ROTRING800 0.5mm

ROTRING(ロットリング)800のブラックを買ってしまった。

ある日用事で東急ハンズにいた時見かけたロットリングの800を買ってしまった。ソフトバンクの長期継続特典で3000円分のTポイントをもらった。やらしいことにこのポイント使用期限が決まっている。のでYahoo!ショッピングで購入。

たかがシャーペン、されどシャーペンだが、めっちゃかっこいい…ボールペンはラミーのピコを持っているが、どちらかというとかわいいデザインだった。こっちのロットリングはメカメカしい、いかついデザイン。

ペン先収納可能なフルメタルボディ。ペン先は真鍮らしい。ボディは重厚感あふれるブラックの塗装。職人魂あふれる一品である。最近文字かかへんけど。

 

SONY WF-1000X

iPhone X届いてから2日。最近物欲センサーがぶっ壊れているので、躊躇なくWF−1000Xを買ってしまった。

遡ること三日前。iPhone Xが届く前からわかっていたことだが…音楽聞く時イヤホンのアダプターがダサい。

そして何よりすぐに皮膜が破れて駄目になりそうなちゃっちい作り…これはいかんということで、どうしようか色々調べてみるとやはりBlueToothが良いのでは?という結論に至った。

調べてみると、今BlueToothのイヤホン市場は盛り上がっているようで、特に完全分離ワイヤレスイヤホンが熱いらしい。過去に無線のヘッドセットを買ったことがあるがうんこみたいな音質と音切れで、ゴミと化したのでまったくいいイメージがなかったが、最近のは結構良いらしい。中でも先月に発売されたばかりのSONYのワイヤレスイヤホンがめちゃくちゃかっこよかった。

覚えている限りでは、2つ前はSONYのイヤホン(型番忘れた)、でその次はSHUREのSE215SE。またSONYに戻るのもいいかな、ということで大阪出張のついでにヨドバシ梅田でWF-1000Xを視聴し音質OKということで購入。

人がごみごみして電波が飛び交っている梅田から阪急に乗って自宅まで帰ったが通信断も全然許容範囲内。

まさにエンジニアリングの結晶という感じでGadgetとしては最高である。

最先端技術の結晶という感じで価格以外の点は満足満足。

 

iPhone X

ここ最近ずっと雨でチャリに乗れなかった、ようやく先日晴れたので、ちゃんとしたチャリ屋にメンテナンスしてもらい江戸川を気分良く走っていた。

大体行きは追い風で帰りは向かい風なのだが、先週は風が強くひぃひぃ言いながらペダルを漕いでいた。チャリ専用ウェアを持っていないので、抵抗がきつい。ピチピチのウェアを買おうか本気で悩む。

で、休憩しながら携帯をいじっているとソフトバンクからiPhone Xの入荷連絡が来ていた。

3GSを触った時のような感じ。大きさの割に結構ずっしり重い本体。たまらん。

パワーサポートのエアジャケットを装着。滲みでないし質感もいい感じ。確か4Sの頃からエアジャケット一筋である。しかしアマゾンのレビューはぼろくそに叩かれてた…良いと思うのだが…

 

iMac 27inch Mid 2011 にSSDを搭載

ご開帳。

iMac 27inch Mid 2011。そろそろHDDがヘタってきたかどうか知らんが、動きが重い。というわけで起動ディスクをSSDにしてみようという試み。

http://necobit.com/2013/01/imacmid201127ssd.html

先人達の記事を見て実行。ケーブルはSlimline 13 pin SATA Female to 22 Pin SATA Female Cableが必要なようだが、これで検索をかけると秋葉原の千石電商2号店にあるとの記事が。

行ってみるとあっさり発見…したが店頭の商品説明になんも書いていない。店員のねーちゃんに確認しても「よくわかりません…」とのこと。よくわからんもん売るなよ、と思いつつピン数が合っていて見た目も同じだったので購入。

SSDはSanDiskの240GBを買った。ドスパラに行くと500円引きのクーポンを配っていて7,000円位。まぁ評価も良さそうなのこれで決定。先人達の教えの通りセロテープで筐体に貼り付ける。SSDてほんまちゃっちいのね…4年分の埃を掃除機とエアダスターと自分の肺で吸い込む。このバラシの前にこたつの分解と掃除を行ったため、埃吸いまくりである。

 

バラシも組み上げも割りと問題なくいけたが、最後の最後で起動テストした時にメモリがしっかり刺さっておらずビープ音がなりまくって焦る。が無事完了。

やはりSSDはレスポンスが速い。あと三年位は余裕で使えそうである。

GoPro HERO4 Session

GoPro HERO4 Sessionを購入。なぜなら12月に発売後二度目の大幅値下げがあったため。スペックはblackに比べると劣るが、まぁ必要十分といった感じ。

とりあえずアマゾンでチャリのハンドルバーに取り付けられるマウントがあったので購入し取り付けてみた。キューブ型で結構みっちり中が詰まっている感じ。ボタン押すだけでさっと撮れる。せめて1080pで120fps撮れれば面白かったなぁと思う。

ABITAX Outdoor Ashrey

近所のタバコやで貰ったしょぼい携帯灰皿を使っていたが、あんまり収納できないし、何か良いものはないかとAmazonを巡る。

これまた良いデザインの携帯灰皿を発見。うーん、結構高いな。できることに対してのコストパフォーマンスが高すぎる品であるが、非常に秀逸なデザインである。

 

LED LENSER P7.2

人生に役に立つか立たないかわからないが、何故か欲しくなるものがある。そう、懐中電灯である。懐中電灯の定番と言えば、自分の中ではマグライトであったが、LEDになってからはジェントスとかのほうが有名になったのであろうか。しかしいまいちデザインがなぁ、と思いつついつもどおりAmazonを見ていると、良いデザインが目に飛び込んでくる。

相変わらず社畜にはお高いP7.2である。とりあえず欲しい物リストに突っ込んだ後しばらく放置していたが、何かの拍子にポチってしまった。

早速アンボックス高級感あふれる箱からマットブラックのボディが現れる。うーん、かっこいい。さすがドイツの企業、生産は中国らしいがデザインは最高に良い。

明るさも素晴らしい。最近の懐中電灯はこんな綺麗なのかと関心する。東京に住んでいる以上、地震はいつ来てもおかしくないため、備えとして買っておいて損はないであろう。

当然フジロックに持って行って足元を照らしてみることにする。

OPINEL #6

OPINELを買った。アウトドアの小物というのは何故か所有欲を満たす。OPINELというナイフはフランス製で、アウトドアナイフとして主に料理用に定番ということ。そしてカーボンナイフは黒錆化をするのが定番のスタマイズ…らしい。

ということで早速やってみた。

方法は当然Google先生で調べる、と腐るほど記事があるのでやはり定番モノのカスタマイズは楽である。まずは分解。

そして刃を耐水ペーパーで磨く。1200番でシャカシャカと磨く。砥石は持っていないので、まぁとりあえず切れ味はそのままでええか。紅茶と酢を8:2で割って一時間程煮こむ。なんかぶくぶくと気泡が出ている。

そして組み立てて、えごま油で一日漬け込み。柄の部分が膨張しないようにするためらしい。オリーブオイルではダメらしく、くるみ油が良いらしい。当然くるみ油なんぞ持っていないので、西友に売っていたえごま油で代用。これが1,100円と以外と高い…ナイフ自体が1,400円なのに、油が1,100円とは…漬け込んだジップロックから取り出して乾燥させる。完成。

IRON AUDIO IA-TTS-012 & LP TRICKFINGER

私の友人である豚、ことK氏は音楽好きである。

踊る豚、ことK氏はそれはそれはライブに行ったりレコードを買いあさったりと中々の物欲の塊であるが、彼の影響を受け、昨今トレンドであるレコードでの音楽鑑賞を行ってみようということでIRON AUDIOのレコードプレイヤーを買った。

そもそも私が日々記録している物欲リストの中で、レコードプレイヤーは中位だったのでが、昨晩ふとAmazonを見てみるとタイムセールで1万円位のが8千円位になっているではないか。

残り15分という数字を見た時、反射的にマウスをクリックして購入手続きを済ませていた。朝6時過ぎに起きてベッキオで荒川を走り、ベンチでボーっとおにぎりを食べて帰宅しシャワーを浴びる。

聴くレコードがないと話にならん、ということで渋谷へ。ドトールで昼食を取りながら仕事のメールを返して、レコード屋へ行く。

いやぁ初心者には中々敷居が高い、がとりあえず最近ジョン・フルシアンテがリリースしたソロ作品を買って帰宅。

やっぱりiTunesにあるデータをザッピングするのとは違う新鮮な音楽体験。

アナログは温かいとか、正直よくわからんが音が鳴るまでにプレーヤーの電源を入れてレコードを取り出して、セットして、針を落とすっていう手間のかかる行為が贅沢に感じるのであろうなぁ、と思う。

これに自分で挽いたコーヒー飲みながら小説でも読んだら完全に意識高い系のうんこ大学生の出来上がりですな。