DIY Leather 015

久々に革を縫ってパスケースを作った。カード系をホースレザーで作ったパスケースに入れていたが分厚過ぎたので、パスモとEX ICカードと毎朝よっているファミマで使うTカードの三枚だけを入れるためのパスケース。

とりあえずいつも通り適当に切って貼って穴開けて縫う。結構パンパンなのだがそのうち革が伸びて入るはず。

後はコバ磨きして綺麗にすれば完成。

DIY Leather 013

この前自作したヌメ革のペダルストラップ、あっけなく千切れる。やはり厚さが足りなかったか、足をかけてガッとした瞬間ブチンと千切れた。

というわけで、3mmのオイルレザーを採用。色は迷ったが、灰色。クソ分厚いのでかなり頑丈にできそうである。ただし厚すぎて美錠の部分がうまく処理できるか心配であるが…張り込みが終わったので明日以降穴開けて縫っていく。

DIY Leather 012 (革トートバッグ)

なんとか革トートバック完成した。

本体部分は結構綺麗にできたのだが、持ち手の部分が…非常に残念なことになった。貼りあわせもうまくいかず、縫うのガタガタに…汚い…

しかも革の色も店で見た時は良かったけど改めてみるとなんかオバハン臭い。次は黒の革で作ってみよう。何度か使ってみたが、この鞄は母親に送りつけることにした。

DIY Leather 011 (革トートバッグ)

通勤用の鞄がボロボロになった。

そういえば就活の頃に洋服の◯山で買ったやつなので、十年以上使っていたことになる。そう考えると最高のコストパフォーマンスを発揮してくれたと思う。

そんなお役御免した鞄はよく頑張ってくれたというわけで、今までの製作を活かし、次は鞄を作ることにした。そしてまたまた浅草橋にある行きつけの革問屋へ。帰ってから切り出し。

やはり大物は切り出しも大変である。なんとかうまく綺麗に切れないものかどうしても重ねるとずれたりするので難しい。カッターよりも革包丁の方が良いのだろうか…

DIY Leather 008 (革ペダルストラップ)

革で自転車用のサドルストラップを作成してみた。

ペダルも変えたけど、やはりチャリとの一体感が欲しい。なんか方法はないかと思っていると、ちょうどYouTubeでめちゃくちゃ良い動画を見つける。

とりあえず見よう見まねでデザインを起こして革を切り出す。調べてみると、美錠とカシメがあればなんとかなりそうと思い、いつも通り浅草橋の革問屋へ。

とりあえずうまくいくかわからなかったので、美錠は一つ。残念ながらカシメは長足を買ったのだが、厚さが合わなかったので短いモノを買い直さないと行けない。試行錯誤である。

image

とりあえず試作品なので超適当に切り出したが、縫い付ける。うまく行ったら両足分作成してみることにする。

DIY Leather 007 (ホースレザーパスケース)

またホースレザーを仕入れてきてパスケースを作成してみた。

いつも通りホームレスのたまり場である秋葉原東口を超え浅草橋の革問屋へ。前回MacBook Proのケースと同じ革を買う。最初に作ったヌメ側のパスケースが変な色になってきたので、作り直してみた。

上が今回作ったホースレザーのパスケースで下が最初に作ったヌメ革のパスケース。なんか色が…おかしい…

このホースレザーは分厚いので結構加工に手間取る。しかし良い色である。厚いのでかなり頑丈そう。

若干寸法がおかしかったのか、分厚いのか、はたまた両方のせいか、たたみきれていない。革が馴染むのを待てばなんとかなりそう。やはり寸法は大事である。

DIY Leather 006 (馬革扇子ケース)

連休初日。

K氏と電話中H氏から電話がかかってきたので、三者間通話をする。こいつらどんだけ喋るねん…と思いつつ二人の会話を聞きながら扇子入れ作成。

展示会で名刺交換したらもらえた扇子を使っていたのだが、裸のまま通勤鞄に入れておくとボロボロになりかけたので、慌ててケースを作成。

MacBook Proケースで使ったホースレザーの余りを使う。

非常に適当に作ったため、汚い。センスはない。やはりちゃんと作るという意識が、大事である。