DIY Leather 002

とりあえず作ってみるかということで、買ってきた革の裏面をトコロールと無印のセールで買ったソーダガラスのコップで磨く。

磨いて磨いて、布でふいて。毛羽立っていた裏面がつるつるしっとりするのが心地よい。

型紙も糞も持っていないので、自前の定期入れで大体の位置を書いてカッターでざく切り。切り出しははっきりいって目分量で適当にという感じ…で、接着剤で貼り付けて、菱目でがんがん部屋に音を響かせながら穴を明け、縫う。

まぁいきあたりばったりの適当作業でもなんとか形になる。ヤスリがなかったのでコバの処理は次週へ持ち越し。一応とコロールを塗って整える。ヌメ革は日光に当てると飴色に変化しやすくなるらしいので、少し試してみようか。

DIY Leather 001

image

なんか好きなもん作ってまったり暮らしたい、とか思ってふと「何か作ろう」と思い立つ。というわけで汚くなっていた定期入れを刷新するため、レザークラフトをやることにきめた。

幸い職場は小汚い街秋葉原から、革の取り扱い店が立ち並ぶ浅草橋の間にある。

毎週末やっている喫茶店でのMac Book Proをいじる、という糞行為の際に革について色々と調べること約3ヶ月。とりあえず道具がないと話にならないので3,000円位の「これさえあれば」といういわゆる初心者セットを東急ハンズで買う。

そしてようやく革を購入。ヌメ革、やっぱりヌメ革でしょう。

BARTON PERREIRA WILMOT

クソメガネなので、眼鏡にはこだわりたい。ということで、金もないのに眼鏡を買う。

リムの前面がマットブラックでリムの裏側とテンプルがべっ甲柄のBARTON PERREIRA WILMOT。以前購入したProdesign:denmark のメンテナンスに言った時にふっと見た棚にあったBARTON PERREIRAに一目惚れ。

かけ心地も良く、程よい丸みとバランス。後はかける人の顔次第。

KRYPTONITE EVOLUTION MINI7

使っていたチャリの鍵のプラスチック部分が割れてキーチェーンに付けられなくなったので、思い切って購入。

今住んでいる足立区は治安が宜しくない。駅前の駐輪場によく止めるが安全も考えてKryptoniteを購入。これまた社畜には結構お高い。

しかしクソ重さと引き換えに堅牢性とデザインの良さは一級品。中々良い。

 

Kalita

うまいコーヒーを飲みたい。というわけで、Kalitaのコーヒーミルとドリッパーとサーバーを買った。

コーヒーミルで豆を挽くとすごくいい香り。ただし、淹れたコーヒーがそんなうまくない。練習が必要である。

GIOS VECCHIO

買ったのは確か2011年頃だったと思う。

ロードバイクは10万以上出さないとまともなモノがない、ということをよく言われているが、なんとなく店に行って気に入ったのと、予算が合ったため購入。そんな良いブランドではないが、街乗りするには十分なので満足している。

東京に転勤してから実家でほったらかしになっていたが、2015年明けに少し高い送料を払って配送した。

とりあえずいっぱい貼ってあったGIOSロゴは全部剥がして、スプロケットやチェーンを大掃除。前輪がパンクしていたので、Youtubeで動画を見ながらチューブとリムテープを交換した。

クロモリとダブルレバーのシフターがクラシックぽくて、良いかな。

MISSION WORKSHOP/The Vandal CobraBuckle BlackCamo

 

数年前、YouTubeで見た動画を見て以来ずっと気になっていたバックパック。

社畜が買うには少しお高い。しかしロードバイクを実家から東京に持ってきたのを機に、チャリで走るためだけに購入を決意。

評判通り素晴らしいプロダクト。ブラックカモのカラーは激渋でコブラバックルも高級感が溢れている。収納力も最高で、最高60Lまで拡張可能。ホームセンターで木材カットしても余裕でもって帰れる収納力。

あと10年位は使えそうである。素晴らしいプロダクトなので、メッセンジャーバッグも買いたい。