DIY Rat 003

Rat一つを商売道具に…できず。

音が鳴らない。why?!と最近海外ドラマばかり見ているので、英語を喋りたくなる。自作して一番腹が立つのが、音がならない時である。この世でこれ以上ムカつくことがあるのかと言いたくなるくらい腹が立つ。

まず、一番初めは、LEDすら点灯せず。これはトゥルーバイパスの配線を間違えたかと思ったのだが、案の定配線間違いだった。これは解決した。しかし音が鳴らない。

基盤も配線も見直したが間違えてないっぽい。原因がわからない。原因がわからないのが一番腹立つ。このままどうしようかと思ったが、部品が壊れているのでは…?という仮設を立てる。

今回オペアンプにLM308という部品を使っているが、静電気やらハンダの熱やら壊れる要素はたくさんあった。どうやらICはソケットを使うのが良いらしいが、そもそも部品は熱にも強いし、別ソケット使わんでもええやろ派もいたりしてよくわからんままとりあえず、直付けしたのであるが、こいつが壊れてるんちゃうんか、と。

そんなわけで色々と方法を探していると、基盤とアウトプットの線あてて、音が出るか試すという荒業が紹介されていたので実行。

http://blog.livedoor.jp/mse_drive/archives/51952420.html

案の定LM308の部分で音が出なくなっている…

買い直して接続を試してみるか。今回一番効果な部品をもう一度買いに行かなければならない。

DIY Rat 002

止まっていたRatの自作機作成を進める。一つだけコンデンサを買い忘れていたので、まずはいつも通り秋葉原は千石電商へ。ついでにハンダごてを買い替えてみた。今まで使っていたのはgootのハンダごてだが、親父の工具箱にあったものなので、かれこれ20年以上前のものである。今回はセラミックヒーター型にしてみた。小手先も細めで基盤にハンダ付けするのは使いやすそう。

で、早速夜作業を行おうとするとK氏から電話が。適当に話しながらひたすら部品を基盤につけていく。今回はファズファクよりも部品点数が多かった。しかしこれでも初心者レベルの部品点数らしい。肩が凝る。

裏はこんな感じ。やっぱり綺麗ではない…職人になるにはまだまだ道のりは長い。なんとか基盤ができたので、次は配線を行っていく。一発で音が出て欲しい。不安である。

FXpansion BFD3

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-1-43-35

あ、BFD3がAutumn SALEで安くなってる。というわけで、買ってみた。BFD3といえば高品位な生ドラム音源。Logicのドラムも別に素人が使う分には全然いいけどやっぱ高品位なものが欲しくなるわけで。

BFD3はmacOS Sierra(10.12)でインストールできない?

BFD3はダウンロード版とUSB版がある。最初USB版を買えばUSBからソフトも音源も起動できると思っていたが、結局内蔵ディスクか外付けディスクにインストールしなければならないらしいので、値段の安いダウンロード版を購入。

で、寝ている間にダウンロード走らせればいいかと思いつつ、インストールしようとすると、アラートが出てインストール画面の表示がおかしい。あれ、と思いつつ「Sierra対応していないとかないよなぁ…」とサポート開くとSierraでのインストール可否に「☓」が…はぁああああ?

無理やりインストールしてみる

色々調べても結局インストールの方法は無さそうで最新OSに対応するのを待つか〜と思ったのだが、念のため最後に見たFXpansionのフォーラムで記事を発見。

Make a folder on your desktop called fxdownloads
Copy the installer zips/dmgs/installer folders into the fxdownloads folder

Run Terminal (inside Applications/Utilities) and type the following (be careful to type this exactly and hit return after each line):

cd Desktop
xattr -r -d com.apple.quarantine fxdownloads

You should then be able to double-click the zips/dmgs within the fxdownloads folder as normal to expand and run the installers.

ふむふむ。デスクトップにfxdownloadsという名前でフォルダを作成して、インストーラーをそこにコピー、ターミナルで最後の二行のコマンドを一行づつ打ち込んでからインストーラー起動せいよ、ということらしい。ありがとう。

それでなんとか無事インストール。音ええわぁ。

日本語記事探してもなかったので書いてみた。責任はとれませんが。

<

DIY Rat 001

imgp6914

Rat一つを商売道具にしたい。

ということでProCo Ratを作ろう。やはりRatも素晴らしい先人達が作っているのでそれを見れば問題なし。Tonepadから図面をゲットしてパーツリストを眺めつつまたまた秋葉原の千石電商で部品をかき集めてきた。

穴あけ

imgp6912

とりあえず穴を開けてみる。ファズファクトリーのときは数が多かったが今回はディストーションとフィルターとボリュームである。穴あけも慣れてさくっと御開帳。

基盤パーツ配置

imgp6911

コンデンサに欠品があったので適当に単位が合うのを選んで…配置。実際に繋いで音は鳴るのか。次ははんだ付けである。


DIY FUZZ FACTORYを作る(003)

前回作成したファズファクであるが、部品も余っているのでもう一個作ってみることにした。前回のケースよりも小さいのを買ってきて基盤も小さく収めることにした。

上が新作で、下が前回作ったもの。本家のサイズに収めるのは大変だが、今回は前回よりも小さなケースになんとか収納。

フィルムコンデンサを変えてみた。なんか高そうなやつ。

配線はビンテージ風クロスワイヤー。黄色しかなかったので、色分けできず。とりあえず頑張って配線を行う。

LEDには青色を採用。つまみが意外と高く、一つ100円である。しかしこのつまみが良い。お気に入りである。