹弾圧下の日本を描くということで、長崎の村民の皆さん、英語が達者なのだが、当時の人々もあれだけ英語を喋れたのだろうか。非常に気になるところである。アンドリュー・ガーフィールド演じるロドリゴ神父と、アダム・ドライヴァー演じるアダムス神父が、日本で布教活動する師匠の棄教を聞きつけ、長崎に密航する。窪塚洋介演じるキチジローの助けを借りながら日本で神父として活動していくのだが、様々な困難が舞い降り、エグい仕打ちを受けながら棄教を迫られるというのが大枠のプロット。神は沈黙するばかり。

感想

やはり宗教・信仰の概念が薄れつつある日本では中々難しい作品ではないだろうかと思う。拷問のシーンは割りとエグいが、当時の人々の生活ってこんなんだったのかと思うと教科書を見るよりも勉強になりそうである。

「沈黙 -サイレンス-(Silence)」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。